親と子を育てるアドバイザーが語るブログ

親と子を育てるアドバイザーが語るブログ

キャリア30年の保育士があなたに寄り添います。






佐久間みかメニュー

虹母さん相談室虹




まずは、対面セッション90分12,000円




じっくりと傾聴させて頂きます。


あなたには、あなたらしい乗り越える力があります。


あなたの悩みに寄り添って


絡んだ糸を解くお手伝い・・・ラブラブ










テーマ:
こんなに変わるとは、思わなんだーーー。
先日、映画を観た後に家族でランチしたの。

高知県の地元飯みたいのを出すお店でした。

ヨシタミは、地鶏の焼いたのとカツオのたたき定食。
娘は鯛めし。

で、
アタシは...
.........。
............。
アタシはね。

オリーブの葉を練り込んだ素麺にしたのよ。
そこに、素揚げした野菜がいくらか添えてあるんだけど............。

これが、
感動が無さすぎて、がっかり。
そしたらさーーー。

そしたらさーーー。

そしたらさーーー。

(T_T)その後、ずーーーっとアタシご機嫌ななめ!

(笑)

(T_T)ずーーーっと、だよ?
一緒にいた人(夫&娘)は
エライ迷惑...だよね?


参ったよ、ね。
ホントに。

何を隠そうご機嫌ななめなご本人が一番、どーしたらいいのか?
わからないくらいにご機嫌ななめ。

で、
でね?

その後は浅草に戻り
気を取り直してフルーツパーラーで
いちぢくのパフェを食べました。

その時の他の二人...
口を揃えて
「一番に、一番に食べたいものを注文しなよ、じゃないと(機嫌が悪くなるから、これ以上( ̄▽ ̄;))...。
とね。

優しく声かけしてくれました❤️




変わったよな、オレ。
と、思ったのはね。

自分の「一番」を蔑ろにしてみたら、
エッライ自分の気持ちが落ち込んで
目なんか死んじゃった感じだったってこと。

そうなるとね、エネルギーが上がってこないから、一生懸命に気分を変えようと思ってもダメ...((((;゜Д゜)))

半日おかしくなってしまう、なんて
勿体ないよね。

子育てしている母さん達も、
いつもいつも家族のことを一番に考えて、自分のことは蔑ろにしてしまう癖がついてると思うけど...。

24時間のなかで、5分でも10分でもいいから遠慮せずに自分の一番を味わって欲しい。

「本当は、不二家のシュークリームが食べたい」のに
「コンビニのシュークリームで我慢」と言うようなまやかしをすると
おかしくなっちゃうよ!
って言う事です、はい。




テーマ:
前回のお話
シュノーケリングをするって決めて、行動に移したものの...不安感から嫌な感じの興奮度マックスになってしまった私。
ボートのヘリに腰をおろして、静かにドボンと入ればいいのだけど
ライフジャケットもつけているし、
ウェットスーツも浮力があるから、黙っていても沈まずに浮いちゃいますよ、
と言われていたけどさ。
ドボンと、静かに入っても一回は水の中に一度入っちゃってさ。

マックスおかしくなってしまった(笑)

呼吸が出来ていない私は、平成を取り戻すためには浮き輪にしがみついておこう、と判断。

そして、
大きく深呼吸して息を整えて
口から呼吸を落ち着いて試してみる。

少しずつ出来てきた。

何よりも、私を落ち着かせたのは
海🌊
海の力🌊!
どう言うことか?というと。
水面下では色とりどりの魚達が泳いでい、いつもと変わらない美しい日常を魅せてくれていたから。

波の力に任せてゆらゆらと泳ぐ魚の姿に瞬時に癒された、なんも、単純な私(笑)


うわー‼️きれい!

ね、ね、ねー!と同意を求めて顔をあげると夫のヨシタミは、早々に数㍍離れた水面でプカプカしている。

赤ちゃんの時、プライベートビーチのさざ波に、大泣きしていた娘は
のんびりと私に比較的近いところで
やはり、楽しんでいる。


不安とか、恐怖とか。
遅れをとってしまうものだわ。

今になって、そう振り返る。

私があたふたしている間に、他の二人はもう楽しい世界を作り上げていた。
ま、でも、比べる話ではないから。
今日の私には「あたふたすること」は少しは必然だったのかもしれないし。

少しずつ、でも急速に安心を取り戻した私は、大胆に動くことも出来るようになってプカプカやりだしたのです。

次回、やっと青の洞窟へ!



テーマ:
実は...。
子どもの頃に結構深い川にハマりましてね。
お水が苦手、っと言いたいところですが。
ギリ、足のつかない深さで泳ぐのはダメ、と言う水泳力(笑)

でも、
でもね。

透明度の高い美しい南の海で泳ぐのは憧れ😍💓💓
でした。

沖縄の海も、世界に自負できる美しい海があります。

そこに
青の洞窟があるのです。

軽い気持ちで、言っちゃった❗

「青の洞窟に行って見たい」
...しかし、足がつかない水の中は得意ではないのに。

...やってみなきゃわからないし。

でも怖いな。

でも楽しいはずだし。

あーー、緊張する。

って言う心の中の動揺が繰り返す。
大体の説明を受けた。
誓約書にもサイン。

そして、シュノーケリングって、
船酔いするらしいのです。

わたし、そう言えば、フェリーとか乗ると船酔いするな、と思い。迷わず酔い止めのお薬を頂く。(ってか、買った)
(妄想癖のある私は、一瞬にして、青く透き通る沖縄の海に吐瀉物を流してしまって自然を汚す自分の姿を見た)

初シュノーケリング!
だから、初ウエットスーツ!
さらに、初ヒレ!
初ゴーグル(息吸うやつ)!

そして、ボートに乗り込み
青の洞窟へ。

水飛沫を上げてボートは進む。どこまでも美しく青く輝く海と眩しい青空。

朝とはいえ、ジリジリと焼ける日差し。

あーーーーっ、夏だ!

沖縄だ!

海なんだ!

青の洞窟の手前にボートは泊まる。
そして、そこから...
(足のつかない深さの)海へ入る。

私の変な興奮度はマックス。

イントラのお兄さんは浮き輪を持っているからココに捕まっていればいいから、ね。と
教えてくれていた。

口呼吸で、行くのだ。

と?

私は、呼吸を止めていた。

緊張のあまり水面に顔をつけて海の中を眺めてはいるけれど、
息を止めてしまい、
苦しくなっていた...。

一緒にいるはずの夫は?

娘は?

長くなるので、続く(笑)








Ameba人気のブログ

Amebaトピックス