感謝をこめて。

テーマ:

以前にもお伝えしましたが、この度家庭の事情で退職帰国させて頂くことになりました。

 

本日出国いたします。

 

再びケニアに来て10カ月。

土のうでの道直しが、若者の輝く未来につながっている。

それを実感することができました。

 

 

カクマ(カロベエイ)の難民、周辺コミュニティの対象グループも道直し研修を終えました。

現在、難民グループ代表2名、コミュニティグループ代表2名が6週間の合宿研修を受講中。

難民代表が難民居住区から出るのは大変なことです。

彼らのために急きょレターを作成し、どうにか居住区から出して頂けました。

 

合宿研修を無事に終えるとケニア政府登録会社として会社登録ができます。

そう遠くない将来、難民の若者が社長になりビジネスで活躍する日がくるかも知れません。

 

この素晴らしい活動がより世界に広がり、貧困を救い、世界平和に続きますように。

 

感謝をこめて。

 

ケニアで日々お世話になった皆様、遠く日本から応援して下さった皆様、

私のつたないブログを読んで下さった皆様、いつも元気をくれた現地の方々。

 

本当にありがとうございました。