江戸の料理展 | 道の駅藤川宿のブログ

道の駅藤川宿のブログ

道の駅藤川宿発信。
駅長と愉快な仲間たちの「オカザキ」の“あれこれ”をしたためます。


テーマ:
駅長の忍です

どうも、久しぶりの投稿です

ちょっと前(11月7日)に、家康公四百年祭記念「江戸・華々しい食の楽園」を開催しました。

・・・・・!?
どういうものかというと、
“食”をテーマに江戸時代の食文化を知り、食の大切さを次世代に向けて伝承しよう!
というもの。

・・・・・??
なんだかお堅い!?表現ですが、
カンタンに言いますと当時の食べ物を再現して見てもらおう!食べてもらおう!みたいなものです

当然、当時の歴史背景や食文化など無知の私たち。
そこでそれらの知識に精通する愛知学泉短期大学食物栄養学科の先生や学生さんに
いろいろご協力いただきました。

それでは蘇りし当時の料理を見てみましょう


 

 

 



こんなふうに主食から副菜、お菓子までたくさんありますね
昔の人はこうのようなものを食べて生活していたんですね。
見ていると当時のライフスタイルが目に浮かびますね。
それに珍しいものを見れたことに心も踊りました


おっと、これは試食の振る舞い



愛知学泉短期大学の皆さん、ご協力ありがとうございました!


駅長の忍でした

道の駅藤川宿さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス