まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『トリコ 7巻 (島袋光年)』

 

4088747682 トリコ 7 (ジャンプコミックス)
集英社 2009-12-04

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻・2巻  3巻  4巻  5巻  6巻

 

 

【あらすじ】

トリコはスタージュンのGTロボを撃破! リンも生還を果たし、ついに「宝石の肉」至福の実食へ! フルコースメニュー入りの期待が高まるが…!? そしてトリコは“BBコーン”を求め、テリーと植物地獄へ…!!

 

 

美食屋『トリコ』が活躍するアクションマンガ。

 

世はグルメ時代・・・未開の味を探求する時代。

その未開の味を求めまだ見ぬ食材を自ら探し捕食する『美食屋』が多く存在し、

その『美食屋』の中で“四天王”の一人として活躍するのが主人公・『トリコ』。

その主人公・『トリコ』と、高級ホテル『ホテルグルメ』で料理長を務める『小松』が、

新たな未開の味を求めて旅を続けていく・・・。

 

という感じのストーリー展開の作品で、人間離れした身体能力を持つ主人公・『トリコ』が、

普通の人間では捉えることのできない巨大な生物達をバッタバッタとなぎ倒し、

そしてその巨大な生物達を食するというアクションファンタジーマンガです。

 

----------

 

ここからは、7巻の感想。

7巻では、『美食會』との“リーガルマンモス”争奪戦が終わり、皆で“宝石の肉”を食するイベントを始め、

“BBコーン”というグルメ界に存在するとうもろこしを“ウージャングル”へ取りに行くイベント、

そして、『美食會』の新たなる刺客との戦いなどが描かれております。

 

今巻で一番気になったのが、この世の中に人間界とグルメ界の説明ですね。

この作品では、人間が暮らしている土地を“人間界”と呼び、それ以外を“グルメ界”と呼んでいるようで、

地図としてみると“人間界”が“グルメ界”に囲まれているというイメージでして、この作品の世界では

人間が住むことのできる地域は“ほんの一部分”に過ぎないようです(地球の数倍の惑星のようです)。

もちろん、“人間界”と“グルメ界”は同じ星の中にあるので、当然、行き来自体は出来るようでして、

ここでいう“人間界”とは、人間が開拓を行った場所という意味合いに近いと思います。

(つまり、グルメ界”とは人間にとって未開の土地という設定の場所になります)

 

で、

その説明によれば、“グルメ界”にはまだ発見されていない未知の食材が多く存在しているようで、

主人公・『トリコ』は相棒の『テリー』に関係する“とある理由”から“グルメ界”へ行こうとしますが、

親友の『トム』から気になる言葉を聞くこととなりました。

 

「“人間界”で採れる数少ない“グルメ界”の食材がある」
 
この言葉を読んだとき、正直意味が判らなく、頭の中が「?マーク」で一杯になりました(^^;。

上記の説明の通り、“人間界”と“グルメ界”は同じ星の中にあるわけだから、“人間界”と“グルメ界”に

共通して存在する同じ食材があってもおかしくないと思うのですが、上記の言葉を素直に取れば、

『“人間界”と“グルメ界”に共通して存在する食材はほとんど無い』ということになると思います。 
地域によって全く環境が違っているので同じ食材が存在しないと考えれば判らないことではないですが、
同じ星の中にそこまで環境が違うことがあるのかなど、疑問が生まれてきました。
 

いやまあ、少年漫画の設定にそこまで拘ってみること自体、間違っているのだと思いますが(笑)、

“世界観設定”が大好きな人間としては、こういう細かい部分が気になってしまうのです(^^;。
ストーリー的に、まだ、主人公・『トリコ』が“グルメ界”へ行くというイベントは起こりそうにないので、

この言葉の謎が明らかになるのは当分先になりそうな感じですが、いずれ描かれるであろう、

この言葉の意味を楽しみに待ちたいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

安定して面白いです(^^ゞ。

本編では、『BBコーン』の採取イベントなど、この作品ならではのイベントが描かれていまして、

1巻・2巻を読んだときの面白さが戻ってきたような感じがします。 また、45ページから51ページに

描かれた『トリコ』の食事シーンは素晴らしいの一言ですね。 うー、肉が食べたいです(笑)。

 

点数的には

90点
です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。