まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ネコあね。 1巻 (奈良一平)』

 

4063843734 ネコあね。(1) (少年マガジンコミックス)
奈良 一平
講談社 2010-09-17

by G-Tools

 

 

【あらすじ】

幼い頃に両親をなくした少年・御堂銀ノ介は、祖母と飼い猫の杏子と暮らしている。ある朝、杏子が猫又(猫の妖怪!)になり人間に化けられるようになっていた!! 銀ノ介の「姉」として張り切る杏子と、それを見守る銀ノ介のじんわり生活スタートです!

 

 

飼っていた猫が猫又となってしまったコメディー作品です。

 

幼い頃に両親が亡くなってしまったことから、主人公・『御堂銀ノ介』は祖母と飼い猫・『杏子』と

一緒に暮らしている。 そんなある朝、主人公・『御堂銀ノ介』が目覚めると、何故か裸の女の子が

寝ていた!! ナント、その女の子は飼い猫の『杏子』であるらしい・・・・。

 

という感じで始まる作品でして、猫又化した飼い猫・『杏子』が主人公・『御堂銀ノ介』に様々な迷惑を
かけながらも、彼の“姉”として活躍していく作品です。

 
まんが栄養素-ネコあね。 1巻

(↑一緒に住んでいる祖母が飼っている猫・『杏子』が猫又となって人間に化けれるように・・・)
 

主な展開としては、猫又となったことで人間に変身出来るようになった飼い猫・『杏子』が、人間社会で

猫らしい非常識な行動をしてしまうことで、主人公・『御堂銀ノ介』に様々な困難が訪れるという感じに

進んでいきます(笑)。 もちろん、コメディ漫画であるので、大事件に発展することは一切ないですし、

最終的にはホンワカな感じで終わるので、ドタバタコメディー系が苦手な人でも楽しめると思います。

 
そんな作品の最大の特徴は、人間の女性陣の器の大きさでしょうか(笑)。

普通の漫画だと、飼い猫が猫又となり人間に化けて出てきたらパニックになったりすると思うのですが、

この作品に登場する女性陣(ヒロイン・『早瀬紗希』と祖母)はその状況に焦ることもなく、あっさりと受け

入れてしまいます(笑)。 特に、ヒロイン(?)・『早瀬紗希』の男らしい受け流しっぷりには、多くの読者が

「こんなヒロインがいていいのか!?」と思ったのではないでしょうか(笑)。 個人的にですけど、

何か新しいヒロイン像を見せてもらったようで、かなり新鮮な気持ちにさせてもらいました(笑)。

(まあ、正ヒロインは『杏子』になると思われるので、彼女がヒロインであるかどうか不明ですけど・・・・)

 

いや~、面白かったですよ。

次巻は来年の春のようでして、かなり時間が空くようですね。 次巻も楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

飼い猫が猫又となって、擬人化する作品です。

以前、『ミル(手原和憲)』 という同じようなテーマの作品を紹介しましたが、あちらは猫又暦の長い猫が

活躍する作品なのでドタバタ感ゼロの大人な雰囲気でしたが、こちらは猫又暦の短い猫が活躍する話

なので、基本的にドタバタ感溢れるコメディー作品に仕上がっています。 どちらも、面白く仕上がって

いるので、猫が擬人化する話が好きな方にお薦めです。 次巻も楽しみです。

 

点数的には

90点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。