怒りの奥に眠る悲しみ | 心の闇を切り裂くジャックナイフ・理論武装した感情から傷ついたインナーチャイルドを救い出す!心屋認定カウンセラー橋本みゆき☆長野

心の闇を切り裂くジャックナイフ・理論武装した感情から傷ついたインナーチャイルドを救い出す!心屋認定カウンセラー橋本みゆき☆長野

長野県安曇野市 中信地域 心屋認定カウンセラー橋本みゆきです。
鋭い洞察力で問題の本質を見抜くジャックナイフ系
生きにくさの前提を作ったインナーチャイルドを見つけるのが得意。リアルな生き様を通して傷ついたインナーチャイルドを癒します


テーマ:


長野県安曇野市.中信地域
 
心屋認定カウンセラー橋本みゆきです
 
ブログへのご訪問ありがとうござい ます。


 LINE@はじめました♡
いろいろ呟いています。
登録してねおねがい

友だち追加 

ID検索⇨@oab2052t

ーーーーーーーーーーーーーー

上司に呼び出された話。


昨日私は上司に呼び出された。

内容は遡ること先週の水曜日の話。

元々気難しい受診者さんであるとの前情報のあった方との対応での話。

受診者との検査説明でかなりの時間を取られていた私。

相手のいい分と私のいい分がうまく噛み合わなくなっている空気を察していた私。

堂々巡りの会話が続いてしまっていることに気づいた私は時間もかなり消費していた為に上司に間に入ってもらう選択をした。

クレームではなかったものの、堂々巡りの説明に新しい空気を入れることによるスイッチの切り替えを図るため私としては業務をスムーズに遂行させるための策であった。

がしかし、その対応をさせられた事に対して上司は納得がいかなかったようだ。

あの時自分を呼ばずに対応出来たのではないか?

あの時何故自分が呼ばれたのか意味がわからないという上司の言い分であった。

まあ対応は出来たかもしれない感は否めない。←だって私だから。

がしかし長引かせることよりも早期解決が出来ると私はこの時判断をしたのだ。

私はこの時何故上司に対応をお願いしたかの経緯を切々と説明したが通じる気配はなかった。

というか切々と説明することもないだろ?

普通わかるだろ?

上司ならばクレームになりやすいという前情報のある受診者に対して呼ばれることくらい予測しておけ!と思う。←予測など出来ないし、そこまで気を配れない!とドヤ顔で言い切っておったわ!(ダサい自己紹介をありがとう)

クレームになる前に張った私の予防線などもはや彼女にとってはどうでもいいらしい。

もはやバカにどれだけ必要性を説明をしてもわからない。

私の怒りはピークに達した。

説明している声が震えた。

がしかし、私は途中で説明を諦めた。

もうやめよう。

この人に何を言っても通じない。

そして何よりもこの人を上司としてこの病院はこの人を採用しているのだから。

言えば言うほど私の風当たりが強くなるだけだ。

バカバカしい。

そしてこんなバカが。

そしてこんな出来ない奴が。

ここの職場では上司なのだ。

いつしか彼女に対する怒りは別のものに変化していった。

何でこんな人が大切にされているんだろう。

何でこんな人が認められているんだろう。

地位も居場所も安全で。

私は何で認めてもらえないのだろう。

私の方がわかるのに。

私の方が出来るのに。

何で頭下げてるんだろう。

何でドヤ顔されているんだろう。

何で言い返せないんだろう。

私はかつての厳しい親戚宅での小さな私を思い出していた。

私はあの時と何も変わらない。

理不尽な扱いに屈し、この小さなコミュニティに固執している。

私の居場所。

居場所がなくなってしまう恐怖。

私はどうせこのループから出られないんだ。

どうせ私が我慢しとけばいいんだ。

私の中からこんな気持ちが溢れだし悔しくて涙が出る。

私はたぶん小さなあの頃から怒っていた。

小さなあの頃から理不尽な扱いをされることが悔しかった。

理不尽な扱いをされても文句を言えない自分自身が悔しかった。

本当は文句言いたかったし我慢なんてしたくなかった。

言いたいこと言ってドヤ顔したかった。

上司みたいに。かつての親戚宅みたいに。

あの時誰も私の事守ってくれなかったじゃん。

あの時あの小さなコミュニティに私を置いてけぼりにしてたじゃん。

あそこで生きるの本当に辛かったんだよ?

あのコミュニティを出ようとしたら怒られたしお母さん病気だし。

またみゆきひとりぼっちになっちゃうんだもん。

だからみゆきずっと我慢してきたんだよ。

あそこを生き抜くには自分を押し殺して生きるしかなかった。

誰も助けてくれない。

だからあの大っ嫌いなコミュニティに留まるしかなかったんだよ。

大っ嫌いだったけどここが私の唯一のコミュニティイコール居場所だと信じこまされてきたんだよ。

自分の気持ちに蓋をしてその場を取り繕っていきる私の悲しみ。

小さな私が泣いていた。

小さな私が叫んでいた。

もはや上司の言葉などどうでもよかった。

上司は捨ててきた自分。

確かにそうかもしれないけれど今回私が心乱れたのはそこではなかった。

癒されていない私の傷、そしてやり残している宿題を刺激したのだ。

大っ嫌いなコミュニティを自らの主張によって出ることは私にとっては今までの私の生き方と離別すること。

もはや恐怖でしかないのだ。

だからこそ私は泣きながらそこに留まり自ら悔しがるというこのコントから抜けられないのだ。

どうせ私は変われない。

どうせ私が我慢しておけばいい。などという言葉で私を殺しながら。

私の癒されていないインナーチャイルドがまた泣いていた。

また我慢するの?

また言いたいこと言わないの?

勇気を出す、出さないの狭間で揺れ動いてはまた諦めて悔しくて涙する。

本当はもう少し深い気持ちがそこにあるのかもしれない気もするのだけど。

だから私は悔しくて悔しくて仕方ないけれども、今この痛みとともにこの怒りをもう少し見つめてみようと思う。

とにかくいまは何故か気持ちが晴れずに落ち込んでる。

ゆっくり落ち込ませてあげよう。

本当は私はどんな扱いをされた気がしたのだろう。

本当は何て言われた気がしたのだろう。

いま私は自分のあまりの感情の蓋の厚さに慄いていますチーン




カウンセラーになった今でも私はこうして揺れ動く。

揺れ動くからこそ私はカウンセラーなのだとも思っている。

↓ぜひ逢いに来て欲しい。

たくさん揺れを知っている私だからこそ解ける紐があります。

ーーーーーーーーーーーーーー

♡個別カウンセリング


詳細→カウンセリング詳細


お申し込み    


♡心屋塾オープンカウンセリング登板予定

・9月13日木曜日 松本市 GREAM 小会議室


オープンカウンセリングお申し込み→オープンカウンセリングお申し込み専用フォーム

♡ブログde無料相談室

詳細&お申し込み→☆☆☆


LINE@登録しました♡
発信はボチボチやります!登録してねー♡

友だち追加 

ID検索⇨@oab2052t


プロフィール➡︎  
お問い合わせ➡︎☆☆☆またはfelictyrosecray@gmail.com


心屋認定カウンセラー橋本みゆき(miyuki)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス