沖縄で味わいたかったこと~シュノーケリング~ | 親と子を育てるアドバイザーが語るブログ

親と子を育てるアドバイザーが語るブログ

キャリア30年の保育士があなたに寄り添います。


テーマ:
実は...。
子どもの頃に結構深い川にハマりましてね。
お水が苦手、っと言いたいところですが。
ギリ、足のつかない深さで泳ぐのはダメ、と言う水泳力(笑)

でも、
でもね。

透明度の高い美しい南の海で泳ぐのは憧れ😍💓💓
でした。

沖縄の海も、世界に自負できる美しい海があります。

そこに
青の洞窟があるのです。

軽い気持ちで、言っちゃった❗

「青の洞窟に行って見たい」
...しかし、足がつかない水の中は得意ではないのに。

...やってみなきゃわからないし。

でも怖いな。

でも楽しいはずだし。

あーー、緊張する。

って言う心の中の動揺が繰り返す。
大体の説明を受けた。
誓約書にもサイン。

そして、シュノーケリングって、
船酔いするらしいのです。

わたし、そう言えば、フェリーとか乗ると船酔いするな、と思い。迷わず酔い止めのお薬を頂く。(ってか、買った)
(妄想癖のある私は、一瞬にして、青く透き通る沖縄の海に吐瀉物を流してしまって自然を汚す自分の姿を見た)

初シュノーケリング!
だから、初ウエットスーツ!
さらに、初ヒレ!
初ゴーグル(息吸うやつ)!

そして、ボートに乗り込み
青の洞窟へ。

水飛沫を上げてボートは進む。どこまでも美しく青く輝く海と眩しい青空。

朝とはいえ、ジリジリと焼ける日差し。

あーーーーっ、夏だ!

沖縄だ!

海なんだ!

青の洞窟の手前にボートは泊まる。
そして、そこから...
(足のつかない深さの)海へ入る。

私の変な興奮度はマックス。

イントラのお兄さんは浮き輪を持っているからココに捕まっていればいいから、ね。と
教えてくれていた。

口呼吸で、行くのだ。

と?

私は、呼吸を止めていた。

緊張のあまり水面に顔をつけて海の中を眺めてはいるけれど、
息を止めてしまい、
苦しくなっていた...。

一緒にいるはずの夫は?

娘は?

長くなるので、続く(笑)








佐久間みかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス