TICAD展示会

テーマ:
5月31日~6月3日まで横浜で開催されていたアフリカ開発会議TICADのサイドイベント会場で道普請人もブースを出させてもらいました。
想像以上に大勢の来場者があり、日本の方々はもちろんの事、普段あまり会う機会がないアフリカ各国の方(チャド、中央アフリカ、ベナン・・・)ともお話しでき、ブースを担当していた木村理事長、酒井も慌ただしくも大変有意義な時間を過ごさせて頂ました。
今回は、学生ボランティアの大東君が展示会用に作成してくれたミニチュア版の土のう袋、土のう袋を締固めるためのハンドランマーも用意し、来場者に実際に土のう袋を叩いてもらい、どれほど土のう袋が固くなるか、という事も体験してもらいました。嬉しく思ったのは他のNPO,NGO団体が道普請人の活動に興味を持ってくれ、道なおしの必要性について理解してくれていた事です。これからは他の団体との横の繋がりや、連携して一つの事業を行うという展開も多くなりそうな予感がしています。

たくさんの展示ブースがあった中、わざわざ道普請人のブースに足を止めて頂いた方、そして時間を裂いて活動についての説明をきいてくださった方に、
職員一同心より御礼申し上げます。


$道普請人ガーナのブログ
道普請人ブース


$道普請人ガーナのブログ
アフリカ各国の方々も興味深々

$道普請人ガーナのブログ
今回はプロジェクターを使用し、現地の村人からのビデオレターや動く現場も見て頂ました。


$道普請人ガーナのブログ
常に来場者でいっぱいの展示会場