まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『高校球児ザワさん 3巻 (三島衛里子)』

 

4091828647 高校球児 ザワさん 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
小学館 2009-12-26

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻


 

【あらすじ】

都澤理紗は、どこにでもいる普通の女子高生。だだひとつ、日践学院高校野球部唯一の女子部員であることをのぞいては……。そんな“ザワさん”の、フェティシズム溢れる“ささやかな日常”。

 

 

日践学院野球部の唯一の女子部員・『都澤理紗(通称:ザワさん)』の活躍を描く作品です。

 

西東京代表として甲子園に出場する強豪・『日践学院』。

その『日践学院』の野球部には、『都澤理紗』という女子部員が所属している。

高校野球の規定上、女子は公式試合に出られないが、大好きな野球をするために野球部に所属し、

日焼けをしながら、野球漬けの毎日を送っている・・・。

 

という感じの作品でして、『日践学院野球部』に所属する女子部員・『都澤理紗』の活躍と、

その『都澤理紗』と共に甲子園を目指す『日践学院野球部』の部員たちとの交流を描く作品です。

 

『野球』+『女性プレイヤー』

 

と聞いて、水島新司先生の名作・『野球狂の詩』に登場する『水原勇気』を一番に思いだした方は、

水島新司先生のファンか、相当な野球漫画マニアな方であると思います(笑)。

この作品に出てくる『都澤理紗』も、『水原勇気』のように女性でありながら男性の中で野球をしています。

ただし、女性部員なので、残念ながら野球規定があるために公式試合には出る事は出来ません。

しかし、野球への情熱は男性部員にも負けず、日々、練習に汗を流しています。

 

----------

 

ここからは、3巻の感想。

3巻では、『ザワさん』自身が自分の事を『理紗』と名前で呼ぶことが判明したり、

『ザワさん』と同級生の1年生部員の『花村』・『守口』・『楠本』の3人の出身中学校が判明したり、

夏の予選大会が近づいてくるにつれて徐々に練習量が増えていく描写が描かれていたり、

『ザワさん』に兄貴がいることが判明したりと、多くの話が描かれております。

 

そんな3巻のメインとなるのは、『ザワさん』の兄貴の登場でしょう。

この話は、第46話で『ザワさん』が夏大会が始まる直前に風邪を引いてしまったことから始まりまして、

風邪で寝込んでいる『ザワさん』を兄貴(こーちゃん)が見舞うという場面でこの兄貴が初登場しました。

その後の話で判明するのですが、この兄貴は『ザワさん』が所属する強豪・『日践学院野球部』の

エース(打順は3番)であり、雑誌にも取り上げられるほどの実力の持ち主のようでして、

『ザワさん』そっくりの整った容姿から『日践の王子』と呼ばれているそうです。

 

彼の登場により、女子中学校出身の『ザワさん』が何故この『日践学院』を選んだのか、そして、

何故女性でありながらこの『日践学院野球部』に入部することができたのかなどが明らかになりました。

もちろん、兄貴の影響だけで甲子園に出場するような強豪チームにできたとは到底思えず、

恐らく、『ザワさん』自身が中学時代にシニアに所属していたことも入部できた要因であると思います。

(また、女性であろうと差別しない東海監督の性格も要因の一つだと思います)

 

そんな兄貴の最後の夏の大会が3巻の後半から描かれ始めました。
甲子園出場をしたことがあるとはいえ、西東京大会ですから順調に勝ち上がれるのかは不明ですが、

甲子園出場した方が面白そうなので、恐らくこのまま順調に勝ち上がっていくのではないかと思います。
もちろん、甲子園出場となったならば、試合に出ることができない『ザワさん』も今まで以上に注目されて

しまい、複雑な『ザワさん』の表情が目に浮かびますが・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

相変わらず、面白いですね。

『女性が男性の中に混じって野球をしている』というシチュエーションを楽しむ作品なので、

普通の高校野球漫画を期待して買われると、肩透かしを食らってしまう可能性が高い作品ですが、

結構面白く仕上がっていると思います。 普通の高校野球漫画に飽きた人に特にお薦めしたいですね。

 

点数的には

90点

です。

 

個人的にですが、15ページから描かれた『卒業アルバム』イベントも面白かったです。

このイベントは、1年生の4人が、2年生の先輩に自分達の『卒業アルバム』を見せるというイベントでして、

このイベントを通して、1年生がどのような中学生活を送ってきたのかが垣間見れたのが面白かったです。

また、このアルバムを見る2年生の『誰を苛めても大丈夫なのか?』を確認するような表情がなんとも

面白かったです(恐らく、この2年生は『花村』だけは苛めないと思う)。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。