夏休みだから...「お勉強させたい」ネタ | 親と子を育てるアドバイザーが語るブログ

親と子を育てるアドバイザーが語るブログ

キャリア30年の保育士があなたに寄り添います。


テーマ:
先日、友人とお食事しましてね。
それぞれお子さんが成長しているのを称えあっていたの。
いや、だってほれ。
出会った頃は、小学生やら幼児さんやら、中学、高校生だったからサー。

感慨深く、その場の空気に浸っていたのだけど...。

末っ子にありがちな、
甘え上手なお子さんがお勉強に取り組まないのを嘆いておられてね。

かく言う私も、末っ子だったりするからね。
甘ったれの甲斐性なしなところがあるんですよ。
全てにおいて、ではないよ。
人それぞれ一長一短あるわけだから、
そんな一面だけを捉えてその子の(その人の)人間性の一番占めているところに結びつけなくてもイイと思う、しー。
ましてや、学校の先生は自分が時間内に指導しきれなかった点だけを夏休み中に突然振らないで欲しいよね(笑)

(ヤバい、学校ディスってる?)

なーのーで!

親としてみれば他人から欠点らしいところを注意されて、課題を出されていたとしても。(気持ちは焦るし親としての評価が落ちたように思うかもしれんが、そんなことはないっ!と言いたい🎵)

学校からの視点と違う視点から我が子の取り組む姿を見つめるチャンスだと思って、学校から言われた通りの台詞をまるごとコピーしたような声かけは、一旦保留。

そして、
一番その子に合う取り組み方を見つける作業にしてみませんかね?

ムダ、と言ってはなんですが。

お子さんに響かない言葉かけをしている時間が勿体ないです。

お子さんが何が好きなのか?
とか
お子さんの難なくこなす物事(学校の分野でなくても、も含む)などを
よーく、
よーく、
よーく観察。
あの、言っときますが。
金品で釣るのも一応...無しで。

出来た事を誉めるのではなくて
取り組む姿を誉める、或いは
大好きだ!
と、伝える←←←ココ大事。

ガーン出来た事を誉めてると努力しなくなるらしい。始めから見切り的に動くから設定値をどんどん低く見積もる癖に...ガーンガーンガーン

...

...............。


と言う、ごくたまに良い事言うわ〰️🎵
って言うみか先生のブログでした(爆)

取材された記事が掲載されて居ます❗️↓↓↓





佐久間みかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス