『ブラック・ジャック創作秘話 2巻 (宮崎克、吉本浩二)』の感想 | まんが栄養素

まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ブラック・ジャック創作秘話-手塚治虫の仕事場から- 2巻 (宮崎克、吉本浩二)

 

4253132405 ブラック・ジャック創作(秘)話~手塚治虫の仕事場から~ 2 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
吉本 浩二 宮崎 克
秋田書店 2013-01-08

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻

 

 

【あらすじ】

創作に憑かれた“神様”は、次々と仲間を巻き込んでは狂乱の果てに奇蹟を呼ぶ。関係者の証言で綴る“超実録・手塚伝説”第2弾!!

 

 

漫画の神様・『手塚治虫先生』の仕事場を描く作品です。

 

鉄腕アトムやリボンの騎士などで人気を博していた手塚治虫も、昭和45年あたりでは漫画の

ヒット作が減り、アニメで失敗し、虫プロが倒産するというどん底であった。 そんな状況の中、

まんが道にも登場する週刊少年チャンピオンの名物編集長・『壁村耐三』から全4回という
連載を依頼される。 その作品の名は、『ブラック・ジャック』。 この作品の大ヒットにより、

手塚治虫は見事に復活し、再び、ヒット作を連発していく・・・。
 
という感じの時代背景で始まる作品でして、『ブラック・ジャック』の大ヒットにより、見事に復活を

果たした『手塚治虫先生』の仕事ぶりを描くノンフィクション系の漫画です。

 

----------

 

ここからは、2巻の感想。

1巻と同様に、『手塚治虫先生』と『担当編集者たち』の締め切りを巡る戦いが描かれつつも、

『手塚先生』があまりの仕事量に逃亡してしまう話、アシスタント達の話などが収録されて

おります。

 
まんが栄養素-ブラック・ジャック創作秘話

 
まんが栄養素-ブラック・ジャック創作秘話
 

そんな2巻で面白かったのは、やはり『手塚先生』が行方不明になった話ですね。

この話は、『手塚先生』の“火の鳥”の担当・『新井善久(講談社)』が別冊の進行状況の

確認のため『手塚先生』を訪れたところ、不在であったところから始まった話です。

すぐに、どこかの編集部が『手塚先生』を館詰にしているのだと確信し、様々な編集部に

電話をかけて、『手塚先生』を探そうとします。 しかし、どこの編集部も同じように『手塚先生』

を探しているようで、どこにいるのか判らないまま時間が過ぎていきます。

 
まんが栄養素-ブラック・ジャック創作秘話

 
まんが栄養素-ブラック・ジャック創作秘話
 

そんな中、“鉄腕アトム”を連載している光文社が怪しいことに気づきます。

そこで“火の鳥”の担当・『新井善久(講談社)』は『丸山昭』と共に、光文社の編集部に乗り込み、

手塚先生の行方を聞き出そうとしますが、当然のごとく、とぼけられることとなりました。
しかし、そこで諦めないのが“火の鳥”の担当・『新井善久(講談社)』と『丸山昭』でありまして、

光文社が講談社と同じ社屋内にある兄弟会社で郵便物が同じ“郵便部”で管理されていることに

気付きまして、その“郵便部”に潜り込み、光文社の手塚先生の担当者が送ってくるであろう

原稿が入った郵便物を探し始めることとなりました(送ってきた場所が判る)。

 
まんが栄養素-ブラック・ジャック創作秘話
 

そして、ついにその原稿が入った郵便物を見付けたわけですが、ナント、その原稿は

京都から送られて来たこと驚いてしまいます。 しかし、見つけてしまったからには

行かないわけにはいかず、早速、京都までこっそり行くこととなりました(他の編集部に

見つかってしまうと、ますます手塚先生の原稿が遅れてしまうから・・・)。
 
そして、なんとか、手塚先生を見つけることができたのですが、そこから手塚先生の

我儘に振り回されることとなるわけですが、これ以上はネタバレというか実際に読まれた方が

面白いと思うので詳しくは書かないこととします。 個人的には、この話から学生時代の

『松本零士先生(宇宙戦艦ヤマト)』や『高井研一郎先生(総務部総務課山口六平太)』などが

登場してきた部分が非常に面白かったですね。 
 

いや~、面白かったです。
次巻も楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

1巻も面白かったですが、2巻も同じように面白かったです。

『手塚先生』の作品を読んだことのある方ならば、興味深く読むことが出来る良作であると

思います。 マンガとしても面白いので、お薦めですよ。

 

点数的には

100点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。