かに座たまの贅沢に蟹などいかがかに座

 

大阪人のワタクシ、

蟹といえば、道頓堀にあるでっかい蟹さんビックリマーク

みんなでワイワイとやる蟹もいいのですが、

ちょっといいものをいただこうということで、

日比谷の蟹工船さんにお邪魔しました。

 

こちら、一年を通して日本で水揚げされた蟹をいただけます。

今の時期は、流氷と共にやってくるプランクトンをたっぷりと食べた、

北海道の流氷あけ毛蟹なるものが非常に美味しいと、

ここの社長の西原さんに教えていただきました。

 

この社長様、前回のブログ【令和。】のお酒をくださったお方。

美味しいお酒をジャンル問わずよくご存知で、いつも勉強させていただいています赤ワイン

 

 

今回はここの毛蟹を、

 

というかんじで、丸々一匹をお刺身や焼き物などにしていただきます。

ちなみに生簀には4kgあるというタラバがデデーンと構えておりましたチョキ

 

今回いただいた日本酒は、まずは和歌山の紀土。

このお酒は以前、旬菜あだちさんの時にも飲ませていただいた、味のしっかりした好きなお酒です日本酒

 

そして、社長の秘蔵酒ないのーはてなマークはてなマーク

なんてわがまま言っちゃって出していただいたのが、

大分の浜嶋酒造さんの鷹来屋というお酒。

なんと、裏を見ると。

 

なんと、自家栽培米100%とのこと!!これは驚きでした。

なんだろう、不思議な味わいのあるお酒で、

もちろん甘みもあるんですが、とてもクリア。

キリッとしてるのにふわっと軽い後味。

うーんDASH! もう、飲んでビックリマークというしかない。

一緒に食べるものによっていろんな顔をみせるお酒という印象。

さすが、秘蔵酒!! 知らないお酒がいっぱいあるんだなあ。

まだまだ勉強中の身。

 

そんな素敵なお酒をいただきながら、

お刺身やらお椀やら、焼き物やらをいただきます。

 

 

 

そして、この甲羅焼きをいただいた後に熱燗を注いで、

 

 

甲羅酒アップアップ

 

言葉はいらない。たまらんですラブラブ

蟹の身は全てほぐして出してくださるので、

黙って蟹と格闘せずに、ちゃんとお話ししながら楽しめるのも魅力かに座

 

私のお財布ではそう頻繁にお伺いはできないですが、

お祝い事や大切な方をご案内するのには

絶対に間違いのないお店です音譜

 

ちなみに数寄屋橋交差点のところに、

系列店の蟹みつもあります。

 

 

さて、長かったGWももうおしまいですね。

結構仕事ばっかりしてましたが、贅沢もできたし大満足ラブラブ

私は明日から長野で2泊3日の記念式典のお仕事に行ってまいります。

美味しいお酒が飲めるといいな音譜 

長野のワイン、美味しいもんねワイン

 

 

美千歌