コンパクトな賃貸でもお部屋がスッキリ見える収納 | ふしぎと夢が叶う人のインテリア―北欧と日本、ときどきパリ
さてさて、シリーズでお届けしている男の子をもつNさんちのインテリアプロデュース事例。


具体的にどんな工夫をしたか?

今回は特に、収納にスポットをあててご紹介していきます。


●ビフォア



よく高級感が出るからと、家具をダークブラウンで選ぶ方が多いのですが、どうしても部屋が暗く・狭く見えてしまいます。

白いインテリアの方が部屋が明るく・広くみえます。




え?白は安っぽく見えないかって??

ちゃんと素材選びを間違えなければ、そんなことはありません。

化粧紙シート貼り仕上げの家具は、安価だけれど安っぽく見えがち。

お子さんやペットが液体系のものをこぼす・かけるなどして、汚しているうちに、長く使っているとシートもはがれてきやすい。

あと、収納は棚が動かせない固定棚というのもNG。

このビフォアの状態は固定棚だから、うまくいかなった、というのも原因のひとつです。

それにね、収納するモノに合わせて棚が動かせないから、めんどうくさい収納術が必要になってきちゃうんです。

値段のカラクリはここにあります。

部屋の印象は壁にくっついているものが大きく左右する、ということはこの記事でもご紹介しましたよね。

このおうちの場合、カーテンと壁面収納。

ここは、部屋が明るく・広く・スッキリ見えるよう「白」をチョイス。

収納はバラバラと置かず、一点集中して置く。

そして、同じデザインで

床から天井まである収納にする

とスッキリ見えます。

更に!

部屋に圧迫感を感じないよう、腰より上は扉なしに、

腰から下は引き出し式で隠す収納になっています。



壁面収納はスイスのブランド:USMハラー。

素材は、クロームメッキのフレームとスチール製のパネルで上質なモダンに。

フレームを組み替えることで、収納のカタチや棚が動かせる

「変身収納」

になっています。

パネルは写真のようなカラータイプとガラスパネルとあり、カラータイプは14色から選べます。扉も引き出しタイプ、ドアタイプとあって、カスタマイズできるのがいい。

見た目と機能性を兼ね備えているので、オフィスや社長室でもよく使われている人気の収納です。


しかも!

将来、引っ越しをすることになったとき、もし新居でこの収納がそのまま入らなかったら、一部だけを中古で買い取ってもらうこともできるんです。

このように、賃貸でも長く使い続けられる

サスティナブルなデザイン収納

を選ぶといいですよ。