大学受験以来、15年ぶりの英語学習という事で
昨年からLLDにお通いいただいている主婦のHさんから
先日(10/8)の英検準1級の合格の連絡が来ました。

Hさんには大変失礼なのですが、昨年の秋に2級を取得された
ばかりで、今回は「記念受験」的な位置づけで、100%無理だと
考えていました(ご本人も同感だと思いますが)。

ところが、ライティング試験において、750点中750点満点という
夢のようなスコアを獲得され、見事合格となられました。

Hさんの本番での強さに感服です。

そもそもLLD外語学院は、アウトプット(自己表現・英会話・ビジネス英会話)
の為のスクールであり、TOEICなどの受験対策、小手先のテクニックを
教授するスクールではありません。それが旅行であれビジネスであれ
自分の力で、英語を使って、自己表現できるようになることが
最大の指導目標です。

Hさんの場合も、英検対策と言うより、「ネイティブが読んで
耐えられる英語をどう作成するか」という視点で、Hさん固有の
課題を解決できるアプローチ(直訳を避けながら英語を書くための
問題や、ネイティブスピーカーの考える「論理的な」文章と
日本語の文章の差異など)で学んでいただきました。

・・・ところで、当校のWEB・上達事例を見て頂ければお分かりいただけますが
「英会話指導を決してあきらめない」のが私の信条です。

今日も全国のどこかのスクールで、多くの教師が、また多くの生徒の方が
「本当にこんなんで話せるようになるの?出来るようになるの?」と
薄々は分かっていながら、日々のルーチンを繰り広げる・・・といったことが
起こっていると思います。

私はそこに真っ向から勝負したいと思っていますので、気づいたら、
今年も4月からほとんど休まずレッスンをしていました。

ですが、頑張れば、神様は見ていてくれる。そんなことを、改めて感じた一日でした。

また、夢を見させてくれたHさんに感謝。
二次試験もありますが、これからは、Hさんに恩返ししないと
いけないですね。

そして・・・今回同じく準2級に合格されたMさん、次回準1級にチャレンジされるMさん、
焦らず落ち着いて、協力してやりましょうね。全身全霊で応援致します。


LLD外語学院 学院長 前川 未知雄
AD