まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『おおきく振りかぶって 13巻 (ひぐちアサ)』

 

4063106055 おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
講談社 2009-12-22

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 6巻  7巻  8巻  9巻  10巻  11巻  12巻

 

 

【あらすじ】

強豪・桐青を破り、埼玉大会5回戦に進出した西浦高校野球部。しかし5回戦の相手・美丞大狭山高校は、勢いにのる西浦を徹底研究していた! バッテリーも打線も丸裸にされた西浦は、序盤に大量リードを許してしまう。負けじと反撃、点差をつめていく西浦だが、予想外のアクシデントが発生! 最大の危機をむかえてしまう!! 逆転は成るのか?三橋は最後まで投げられるのか!?西浦ナインの底力が、今、試される!!

 

 

1年生だけの弱小チームが強豪チームを倒していくというサクセスストーリー。

 

無名の公立高校・『西浦高校』の5回戦の相手は、名門・『美丞大狭山高校』。

いきなり4点のビハインドを追ってしまった西浦高校だが、『水谷文貴』の大活躍により、

3点差まで縮めたところで、中盤へ・・・。 5回裏、『美丞大狭山高校』が継投策で

ピッチャーを『竹之内』から『鹿島』へ変更してくる・・・。

 

という感じで始まったのが13巻でして、『美丞大狭山高校』が継投策に対して、

その継投策をきっかけに『西浦高校』が反撃に出る描写が描かれることとなりつつも、

キャッチャー・『阿部』のアクシデントにより、逆に危機をむかえてしまうという描写が描かれました。

 

そんな13巻の注目話は、やはり『阿部隆也』のアクシデントでしょう。

このイベントは、追い上げムードだった『西浦高校』が、ここまで乱調であった『美丞大狭山高校』の

リリーフ・『鹿島匠』により抑えられてしまったことで、逆に相手に勢いを与えてしまった7回表の

攻撃に起こったイベントでして、2塁打と送りバント(1塁も生還)で3塁にいた『美丞大狭山高校』の

キャッチャー・『倉田岳史』が、スクイズでホームへ突っ込んで行ったときに、『西浦高校』の

キャッチャー・『阿部隆也』と接触してしまい、『阿部』の方が怪我(膝の捻挫)をしてしまいました。

 

この怪我により、『阿部』はベンチに下がり、『田島』がキャッチャーとて『三橋廉』と急造バッテリーを

組むこととなってしまいました。 相手がリードしている展開だけに、これ以上の点差を入れられることは

絶対にできない状況の中で、この急造バッテリー(リードは監督・『百枝まりあ』)の試練が描かれつつも、

怪我をした『阿部』自身がこの急造バッテリーをベンチから見ることで、これまでの『三橋』とのバッテリー

関係が「間違っていたのではないのか?」と悩み続ける描写が描かれました。

 

特に、この『阿部』が悩むシーン(+『三橋』の想い)は非常に印象的でした。
『阿部』は、これまで『三橋』という強烈な個性を持っているピッチャーをどのように操っていくかを

考え続けてきたキャラクターでして、最終的な結論として“自分が強制的に引っ張っていく”ことで

ここまでバッテリー関係を作ってきました。 しかし、今巻で自分が怪我をしてしまったことで、

このバッテリー関係が『三橋』の個性を潰すことにより成り立っていたバッテリー関係だったことに気付き、

『三橋』の様々な成長部分を自分が摘んでいたのではないかと悩んでしまいます。

 
通常、この漫画の場合、『阿部』が悩むと、連動して『三橋』も悩んでしまうわけですが、

今回の描写で面白いのが『三橋』の反応でして、『三橋』自身、この『阿部』が悩んでいる理由を理解し、

自分が頑張ることで『阿部』の悩みを吹き飛ばそうとします(ただし、『三橋』自身、『阿部』とバッテリーを

組むことにより“自分の成長部分が摘まれていた”というところまでは理解していません)。

 

個人的にこの描写は、「『三橋』らしい成長描写だな」と感じることが出来たため非常にお気に入りでして、

恐らく、これからのこの2人のバッテリー関係にも大きな変化を与えてくれるイベントだと思われます。 

まあ、この2人なので、すぐにバッテリーの関係が変わっていくということは無いと思うので、
こういうイベントを数度繰り返しながら、徐々に変わっていっていくことになるのでしょうね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白かったです(^^ゞ。

『美丞大狭山高校』のキャッチャーが、『阿部』の怪我により、精神的に壊れだしたので、

恐らく、ここを基点として、次巻以降、『西浦高校』の反撃が始まるのだと思います。
次巻も楽しみです。

 

点数的には

95点

です。

 
 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。