緑の談話室

緑の談話室

ご訪問ありがとうございます(^-^)
自然観察、山野草のブログです♪♪
植物多様性を守ることに微力でもお役に立てたらと
希少種の観察、保護活動もしております♪

 

緑の談話室にお越しいただきありがとうございますニコニコ

 

 カタクリ「片栗」プラス ギフチョウ「岐阜蝶」

京都市西京区の小塩山山頂付近で

カタクリの花が例年より早くから咲き出しました。642mの山です。

※小塩山のカタクリとギフチョウは

西山自然保護ネットワークで保護されいますほっこり

 

この写真は4月初旬来訪時のカタクリです照れ

カタクリの自生

東日本では多く見ることが出来る様ですが

西日本では局所的で大変なのはイノシシやシカとの戦いです。

 

カタクリは曇っていても

気温が17度以上の暖かい日には開花します。

晴れていても肌寒い日や曇った寒い日、

雨の日には開花しないと言われている健気な花ですほっこり

 

この日も午前中は肌寒く

陽射しは無かったのですが午後になってようやく晴れ間も出ました。

ただ少し晴れるのが遅かったので

三ヶ所ある谷のカタクリは完全に開いてないものが多かったように思います。

全て開花していれば叉雰囲気が違ったと思いますが滝汗

こんな感じで咲いています♪

 

カタクリ「片栗」

ユリ科の多年草 

こちらの見頃の季節は3月-4月

春の儚い命「春の妖精」です。

カタクリの球根から採取したのが片栗粉ですが

今では希少種になり片栗粉はほぼジャガイモから採られています。

花が咲くまで7年から8年だそうです。


名前の由来

古語では「堅香子」この「かたこご」が

「かたこゆり」になり現在の「かたくり」になったと言われています。

早春にまず紫色の斑の入った薄緑色の葉が出ます。

二枚の葉の間から茎を立ち上げ

透明感のあるピンク色のお馴染みの花を咲かせます。

 

稀なシロバナ

 

 

花弁が反り返り

下に飛び出す雄シベと雌シベは虫が止まりやすい仕組みになっています(^_^)/

 

我が家のカタクリは今年葉が一枚出てきてびっくりしました‼

外来種のキバナカタクリの花は買ったその年だけ、今年も花は見ていませんショック

 

もう一つの春の妖精は「春の女神」ギフチョウですウインク

ギフチョウは本州にだけ分布しています。

ここにはギフチョウの生息地として必要な

食草のカンアオイと吸蜜植物のカタクリが揃っています♪

顔を見せて😅

ギフチョウ「岐阜蝶」

アゲハチョウ科

黒と黄色の縞模様がある小型のアゲハチョウ

京都府では絶滅危惧種に登録されている希少種です。

ギフチョウは気温が低い時や風がある時は出てきてくれませんが

この日は午後からの暖かい日差しに誘われてわたしの近くにも二頭飛んできましたニコニコ

後翅に尾状突起がありその基部付近に赤い紋、

外縁に沿ってオレンジ色の紋列とブルーの点列が特徴ですちょうちょ


 

カンアオイはギフチョウの幼虫の食草

ミヤコアオイ「都葵」

ウマノスズクサ科

常緑の多年草 花期は4月 日本固有種 

カタクリに囲まれてますが中央の葉がカンアオイ

花は薄紅紫色、大きさはおよそ2cm

花弁に見えるのはガクです。

キンチャク袋のような形の花がミヤコアオイの特徴です。

葉裏に産み付けられたギフチョウの卵の様子

大切に見守っていきたいカタクリとギフチョウです😌

イノシシやシカの害は

どこともに問題になっていますが対策が遅れているように感じます😓

自然との共生、共存は時間がかかりそうですしょんぼり

 

コメント欄はお休みいたしますm(__)m

見ていただいてありがとうございます(^-^)
 

春の花散策③色々咲いていますほっこり

緑の談話室にお越しいただきありがとうございますニコニコ

保護活動などで忙しくしている間に京都はソメイヨシノも終わり

野山の鮮やかなツツジが目を引く季節になりました。

今回は滋賀県で見たオトメスミレ以外はすべて京都の林道での花散策です。

今年はどの山野草も開花が早いので記載している花期に多少のずれがあります。

なお詳しいは説明は省略してますのでご了承くださいニコ

 

ネコノメソウをもう一種おつきあいくださいてへぺろ

シロバナネコノメソウ「白花猫の目草」

ユキノシタ科

日本の固有種 花期4-5月

扇形の葉は対生し

長さは1cm以下と小さく先端には半円状に鋸歯が数個有ります。

白く見えるのは花弁ではなくガク片。

大きさは3mm-5mmで先端はほとんど尖っていました。

雄しべが8個、暗紅色のヤクと白い花粉が特徴です得意げ

葉先に毛がありますが滋賀県のシロバナネコノメソウよりここは毛がかなり少ないです。

 

春の散策の楽しみの一つはサンインシロカネソウを見ることでした。

自然災害の多い林道です。

去年は現地にたどり着きましたが・・・・

今年は叉全面通行止めで想いは叶いませんでしたショック

 

サンインシロカネソウの去年の記事です⇩

差し替えました。

 

山野草いろいろニコ

スズシロソウ「蘿蔔草」

アブラナ科の多年草

花期5-7月

花弁は4枚、花の大きさは7mm-10mmです。

 

 

ユリワサビ「百合山葵」
これもアブラナ科

花期は3-5月 日本の固有種

京都のレッドデータでは準絶滅危惧種

花の大きさは1cmくらいです。

葉を食べてみましたが全く辛みは感じませんでしたニヤリ

 

※イワウチワの仲間の事を少し

中国地方以東のものをイワウチワ

新潟県から東北にかけて見るやや大型のものをオオイワウチワ

そして北陸、中部、近畿地方の日本海側の

標高500mくらいの山に自生いるものを

イワウチワの変種トクワカソウと区別しているようです♪

 

わたしの中では今年も外せない野草「トクワカソウ」

今年は嬉しいことに初めて通る京都の山間部の林道でも見つかりましたびっくり

トクワカソウ「徳若草」

イワウメ科の常緑の多年草

日本の固有種

花期は4-5月ですが三月の三週目あたりから咲きはじめていました。

ここでもわざわざ険しい斜面を好んで咲いていますアセアセ

イワウチワの仲間は花の形は同じで大きさは3cm

葉の基部がくびれているのがイワウチワ

基部が円形に近いのが

トクワカソウと言われてますが中間的なものもたくさん見かけます。

 

オトメスミレ「乙女菫」

スミレ科

シロバナタチツボスミレの変種

花期は5-6月

白いスミレですが距が紫がかっています。

咲き進んでいるようでしたがなんとか間に合いました。

牧野富太郎博士によって箱根の乙女峠で発見されたスミレです。

 

 

スミレ「菫」

スミレ科

一般的に「スミレ」の愛称で親しまれているスミレです。

艶々した濃い目の緑の葉、葉柄の縁に平たい翼がついていること、

葉身との間がくびれていることなどからスミレとしました。

色の濃淡があるようです。似た者同士のノジスミレもよく見かけます。

 

シハイスミレ「紫背菫」

スミレ科

花期は4-5月

葉には長い柄が有り葉身は2-4cm

花弁は8-11mm距は長さ5-6cmと細く上を向いています。

 

ハグロシハイスミレ「羽黒紫背菫」
スミレ科

花期4月中旬-5月中旬

花期の葉の表面が黒紫色になるシハイスミレです。

学名はまだつけられていないそうです。

 

ヤマルリソウ「山瑠璃草」と

シロバナヤマルリソウ「白花山瑠璃草」
ムラサキ科の多年草

花期は3-5月

ブルーなど混じり気のない

ヤマルリソウのシロバナ品種がみつかりました。👇

 

 

ミヤマカタバミ「深山方喰」
カタバミ科の多年草

花期3-4月

花の大きさは3cm、少し毛があります。

高いところですが

濃いピンクのミヤマカタバミ「深山方喰」も斜面に有りましたうーん

白や花弁の内側が淡いピンクのもの

 

 

ニシキゴロモ「錦衣」

シソ科の多年草

別命キンモンソウ「金紋草」

一本または数本が株立ちになって直立しています。

葉は対生、上唇は小さな2裂、下唇は大きな3裂 

ニシキゴロモも全体的に毛が目立ちます。

葉脈や葉裏が

紫色に染まっていますが和名はこの葉の美しさからついたそうですニコニコ

シロバナニシキゴロモ「白花錦衣」

シソ科の多年草

小さな株ですが

ニシキゴロモの白花の品種です。

 

 

 

ソメイヨシノの木にモズ「百舌鳥」が止まりました。

メスも近くにいたようなニヤリ

 

木の花いろいろ

ツルシキミ「蔓樒」
ミカン科

雌雄異株の常緑低木

花期は4-5月

葉に香りがあるそうですが今度ちぎって確かめます。

葉や冬の赤い実は有毒ですが億両とも言われているそうです。

花の大きさは1cmで花弁は4枚、実が出来るのはこの雌株だけです。

雌花

幹の下部が匍匐し、

上部は立ち上がって50㎝くらいの高さでしょうか?

幹が匍匐しないという以外は葉や花、赤い実などは

類似種のミヤマシキミとほぼ同じだそうで見分けが難しいです😓

こちらは雄株の雄花

 

ナガバノモミジイチゴ「長葉紅葉苺」
バラ科

花期は4-5月

モミジイチゴと区別する必要はないとのことですが

近畿は長葉が多く3裂-5裂する葉と切れ込みの無い葉もあります。

花の大きさは3cm、下向きに咲きます。

花の後に出来る実は大きさが1cm、6-7月になるとオレンジ色に熟し食べられますパー

 

ニワトコ「接骨木」

スイカズラ科の落葉低木

花期は4-5月

咲きはじめは緑の粒々がブロッコリーのように見えます。

 

花の大きさ3-5mmの五弁の小さな花が集まっています。

色は黄、白、赤も混じっています。

秋の赤い実も綺麗ですが何故か余り見かけません😓

 

ヤブサンザシ「藪山査子」

スグリ科の落葉低木

開花4-5月

雌雄異株で高さ1m、花の大きさは1cm弱

黄緑色の花はまだ咲きはじめです。

 

クヌギ「椚 橡 櫟」

ブナ科の落葉高木

花期4-5月 和名はいろいろあります。

雌雄同株で雄花序は長さがおよそ8cm

花が咲いた翌年の秋には1.5-2cmのドングリになります。

 

おまけは

我が家のカナダオダマキ「カナダ苧環

キンポウゲ科の多年草

 

名前に間違いがありましたらご指摘ください🥺

最後まで見ていただいてありがとうございます(^-^)

               

あの日あの時♪ 

ソメイヨシノ「染井吉野」とノウルシ「野漆」

 

緑の談話室にお越しいただきありがとうございますニコニコ

2021年3月末日 

今年はサクラもノウルシも早い開花でした。

黄砂がひどく

花粉症の症状がひどくなると辛いので車を降りて少しだけ様子を見ました。

相変わらず人っ子一人いない堤、空がどんよりと霞んでいます。ショボーンゲホゲホ

ここからは去年の記事をリメイクしてお届けしますウインク

コメント欄はお休みいたしますzzz

 

琵琶湖畔の葦原が新芽を出し始めるころ

高島市の今津町から新旭町にかけての湖岸沿いの湿地で

黄緑色の花を咲かせるノウルシの群生と

ソメイヨシノのコラボレーションを見ることが出来ます。

 

テングチョウ「天狗蝶」

 

ノウルシ「野漆」

トウダイグサ科の多年草

花期4-5月

ノウルシは

環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されている貴重な植物
漆の仲間ではありませんが

葉や茎を傷つけると漆に似た乳液が出てかぶれるところからこの名前があります😓

わたしは木道を歩くだけで顔が痒くなりましたアセアセ

盃状花序はトウダイグサ科特有のもの

花の根元につく葉のようなものを「総苞」と言いますが黄色い総苞が

花弁のように見えます。

 

菜の花とは違った色合いですが

ノウルシもまた春の訪れを感じさせてくれる明るい色です♪

ソメイヨシノの咲く堤の反対側は琵琶湖

いつもながら癒される母なる琵琶湖です😄

 

 

 

ご訪問ありがとうございますニコニコ

拙いブログですが今月も宜しくお願いいたしますほっこり

 

 

緑の談話室にお越しいただきありがとうございますラブ

春の花散策②は

京都北山地区の谷沿いで見たスミレ科のスミレ、

そして今年もネコノメソウ属の記事を書きました。

滋賀で見たニッコウネコノメ以外はすべて京都府内で撮影しましたカメラ

写真が多くて申し訳ありませんが

たくさん歩いて写してきましたのでご覧になってくださいニヤリてへぺろ照れ

 

「日本海立坪菫」はまだ分類上の位置づけが

はっきりしてないので正式な名称学名はつけられていないそうです。

ニホンカイタチツボスミレ「日本海立坪菫」

花期4-5月 早い開花でした。

タチツボスミレの変種で主に日本海側に生育し

山陰型のタチツボスミレと言われています。

花の大きさは1.5cm前後、

タチツボスミレとの違いは

➀茎がやや倒れ気味で地面を這い

②葉の基部が浅い心形で光沢が無く③葉の先端はつまんだように尖らないことが特徴です。

 

タチツボスミレ「立坪菫」

日本に自生するスミレの中でごく普通に見ることが出来るスミレです。

 

マキノスミレ「牧野菫」

花期は4-5月

植物学者牧野博士の名のついたシハイスミレの変種

大きな特徴は葉が垂直気味に立つことです。

葉裏の色は個体差がありますが淡い赤紫色でした。

斜面をよじ登ってひっくり返りそうになりました。まだ咲きはじめたばかりでした^^;

 

シロバナマキノスミレ「白花牧野菫」

マキノスミレの品種

 

モフモフのユニークな珍しい苔

コウヤノマンネングサ「高野の万年草」

コウヤノマンネングサ科 

京都府 準絶滅危惧種


 

ここからはネコノメソウですが

説明は簡単にしておりますのでご了承ください<(_ _)>

 

ユキノシタ科のネコノメソウは属

花も小さく春の山野草の中でも余り馴染みのない草本です。

花弁が無いかガクが花弁のようになっいてたり

苞葉が広がって花のように見えたりと種によってさまざまな形をもっています。

日本には19種あってそのうち11種は日本固有種です。

地域による変種、交雑種など区別が難しいので間違いが有ればお知らせください♪

 

和名は「猫の目」と書きますが

花後に果実が熟し細く割れた様子がネコの目のように見えることが名前の由来ですチョキ
 

➀サンインネコノメ「山陰猫の目」

ホクリクネコノメの一品種、1995年に新種として登録されました。

島根から京都の山の湿り気のある所で見られます。

最長部の花の苞葉はほとんど黄色、下部の花の苞葉は下半部が黄色です。

ガク片は直立、

淡橙色(未成熟期)-暗赤褐色(成熟期)と色替わり、オシベは8個でガク片より飛び出します。

 

②ネコノメソウ「猫の目草」

日本固有種

黄色の明るい花の群生はとても鮮やかです。

薄黄色の葉と黄色い花とのコントラストが華やかです。

花の大きさは径2mm

オシベは4個に限られヤクは黄色で葉は対生、全体に毛はほとんど見られません。

 

 

③ヤマネコノメソウ「山猫の目草」

花の大きさは径4-5mm
雄しべは黄色で普通4-8個

地域によって変異がありこちらの雄しべは8個あります。

黄緑色のガク片は平開き、ヤクは黄色で葉は互生し全体に長い毛が有ります。

果実が出来るのが早いです👇

茶色の種子は雨滴に打たれることによって

飛び出したり流れ出したりして周囲に散らばります。

 

④ヤマシロネコノメ「山城猫の目」

日本固有変種

京都府 絶滅危惧種

京都府の限られた山の渓流沿いに生えています。

1999年に新しく登録されました。

ヤクは黄色で花の大きさは径4.6mm、オシベが飛び出しています。

 

⑤コガネネコノメソウ「黄金猫の目草」
京都府 準絶滅危惧種

葉は対生、四角く囲むように花弁が立っています。

花の大きさは径2-2.5そのcm、その中のオシベは飛び出すことなく8個並んでいます。

 

⑥ニッコウネコノメ「日光猫の目」

日本固有種

イワボタンの変種

日光国立公園の塩原で見付けられたネコノメソウです。

ホウとガク片は黄緑色、雄しべは8個、ガク片よりヤクが赤味を帯びています。

 

⑦ボタンネコノメソウ「牡丹猫の目草」

日本固有種
京都府 要注目種

ホクリクネコノメの変種と言われていますが

ガク片は暗赤褐色ヤクは赤色でガク片の外に飛び出さないのが特徴です。

こんな色合いのものが👇

ボタンネコノメソウなんでしょうかうーん

 

⑧イワボタン「岩牡丹」

別名ミヤマネコノメソウ

イワボタンの仲間はまだ詳しく分類されていないそうですうーん

日本固有種
京都府 準絶滅危惧種

雄しべは8個でヤクは黄色、がく片より長いのが特徴です。

花序が黄色や黄緑色でやや斜めに開き、ボタンネコノメよりやや離れて見えます。

もう少し咲き進んでから様子を見たいところです。

 

⑨タチネコノメソウ「立猫の目草」

葉の切れ込みが深くガク片が緑、平開きするのが特徴です。

開花後に伸びる走出枝がタチネコノメソウでは地中に潜ります。

 

シロバナネコノメソウは後日記事にする予定です=^_^=

 

木の花二種

山の林道でツノハシバミ「角榛」
カバノキ科の落葉低木

花期3-4月 花は葉の展開より前に開きます。

雄花序は3-13cm、長く垂れ下がっています。

雌花序は鱗片の間から暗赤色の柱頭だけが出ています。

 

河原でカワヤナギ「川柳」

ヤナギ科の落葉小高木

花期3月

雌雄異株、葉と一緒に花が咲き花穂の色も薄緑です。

名前は自信がありませんショボーン

 

写真が多くなりました😖

お終いまで お付き合いいただきありがとうございますラブラブ

 

緑の談話室にお越しいただきありがとうございます照れ

今年は花粉症がひどくて特に目が痒くて最悪ですえーん

春の暖かさと強風で

今はヒノキ花粉とハウスダストのダブルパンチ、早く楽になりたいですゲホゲホショボーン

写真は撮りだめているのですが中々編集がはかどらずやっと記事にたどり着きました。

日本海側の京都と福井にまたがる青葉山の麓周辺の林道で見た花ですキラキラ

 

 

キクザキイチゲはスプリングエフェメラルと呼ばれる春植物です。

➀キクザキイチゲ「菊咲一華」

キンポウゲ科の多年草で日本の固有種

花期3-5月

京都府カテゴリー 準絶滅危惧種

花弁に見えるのはすべてガク片で10枚前後

色はピンク、青、紫、白など様々なバリエーションがありますがここはほとんど青色です。

キクザキイチリンソウ「菊咲一輪草」とも呼ばれ

名前は花が菊に似ていることに由来します。

 

②サンインスミレサイシン「山陰菫細辛」

スミレ科の多年草

花期4-5月

日本海側の北陸以西、落葉樹林の下や林の縁で見られます。

スミレサイシンより葉が細長く

先が急に尖ってスミレサイシンより長く伸び基部は深い心形、

縁に鋸歯が有るのが特徴です。

様々な形の葉が

同一株から出ていることも有り区別が難しいスミレですうーん

薄紫色の花は

唇弁に紫条が有り距は短くて太く大きさは2-2.5cmくらいです。

 

③ヤマエンゴサク「山延胡索」

ケシ科

花期4-5月

よく似たジロボウエンゴサクとの見分け方は

一つ一つの花の付け根についている

小さな葉、苞「ホウ」にギザギザが有るのがヤマエンゴサクです。

 

④ヤマルリソウ「山瑠璃草」

ムラサキ科の多年草

日本の固有種 花期4-5月

花の色は初めは薄紅色、

だんだん青紫色になりますが白っぽい花もあります。

全体に毛が多く花の大きさは1cmくらいです。

 

⑤ウグイスカグラ「鶯神楽」

スイカズラ科の落葉低木

花期3-5月

ヤマウグイスカグラの変種、茎や花には毛が有りません。

茎の先には写真のように1つまたは2つの花をつけています。

名前の由来

ウグイスが囀り始めるころに花が咲き、ウグイスが隠れるから

「ウグイスカグレ」が「ウグイスカグラ」になったとか

実を食べるウグイスの様子が神楽を舞うようだからなどの説があります。

 

ところ変わって滋賀県の林道で見かけたチョウ

フッキソウ「富貴草」

ツゲ科の常緑小低木

花期3-5月

雌雄同株、雄花の下に雌花がついています。

ジャノメチョウの一種クロコノマチョウ「黒木間蝶」が止まりました。

越冬するテングチョウ「天狗蝶」

ブロ友さん、ありがとうございますニコニコ

 

京都や滋賀は

ピンク色の多い中でここは青紫色の花を咲かせていますキョロキョロ

ショウジョウバカマ「猩々袴」

シュロソウ科の多年草

花茎はまだ10cm前後ですが

この後急に伸びて30-50cmくらいになります。

地元北山で見た

ピンク色のショウジョウバカマを追加しましたニコ

 

おまけは庭の花です滝汗

フイリヤブレガサ「斑入り破れ傘」


キクザキイチゲ「菊咲一華」の鉢の中から出てきた

アズマイチゲ「東一華」でしたてへぺろ滝汗

今年気が付いたのですが一部の葉に斑が入っていましたOK

庭のツバキ「椿」

 

コメント欄はお休みいたします🙇

最後までお付き合いいただきありがとうございます(^-^)