今回取り上げるのは、第18話「興奮」
なにやら物騒な連中がいることに気づき尾行したタカ(鷹山)だったが、その正体がザイバルゲーム(以下ザバゲー)に興ずる若者だったことが判明
どうでもいいけど、ザバゲーって31年前から立派にあったんだね!驚
そのリーダー格の男(野沢)に「とっちゃん坊や」とたしなめてその場を去るタカだったが、それが野沢の闘志に火をつけてしまうキッカケとなる
見よ!これが怒りに燃え上がるとっちゃん坊や野沢の顔だ!
そんなとっちゃん坊やにも彼女はいて、しかも美人!
誰かと思えば、デビューしたての余貴美子!
あまり今と変わっていない!
この人も昔から美しいな
刑事に「とっちゃん坊や」と馬鹿にされたと愚痴る野沢に対して彼女は慰めるどころか、「その刑事上手いこと言うね!」と大爆笑してしまう
それに逆上した野沢は、彼女を絞殺してしまう
これにて余貴美子の出番終了!
なんたる端役
以上、駆け出しの頃の余貴美子さんでした
死体発見現場に残されていたのは、ルージュの伝言
「タカヤマさんに聞いて」という謎のダイニングメッセージだった
そこから、犯人野沢の要求はエスカレートしていく
執拗にタカを困らせる野沢
野沢の執念も恐ろしい
野沢の要求通り、現金を持って現れたタカ
次の瞬間、ブロックが鷹山を襲う!
タカ、絶対絶命のピンチ!
なんとか一命を取り留め、ザバゲー仲間に野沢の居場所を吐かせるタカとユージ(大下)
それにしても、いい歳した男3人集まってAV観賞(アダルトビデオの方ね)とは!
頭冷やせって意味で、本当に頭から氷水をかけるタカ 笑
めんどくさい男、野沢をとうとう捕まえて拉致られてる女性の救助に向かうタカとユージ
車の中に仕掛けられた爆弾を解除し、崖から落ちる寸前に女性を救出したタカ
最後にユージに向けてドヤ顔を決めるタカ
いやいや、あんたの余計な一言さえなければ事件は起きなかったんだからな!笑
犯人野沢役は誰かと調べたら、貞永敏という人らしい
非常にいい味出していたのに、そこまで活躍されてなかった
映画監督?に転身したのかな...?

ではまた!