mic-kitchen

簡単ごはんと、愛猫 寅次郎との毎日。
ゆるり。


テーマ:

週末のランチ。

一人だったので家にあった材料でさっぱりごはん。

ねばとろ冷やしそば

{38C4CF24-BF93-45FC-8513-B59E9DFF84BE}

 

なんのことない、ねばねばしたものをただ乗っけただけのそばです。

刻んだオクラとなめこを一緒にさっと湯がいて、山芋すりおろして、納豆混ぜて、そばの上にどーんとのっけて

ワサビたっぷり混ぜためんつゆをどーんとぶっかけただけ。

 

旦那は長芋の短冊切りとか、火が通ったものは平気なのですが、とろろにするとどうも苦手だそうで。

一人ランチなのでそんなこと気にせず食べられる!と、にやにやしながらとろろを堪能しました。

 

 

 

週末は久しぶりに友達と3人でお出かけ。

新卒で入った会社の同期M美とS子。

10時ぐらいに仕事が終わり、それから渋谷の安い居酒屋でのんで、結局終電を逃す日々。

「こんな毎日一緒に飲んでるなら、いっそ一緒に住んで宅飲みしたほうが安くない?」という安直な考えにより

数年間女子3人の同居生活をした友達。

 

M美はママに。そしてS子は大企業でバリバリ課長に。

なんか、ずいぶん変わったね~なんて言いながら、あのころと変わらない、超絶くだらない話で盛り上がった夜でした。

 

S子がよく作ってくれたチャプチェ。これがめちゃめちゃ美味しくて、よく「作って~」なんて言ってたのですが。

ある日韓国料理でチャプチェをオーダーしてびっくり。

これ、チャプチェじゃない…

チャプチェってキムチ味じゃないの…?と私とM美で固まりました。

 

S子のチャプチェは桃屋の「キムチの素」が入ったS子オリジナル。

チャプチェを食べたことがなかったS子、“春雨を使った韓国の炒め物“という情報をもとに、

「きっとこんな料理だろう」という妄想クッキングで絶品チャプチェ(←チャプチェではない)を作ってました。

 

結局、「私たちのチャプチェ」というネーミングでS子のチャプチェは定番メニュー化され、よくリクエストしてました。

「色々混ぜたら出来上がったバーニャカウダソース」とか、「S子のストレス唐揚げ」とか、話が尽きない夜。

次回は宅飲みで、S子のチャプチェを食べよう!と固く誓う夜。

 

昔のように居酒屋でビールをがっつり飲んで、カラオケで歌い踊り、「やばい!終電!!!!」と慌ただしく別れるいつもの流れ。

変わらんなぁ…と、しみじみ思いながら、帰路につき、しっかり電車を乗り過ごし、結局タクシーで帰りました。

 

日曜日に洗濯物を取り込んで畳んでたら、隣で寅が寝てたので。

布団かけときました。

{0C7050E0-C637-44CE-873F-800EB937A79C}

…すごい迷惑そうな顔してた…

{1DCDCB3C-FE01-4D31-8EC5-930A1C22B011}

あくびちゃん
{56DC7528-8B46-45AF-843F-42B820890248}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

micさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。