まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ラディカル・ホスピタル 24巻 (ひらのあゆ)』

 

4832251465 ラディカル・ホスピタル (24) (まんがタイムコミックス)
ひらの あゆ
芳文社 2013-01-07

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 9巻  11巻  12巻  13巻  14巻  15巻  16巻  17巻  18巻  19巻

               20巻  21巻  22巻  23巻

  

 

【あらすじ】

レギュラーメンバーからついにカップル誕生!? お互い気にはなってるのに、 なかなかすんなりとは行かなくて……。 そんなときは世話焼き姐さん、水野ナースの出番です!! 波瀾万丈の第24巻☆

 

 

病院をテーマとした4コママンガです。

この作品は、私が芳文社系4コママンガを読むきっかけとなった作品でして、

1巻の発売からほぼリアルタイムで全巻を集めて参りました。

連載の長さ、安定感、ストーリーの面白さから、まさしく横綱とも言える作品だと思いますし、

4コママンガを苦手な人でも楽しめるであろう、懐の深さを持った作品だと思います。

 

---------

 

ここからは、24巻の感想。

24巻では、23巻までと同様に病院で起こる様々なイベントが描かれつつも、

『大ちゃん』のクリスマスイベント、病院は肉体労働な話、看護師達のお駄菓子事情、

そして、『里見先生』と『花村さん』とのラブロマンスな話などなど、多くの話が収録されています。

 
まんが栄養素-ラディカル・ホスピタル 24巻
 
まんが栄養素-ラディカル・ホスピタル 24巻
 

そんな24巻のメインとなるのは、もちろん『里見先生』と『花村さん』とのラブコメ話ですね。
この話は、61ページから始まったバレンタイン関連イベントから始まった話でありまして、

『里見先生』が『花村さん』に恋心を持っていることが判明し、その『花村さん』も『里見先生』に

恋心を持っていることが判明したことで、一気に2人の関係が前に進んでいくこととなりました。

 

ちなみに、『里見先生』とは、外科の若手医師で、その容姿から外科王子と呼ばれていた時期も

ありました。 おっちょこちょいな上に経験不足から、正直、頼りない感じの先生でありましたが、

ここ最近は医者らしく成長している模様です。 実家は病院で、長男らしい。

 

そして、『花村さん』とは、主人公達が勤めている病院の医事課に務めている女性でして、ツリ目と

ふわふわした髪型と泣きボクロが特徴のキャラクターです。 医事課に務めているということで、

看護師ではなく事務を担当しておりまして、事務関連イベントで登場することが多いです。

(読者人気があるのか、後発キャラなのに、登場回数が多い)
 

そんな2人の接点は、19巻の『花村さん』がヘルペスという病気になって入院したイベントから

だと思われまして、恐らく、そのころから『里見先生』は『花村さん』に惚れていたのではないかと

思われます。
 
まんが栄養素-ラディカル・ホスピタル 24巻
 
まんが栄養素-ラディカル・ホスピタル 24巻
 

そんな2人が急接近するきっかけとなったイベントが、バレンタインですね。

色々と紆余曲折ありつつも、最終的に、『里見先生』は『花村さん』からバレンタインチョコを

貰うことが出来ました。 そして、上記の画像のように、『花村さん』がバレンタインチョコを

あげるときに意味深な行動をしたため、『里見先生』だけでなく恋愛魔女・『水野ナース』も

『花村さん』が『里見先生』に好意を持っていることを確信します。

 
まんが栄養素-ラディカル・ホスピタル 24巻
 

そして、バレンタインチョコのお礼に、『里見先生』は『花村さん』をデートに誘うわけですが、

ナント、上記の画像のように振られてしまいます。 バレンタインでのあの意味深な行動から、

絶対に好意を持っていると確信している恋愛魔女・『水野ナース』は、お節介恋愛魔女となり、

『花村さん』に真相を聞き出そうとします(笑)。

 

これ以上はネタバレというか、実際に読まれた方が面白いと思うので詳しくは書きませんが、

『水野ナース』のおかげで『花村さん』が本音が垣間見れたのは面白かったですし、

何よりも、『水野ナース』のお節介ぶりがなんとも可笑しく大笑いしてしまいましたよ。

 

いや~、面白かったです。

次巻以降の、このカップリングの話が気になります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 面白いです。

連載中に結婚したキャラクターはいましたが、キャラクター同士の恋愛イベントが描かれたのは

初めてのように感じます。 ラブコメスキーとしては、このカップリングはかなりニヤニヤでして、

次巻以降も、大いに期待したいところですね。 次巻も楽しみです。

  

点数的には

100点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『100万ボルトの彼女 1巻 (楯山ヒロコ)』

 

4812480035 100万ボルトの彼女 1 (バンブーコミックス)
楯山ヒロコ
竹書房 2012-10-06

by G-Tools

 

 

【あらすじ】

鳴神響子、中学二年生。超・静電気体質。――あなたもシビれてみる!?「私にさわるなぁ――っ!!!」超・静電気体質の少女が繰り広げるシビれる4コマStory4コマ界の次世代エース楯山ヒロコの新境地・ここに開幕☆

 

 

静電気を身にまとっている主人公の4コママンガです。

 

主人公・『鳴神響子』は、常に静電気をまとっている超特異体質の中学2年生。

彼女が電化製品を触るとその電化製品は壊れてしまい、他人に触れば他人は

感電してしまうという、歩く凶器とかした少女の日常が描かれていく・・・。

 

というような内容の作品でして、静電気により様々なトラブルに巻き込まれていくという

話が面白おかしく描かれていく4コママンガです。

 
まんが栄養素-100万ボルトの彼女 1巻
 

主な物語展開としては、常に静電気をまとっている特殊体質の主人公・『鳴神響子』が

その静電気により様々なトラブルに巻き込まれていくという感じの話が描かれていきます。

そんな特殊体質のため、一部のクラスメイトからは避けられるわけですが、理解ある友人や

先生がいるため、それなりに楽しく学校生活を送っていくこととなります。

 

ちなみに、主人公・『鳴神響子』ですが、設定上美少女でありますが、この特異体質のため

異性からモテるというイベントは無く、また、小学生時代にこの特異体質のために

苛められていたという経験があるため、人見知りで引っ込み思案な部分があります。

まあ、物語が進んでいくごとに、周りの人々の影響で性格も徐々に明るくなっていくので、

そこら辺の人間的な成長もこの作品の見どころかもしれませんね。
 
まんが栄養素-100万ボルトの彼女 1巻
 
まんが栄養素-100万ボルトの彼女 1巻
 
まんが栄養素-100万ボルトの彼女 1巻
 

そんな作品で面白かったのは、やはり『安達ひかり』との関連話かな。

『安達ひかり』とは、学校の成績は悪いけれど、スポーツ万能でクラスの人気者で、

主人公・『鳴神響子』にとっては、数少ない理解者であります。 彼女は特異体質の

主人公に対して、一切の偏見を持っておらず、普通に接してくれる友人キャラでして、

引っ込み思案で人見知りの主人公をいつも引っ張っていってくれるキャラクターです。

 

そんな『安達ひかり』と主人公・『鳴神響子』のやり取りがこの作品のメインでありまして、

主人公が『安達ひかり』と接していくことで、主人公が明るくなっていくのが面白いのです。

特に、主人公が『安達ひかり』を自分の家にお泊りに誘う話などは、主人公の成長が

垣間見れるような感じがしまして、「本当に『安達ひかり』に出会ってよかったな~」と

感じさせてくれる話だったと思います。
 

もし、次巻があるならば、より多く『安達ひかり』とのイベントが読んでみたいですね。
『安達ひかり』自体、掘り下げていけばいくほど、面白くなりそうですし・・・。

次巻も期待したいです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

常に静電気をまとっている特異体質の少女が主人公の作品です。

当たり外れなく無難な作品に仕上がっておりまして、4コマファンならば多くの人が

楽しめる作品に仕上がっていると思います。 最後の最後で、新キャラの男性キャラが

登場してきたので、恐らく、次巻からはラブコメ要素も加わってくるのかも。 まあ個人的には、

主人公には担任の男性教師の方が似合っているような気がしますが・・・(犯罪だけど)。

次巻も期待したいですね。

 

点数的には

85点

です。
  

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『となりのなにげさん 3巻 (橘紫夕)』

 

483225121X となりのなにげさん (3) (まんがタイムコミックス)
橘 紫夕
芳文社 2012-10-06

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻

 

 

【あらすじ】

何かに困っているアナタ!もしかしたらなにげさんが助けてくれるかも!? いつでもどこでも駆けつけてくれる癒やし系スーパーマン! 彼女の名はなにげさん!! 2人目の妹も登場してますますパワーアップの3巻です!!

 

 

ピンチな状況を何気に助けてくれる少女(?)が主人公の4コマコメディー作品です。

 

学園の日常で起こる何気ないトラブルを颯爽と現れて解決してくれる少女・『なにげさん』。

正体は不明で、学年はもちろん名前まで誰にも知られていない謎の少女である。

そんな謎な少女・『なにげさん』が、日々、人々を助けていく・・・。

 

という感じの作品でして、謎の少女・『なにげさん』が何気ないトラブルに困っている人々を

助け続けるというストーリーの4コマコメディー作品です。

 

----------

 

ここからは、3巻の感想。

3巻では、1巻・2巻と同様に『なにげさん』が何気ないトラブルを解決しつつも、

『なにげさん』の妹・『ユウ』が新登場してたりと、ますます賑やかになってきました。

 
まんが栄養素-となりのなにげさん 3巻
 

そんな3巻のメインとなるのは、やはり妹・『ユウ』の登場ですね。

『ユウ』とは、『なにげさん』と『レン』の妹でして、『なにげ一族』の末っ子であるようです。
容姿は『なにげさん』を子供にした感じで、恐らく、小学生1年生くらいの年齢と思われますが、

実は、すでにアメリカの大学を卒業している超天才です。 とはいえ、行動自体は年相応で

ありまして、多くの人々から愛されるキャラとなりました。
 
まんが栄養素-となりのなにげさん 3巻
 
まんが栄養素-となりのなにげさん 3巻
 
まんが栄養素-となりのなにげさん 3巻
 

ということで、『なにげ一族』がまた一人登場してきました。

彼女の登場により、謎の人物・『なにげさん』+『なにげ一族』の謎の部分が徐々に

明らかになってきたのは面白い部分でありまして、特に、『なにげさん』+『なにげ一族』が

妖精とか幽霊などではなく“人間”であったことは個人的に驚きの部分でありました(笑)。

(いや、マジで、妖精とか幽霊とかの人外だと思っていたので・・・・)

 

また、『なにげさん』の両親が存在することも驚きの部分でありまして(笑)、
恐らく、これから長く連載が続いていけば、その両親が登場してくるのは間違いなく、

それはそれでかなり楽しみであります(現在は、海外出張でアメリカにいる模様)。
とりあえず、登場してくるならば、『なにげさん』のイメージを壊さないような感じで

お願いしたいですね。

 
いや~、面白かったです。

次巻も楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白いです(^^ゞ。

妹2人が登場してきたことで、主人公・『なにげさん』の存在感がかなり薄くなってしまったのは

残念ポイントでありますが、作品としては1巻・2巻よりもより面白くなっていると思います。

次巻も大いに期待したいですね。

 

点数的には

100点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『いきものずかん 2巻 (もりちか)』

 

4048869752 いきものずかん 2 (電撃コミックス EX 150-4)
もりちか
アスキー・メディアワークス 2012-09-27

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻

 

 

【あらすじ】

ますますカオス度を増す茶梁高校生物部の部活動! 今度は希少生物の宝庫、オーストラリアにまで進出していきもの愛でまくりの食べまくり!

 

 

生き物に関することを学べる4コママンガです。

 

茶梁高校生物部は、『クマ先生』と『野々村まこ』の2人だけの部。

『クマ先生』の偏食行動のため、多くの生徒から生物部はおぞましい部である思われているが・・・。

 

という感じの生物部の人々の日常を描いている作品でして、様々な生き物を食べてしまうという

偏食家・『クマ先生』と、生き物が大好きな『野々村まこ』という2人が様々な生き物に触れ合うって

いくという学習系のコメディー4コマ漫画です。

 

----------

 

ここからは、2巻の感想。

2巻では、1巻と同様に生物部の愉快な活動(笑)が描かれつつも、オーストラリア編が

描かれたり、海の生物についての薀蓄が描かれたり、秋や冬の食べ物についての薀蓄が

描かれたりと、多くの話が収録されております。

 
まんが栄養素-いきものずかん 2巻

 
まんが栄養素-いきものずかん 2巻
 
まんが栄養素-いきものずかん 2巻
 
まんが栄養素-いきものずかん 2巻
 

そんな2巻で面白かったのは、やはり夏合宿ですね。

このイベントは、夏ということで、夏合宿を海で行うところから始まりまして、

海水浴場付近で取れる水産物に関する様々な薀蓄が描かれていくこととなりました。
具体的には、『ナマコ』の生態の説明やその食べ方、『カメノテ』の食べ方と味について、

『フジツボ』の生態と食べ方、『フナムシ』の生態と味(食べたらダメ)、『ウミホタル』の生態と

その生態を利用した利用方法、『クラゲ』の生態と毒について、などなど。
 
個人的にこの作品の面白いところは、それらの生物の『味』が描かれているところでありまして、

『ナマコ』・『クラゲ』は良いとして、見た目がかなりグロテスクな『カメノテ』とか『フジツボ』などが

食べれることに驚きました(美味らしい)。 また、『フナムシ』の味についても描かれておりまして、

かなり笑わせてもらいました(よくもまあ食べようと思ったものだな~と)。
 

また、それ以外に面白いのが、豆知識でありまして、上記の画像で描かれている『ウミホタル』の

生態や様々な利用方法などは「なるほどな~」と勉強になりましたし、『フナムシ』の生態は

かなり勉強になりました(まあ、何の役にも立ちそうにもありませんが・・・)。
 

いや~、面白かったです。

次巻も楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

生き物のことを笑いながら学べる“真面目な”4コママンガです。

今巻は、オーストラリア編などの長編も収録されているので、かなり読みごたえがありました。

生物系などに興味がある方はかなり楽しめる作品だと思います。 そのような人にお薦め

したいですね。 次巻も大いに期待したいです。

 
点数的には

88点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『めがもの! 1巻 (永井道紀)』

 

4812479932 めがもの! 1 (バンブーコミックス)
永井道紀
竹書房 2012-09-27

by G-Tools

 

 

【あらすじ】

瞳ちゃんは人一倍優しくて、マジメな普通の女の子。ただ、緊張すると目に力が入りすぎて…ちょっぴり誤解されやすいのです。大人気目力少女4コマ、待望のコミックス化!

 

 

4コママンガです。

 

主人公・『吉野ひとみ』は、成績優秀で優しい人柄の女子高生。

しかし、目力が非常に強すぎるため、多くの人々は彼女を色々と誤解してしまう・・・。

 

というような感じの4コママンガでして、目力が強すぎるため色々と誤解をされて

しまうというシチュエーションを楽しむ作品です。

 
まんが栄養素-めがもの! 1巻
 

まず、主人公について。

主人公・『吉野ひとみ』は女子高生で、泳ぐこと以外は何でも出来る完璧超人系の

キャラクターでありますが、残念なことに、目力が強すぎるため、彼女に見詰められると

多くの人々が恐れおののいてしまい、彼女から離れていってしまうという特殊能力(?)を

持った女の子です。 彼女自体、他人から避けられることに慣れているようで、あまり

気にしていないようですし、彼女を理解してくれる友人・クラスメイトもいるので、まあ、

普通に学生生活を送っているようです。

  
まんが栄養素-めがもの! 1巻
 
まんが栄養素-めがもの! 1巻
 

そんな主人公の日常を描くのがこの作品でありまして、強すぎる目力のため

他人に避けられる話を中心に、クラスメイトとの交流が描かれていくこととなります。 

(話が進んでいくにつれて、目力ネタは少なくなり、話が広がっていきます)
 
個人的に面白いと感じた話としては、風邪をひいてしまい、学校を休んだ話ですね。
この話は、そのまんま、主人公が風邪をひいてしまい学校を休んだところから始まった話

でして、寝込んでいる主人公の家に、多くのクラスメイトがお見舞いに訪れるという話です。

目力が強すぎて友人以外のクラスメイトからは避けられていると思っていたのですが、
この話により、主人公が友人以外のクラスメイトからも愛されていることが判明したことで

個人的によりこの作品を楽しく読むことが出来るようになりました(主人公は良い子なので、

不幸な境遇は可哀想なので・・・・)。

  

もし、次巻があるならば、1巻以上に、クラスメイトとのイベントを多く読んでみたいですね。

まあ、4コママンガなので、ページ数的に難しそうですが・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

良くも悪くも“普通”という言葉が似合う4コママンガです。

“人柄は良いのだが、容姿で誤解される”という基本路線から、4コマファンならば、

『笑って!外村さん(水森みなも)』あたりの作品を想像してもらえれば良いと思います。 

まあ、こっちの主人公は『外村さん』とは違い、友人・クラスメイトに恵まれているので、

不幸な話が少なく、恐らく、『外村さん』よりは楽しんで読める人が多いのかな、と。

まあ、4コマファンならば、大きなハズレは無く、楽しめる作品だと思いますよ。

 

点数的には、

80点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『コンビニロボットぽぷりちゃん 3巻 (林雄一)』

 

484014494X コンビニロボットぽぷりちゃん 3 (アライブ)
林雄一
メディアファクトリー 2012-07-23

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻

 

 

【あらすじ】

とあるコンビニで働くロボット・ぽぷりちゃんのまわりは、何かと残念な美少女たちで、いつも大騒ぎ……。今回はコンビニ大好き少女・ゆずりはちゃんや丈の妹・杏、さらに乙女戦隊コンビニ5など新展開がてんこ盛りです。ちょっぴりエッチなハイテンション4コマ第3巻、またのご利用お待ちしております!

 

 

コンビニを舞台に、コンビニ店員型ロボットが活躍する4コママンガです。

 

全国に3000店あるという大手コンビニチェーン・『SUNOO』では、人間のように活躍できる

コンビニ店員型ロボットを導入している。 この作品の主人公・『ぽぷり』はそんな『SUNOO』で

働くコンビニ店員型ロボットである。 そんな彼女のコンビニ店員ライフが描かれていく・・・。

 

という感じの作品でして、人間にしか見えないほど精巧に作られているコンビニ店員型ロボット・『ぽぷり』と

彼女が働くコンビニで働いている変態達(全員女性)とのやり取りを面白おかしく描いている作品です。

 

----------

 

ここからは、3巻の感想。

3巻では、2巻までと同様にコンビニ店員型ロボット・『ぽぷり』の日常が描かれつつも、

『ぽぷり』がメンテナンスのため小さくなったり、コスプレをして仕事をすることとなったり、
正月に皆で神社へお参りに行ったり、『ぽぷり』が夢で数年後にタイムスリップをしたりと

多くのイベントが収録されております。
 
まんが栄養素-コンビニロボットぽぷりちゃん 3巻
 
まんが栄養素-コンビニロボットぽぷりちゃん 3巻

 
まんが栄養素-コンビニロボットぽぷりちゃん 3巻
 
まんが栄養素-コンビニロボットぽぷりちゃん 3巻
 

そんな3巻で面白かったのは、『ぽぷり』が小さくなったイベントかな。

このイベントは、『日渡雫』がいつも通り、コンビニに出勤したところから始まりまして、

同僚でありコンビニロボットである『ぽぷり』が小さくなっていることに驚くこととなりました。
『店長』曰く、コンビニロボットは一年に一度は点検を受けないといけないらしく、

その点検中は、“仮の体”に中身が移され、通常業務を行うようであります。
 

小さいとはいえ、『ぽぷり』は優秀なので、一部の業務以外(コンビニ弁当を温める機能は

ダメな模様)は、普通にこなすことが出来、いつもと同じようにコンビニ業務をこなしていきます。

その後は、『南ゆずりは』による『小さいポプリ』を愛でる話が描かれていくわけですが、

個人的に面白かったのは、毎回描かれる『ぽぷり』のサービスカットの描写でありまして、

『日渡雫』のサービスカットスルーも含め、「なるほど、そうきたか!」と大笑いしてしまいましたよ(笑)。

いやまあ、個人的には『日渡雫』のサービスカットも見てみたかったですけどね(笑)。
 

今巻もなかなか面白かったです。
次巻も期待したいですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

上記では取り上げませんでしたが、『ぽぷり』が未来へタイムスリップした話も非常に興味深く、

面白い話でした。 おまけ漫画でも良いので、この未来編の話をまた読んでみたいですね。

まあ、この話で登場した『未来の姿』が『本当の未来の姿』とは限らないわけですが・・・。

次巻も楽しみです。

 

点数的には

84点

です。 
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『GA-芸術科アートデザインクラス 5巻 (きゆづきさとこ)』

 

4832241850 GA -芸術科アートデザインクラス- (5) (まんがタイムKRコミックス)
きゆづき さとこ
芳文社 2012-08-27

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻  4巻

 

 

【あらすじ】

今巻もGAの5人が走り回り、描きまくります!? 夏祭りでの不思議体験、雨宿りでの出会いetc. そしてなんとナミコさんのお姉さん初登場!! 連載時のカラーページをそのまま収録したお馴染みの贅沢仕様!! どうぞお楽しみに!

 

 

4コママンガです。

彩井高等学校の芸術科に通う女子高生5人を中心としたドタバタコメディです。

TVアニメ化もされており、今後、注目されるであろう作品の一つであると思います。
 

----------

 

ここからは、5巻の感想。
5巻では、4巻までと同様に主人公を含む1年生5人を中心とした美術系のネタが描かれつつも、

高校野球観戦イベント、『キョージュ』と『ぶちさん』の会話イベント、『ナミコさん』の家に集合し

写生イベントやら夏祭りイベントなどをこなす夏休みイベント、夏休みが終わり『ナミコさん』の

姉が学校に遊びに来るイベントなど、多くの話が収録されております。

 
まんが栄養素-GA-芸術科アートデザインクラス 5巻

 
まんが栄養素-GA-芸術科アートデザインクラス 5巻
 
まんが栄養素-GA-芸術科アートデザインクラス 5巻
 
まんが栄養素-GA-芸術科アートデザインクラス 5巻
 

そんな5巻で面白かったのは、やはり『ナミコさん』の姉が初登場してくるイベントかな。

このイベントは、夏休みが終了し、2か月後に文化祭が迫った“とある平日”に卒業生と

思われる“超美人”が美術部に出没したところから始まります。 3年生の美術部員である

『魚住』と『芦原』により、この“超美人”が2年前の美術部の部長・『野崎風二子』であることが

判明します。 後に判ることですが、この『野崎風二子』は、『ナミコさん』こと『野崎奈三子』の

姉であったりします(以前より姉がいることは判明していましたが、今巻より初登場)。
  

で、『野崎風二子』ですが、現在は大学生で、丁度、夏休みであるようで(9月)、帰省のついでに

美術部に遊びに来たようです。 『魚住』曰く、この『野崎風二子』が部長であった2年前が最も

美術部が活気があった時期らしく、『野崎風二子』が卒業してからは、一気に美術部は衰退

し、現状のぎりぎり人数となってしまったようです。 ちなみに、この『野崎風二子』ですが、

妹・『ナミコさん』曰く、『キョージュ』の2倍の美術能力を持った『ノダ』という感じの人物らしく・・・、

まあ、簡単に言うならば、常に騒動の真ん中にいるような厄介な人物とのこと(笑)。
 

そんな姉が学校に遊びに来たということで、『ナミコさん』はいつ姉が襲撃しに来るのか

気になりながら授業を受けることとなります。 全ての授業が終わってから、しょうがなく

その姉を探すこととなるわけですが、その過程で、様々な姉の武勇伝を聞くこととなりました(笑)。
 
これ以降の展開に関しては、ネタバレとなるので詳しくは書きませんが、その姉と『ナミコさん』の

過去イベントが描かれたのは面白かったですし、また、美術部に関係するイベントが描かれた

のも非常に良かったです(このイベントにより、いずれ、主人公の5人組が美術部に入部する

こととなりそうな伏線が描かれています)。
 

いや~、面白かったです。

次巻も楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 面白いです。

『ナミコさん』の姉の登場は衝撃的でしたね。 まさかあんなに濃いキャラクターだったとは・・・。

個人的には、文化祭の時期あたりで、再登場を期待したいです。 まあ、濃いすぎるので、

主人公たちや『芦原』たちの存在感を食ってしまいそうですが(笑)。

 

点数的には

100点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『放課後のピアニスト 2巻 (十野七)』

 

483225104X 放課後のピアニスト(2) (まんがタイムコミックス)
十野 七
芳文社 2012-08-07

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻

 

 

【あらすじ】

主人公・レミは天才的女子高生ピアニスト。 でも勉強や運動は出来が悪くて、幼なじみのソラに頼りっぱなし! だけどあることをきっかけに少しずつ変化が…? 4コマ協奏曲、感動フィナーレ!

 

 

高校のピアノ部に所属する人々を描く4コママンガ。

 

劣等生だけど、ピアノだけは天才的な女子高生・『響レミ』。

プロのピアニストを目指して、ピアノ部の人々と共にピアノの練習を頑張っていく・・・

 
というような感じの作品でして、ピアノ以外はダメダメな『響レミ』が幼馴染の『山田曽良』や

ピアノ部の先輩・『黒木志土』・『花野羅々』と共に、ピアノの練習に打ち込んでいくという作品です。

 

----------

 

ここからは、2巻の感想。

2巻では、1巻と同様にピアノ部の練習風景が描かれつつも、ピアノコンクールに参加したり、

『響レミ』の学校の成績に関するイベントが描かれたり、『黒木志土』先輩関連のイベントが

描かれたりと多くのイベントが収録されております。

 
まんが栄養素-放課後のピアニスト 2巻
 
まんが栄養素-放課後のピアニスト 2巻

 
まんが栄養素-放課後のピアニスト 2巻
 
まんが栄養素-放課後のピアニスト 2巻
 

そんな2巻で面白かったのが、ピアノコンクールイベントですね。

このイベントは、夏が来たことで、地元でピアノコンクールが開かれることとなったところ

から始まったイベントでして、ピアノ部からは『響レミ』・『山田曽良』・『黒木志土』の

3人のピアニストが参加することとなりました(『黒木志土』は、コンクールに参加する

こと自体、初めてである模様)。

 

で、コンクールが始まることとなったわけですが、『響レミ』・『山田曽良』の2人が地元で

有名な“コンクール荒らし”であったことが判明します(笑)。ちなみに、“コンクール荒らし”とは、

これまで地元で行われたコンクールで表彰台を独占している『響レミ』・『山田曽良』の2人を

指す言葉でして、まあ、つまり実力者であるということです。

 

そして、本番が始まると、『響レミ』・『山田曽良』の2人は実力を発揮し、他の出場者を

圧倒する演奏を行うこととなります(特に『山田曽良』の演奏は、『響レミ』のファンである

『文川弥生』先生の心も動かすほどの演奏であった模様)。 これ以降の展開に関しては、

ネタバレというか実際に読まれた方が面白い思うので詳しくは書きませんが、『山田曽良』が

意外と実力者であったという展開は個人的に良かったと思いますし、何よりも、彼らの演奏が

多くの人々の心を動かすような展開は非常に面白かったですね。
 
いや~、なかなか面白かったですよ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

最終巻です。

1巻と同様に、最後の最後まで真面目に部活動を頑張っている4コママンガでして、

楽しく読むことが出来ました。 作者の次回作に期待したいですね。

 

点数的には

85点

です。
 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『うちの大家族 11巻 (重野なおき)』

 

4575943568 うちの大家族(11) (アクションコミックス)
重野 なおき
双葉社 2012-07-12

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻~4巻  5巻  6巻  7巻  8巻  9巻  10巻

 

 

【あらすじ】

『月刊まんがタウン』に大人気連載中!千葉県花見川区に住む三男五女+父親+一匹の熱血青春ホームコメディ。11巻では、カバーに内野家の愛犬フランダースが登場!そして本編ではフランダースの過去が語られる!?巻末のお楽しみは、描き下ろし『めもりん』を収録!!お見逃しなく!!

 

 

4コママンガです。

タイトル通り、『父親+8人の子供+犬』という大家族の毎日を描いたホームコメディです。

普段4コママンガを読まない人でも楽しめる作品だと思います。 お薦めです。

 

----------

 

ここからは、11巻の感想。

11巻では、10巻までと同様に大家族の日常が面白おかしく描かれつつも、

『音也』がバンドを組むイベント、『大吾』が相撲へスカウトされるイベント、『智佐』のメガネが

壊れるイベント、家族でキャンプに行くイベント、『父親』と『里見さん』が漫画アシスタントを

するイベントなど、多くのイベントが収録されております。

 
まんが栄養素-うちの大家族 11巻

 
まんが栄養素-うちの大家族 11巻
 

そんな11巻で面白かったのは、『大吾』が相撲にスカウトされる話ですね。

このイベントは、『大吾』の学校に双葉海部屋の『双葉海親方』と現役力士・『八千代海』が

やってくるところから始まります。 『双葉海親方』と『八千代海』の2人がわざわざ学校に

来た理由は、ナント、『大吾』を力士としてスカウトをしに来たからでして、早速本題に

入っていくこととなりました(その後のイベントで判明するのですが、『大吾』はすでに

大学の相撲部からスカウトを受けたことがあるらしい・・・)。

 
まんが栄養素-うちの大家族 11巻
 
まんが栄養素-うちの大家族 11巻
 
まんが栄養素-うちの大家族 11巻
 

『双葉海親方』と『八千代海』は、『大吾』の185センチ・130キロという素晴らしい体格と、

野球で鍛えた足腰の強さと、補欠でも耐えられる忍耐力(笑)と、女の子に振られても

立ち直る精神力(笑)を高く評価しており、ナント、20年に一人の逸材と思っているようです。

 

“20年に一人の逸材”とまで評価された『大吾』は、その言葉に気を良くします。

また、『大吾』としても、野球よりも相撲の方が向いていることをうすうす感じておりまして、

今回のイベントをきっかけに相撲が“自分のいるべき場所”であると感じ始めました。
(姉・『愛子』以外は、『大吾』が相撲の世界に行くことを反対することは無かった模様)
 
これ以上は、ネタバレというか実際に読まれた方が面白いと思うので詳しくは書きませんが、

『大吾』が自分の意志で相撲の世界に行くことを決意した様子は非常に興味深かったですし、

何よりも、最終的なオチがこの漫画らしくて大笑いしてしまいましたよ(笑)。
 
いや~、面白かったです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白かったです(^^ゞ。

上記の話以外にも、『音也』がバンドを組む話はかなり長期展開で描かれていまして、

今後の展開が非常に気になる感じになっております。 次巻も楽しみです。

 

点数的には

90点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【マンガ感想】

 

『椿さん 4巻 (楯山ヒロコ)』

 

4832251090 椿さん (4) (まんがタイムコミックス)
楯山 ヒロコ
芳文社 2012-09-06

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻

 

 

【あらすじ】

和服美人に弄ばれたい…あなたに贈るエキセントリック家政婦4コマ第4巻。お仕えする大学生・稔くん、商店街の面々、椿さんに関わる人は彼女の予測不能な行動に退屈知らず。お茶目な家政婦さんに吹き出し注意!!

 

 

大富豪の家で働く家政婦さんの4コママンガです。

 

『椿さん』は、大富豪・草野家で働く家政婦。

非常に優秀で、綺麗好きで、サスペンスドラマが大好きな年齢不詳な女性。

そんな彼女の華麗なるお仕事ぶりを描いていくコメディー4コマ漫画。

 

というような感じの作品でして、完璧超人系の家政婦・『椿さん』と、草野家の人々との

やり取りを面白おかしく描いていく4コママンガです。

 

----------

 

ここからは、4巻の感想。

4巻では、3巻までと同様に『椿さん』の家政婦としての完璧な仕事ぶりが描かれつつも、

大学受験イベントが描かれつつも、卒業式イベント、大学入学イベントなど多くの

イベントが収録されております。
 
まんが栄養素-椿さん 4巻
 
まんが栄養素-椿さん 4巻
 
まんが栄養素-椿さん 4巻
 
まんが栄養素-椿さん 4巻
 

そんな4巻で面白かったのは、卒業式イベントかな。

このイベントは、『草野稔』が大学受験に成功し、無事、卒業式に参加するところから始まります。

卒業式ということで、『椿さん』も気合が入っておりまして、早速、卒業式前に『草野稔』のクラスに

黙って入り込み、黒板に“祝・卒業”と派手に書き込みをして、卒業生を驚かせます(笑)。

 

そして、卒業式が始まりまして、『椿さん』の『草野稔の高校生時代の思い出』が描かれるわけ

ですが(上記の画像)、最初は普通の思い出なのですが、徐々に変になっていき、最終的には

テストをしているところを見張っていたことが判明したり(笑)、修学旅行にも付いて行っていた

ことが判明したりと(笑)、『椿さん』の親バカ(?)ぶりが判明します。

 

その後は、卒業式らしいイベントが描かれるわけですが、まあ、ネタバレというか実際に

読まれた方が面白いと思うので、詳しくは書きませんが、同級生の“らしい”イベントが描かれた

のは非常に面白かったですし、何よりも、海外にいる父親の“らしい”行動が描かれたのも

面白かったですね(まあ、あの父親が息子の卒業を祝ったこと自体、驚きでしたが・・・)。

 

次巻も楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

4巻目にして、『稔』が“卒業式→大学入学”しました。

『稔』が主人公であれば、このまま終わってしまいそうな展開でしたが、あくまでこの作品の

主人公は『椿さん』なのでまだまだ続いていくようです。 次巻も期待したいですね。

 

点数的には

85点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。