まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『きつねのよめいり 1巻・2巻 (高木聡)』

 

4063800148 4063800466

きつねのよめいり 1 (ライバルコミックス)
きつねのよめいり 2 (ライバルコミックス)
高木 聡

 

 

【あらすじ】

ツキなし人生まっしぐら、高校1年生のネガティブ少年 葉山桜介が、ある日偶然出会ったおいなりさんに「ふつーに暮らせますように」とお願いごとをしたところ、なぜかカワイイお嫁さんがやってきた!しかも、彼女は人間でなく“白ぎつね”だったのだ……!!大コ~ン惑!大コ~ン乱!トラブルだらけのケッコ~ン生活スタート!!

 

 

ネガティブ少年の所に、キツネが嫁入りに来るというラブコメディ作品です。

 

不幸を呼び込む体質のため、常にネガティブ思考になりがちな主人公・『葉山桜介』。

そんな彼も高校生になり学校に向かっていたところ、偶然にも管理されてなさそうなお稲荷さんと、

そのお稲荷さんに無造作に置かれているキツネの石像を見つけてしまう。 自分の厄払いのために

そのお稲荷さんとキツネの石像を綺麗に片付け、「ふつーに暮らせますように」とお願いをしたところ、

何故か『白キツネの京香』と名乗る美少女が嫁としてやってくる・・・・。

 

という感じで始まる作品でして、不幸体質の持ち主の主人公・『葉山桜介』のもとに、

キツネだけど人で悪戯好きな『京香』という女の子が押し掛けてくるというラブコメディ作品です。

 

主な展開としては、『桜介』が押しかけ女房である『京香』に振り回され続ける話を中心に、

『京香』にベタ惚れしている『大和太郎』が絡んでくる話や、『桜介』とは違った意味で不幸体質の

『秋野紅実』が絡んでくる話や、タヌキの『花音』が絡んでくる話など色々と描かれています。

(これらの話に共通する事は、全ての話で『桜介』が不幸に見舞われるという事です)

 

そんな作品の注目点は、やはり主人公・『葉山桜介』の不幸体質ですね。

彼は、生まれつき不幸体質の持ち主で、普通に歩くだけで何かしらの不幸に見舞われます(笑)。

そのせいか、かなりのネガティブ思考でして、年相応に「彼女が欲しい」などの願望は一切無く、

ただただ「不幸体質から抜け出して平和に暮らしたい」という願うかなり枯れた少年だったりします。

 

そんな彼の最大の不幸(?)は、白キツネの美少女・『京香』と偶然出会ったことでして、

彼女との出会いにより、周りの人々から様々な嫉妬や様々な攻撃を受けるようになりまして、

ただでさえ不幸だった日々が、より不幸(?)になっていきます(笑)。

もちろん、『京香』の登場で、より不幸になったものの、『京香』という美少女が嫁になったり、

『京香』のおかげで交友関係が広がったりと、ただ単に不幸になったわけではありませんし、

ネガティブ思考だったものが、徐々にポジティブ思考になっていっているもの面白いですね。

 

『他人視点から見れば羨ましい状況でも、自分視点から見ればかなり不幸』

 

全体的に見れば、絵も上手いですし、コメディとしてなかなか面白く仕上がっていると思います。

ドタバタ系の王道ラブコメが好きな方ならば、かなり楽しめるのではないでしょうか。

  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

コメディ要素の強い王道ラブコメ作品ですね。

オタクな人々をターゲットにしていないせいか、作中にオタク要素は非常に少ないため、

少年誌に連載されている作品らしく、非常に健全な内容となっております。

もちろん、話の方も面白く仕上がっておりますし、キャラクター達の設定もなかなかよく出来ているので、

ドタバタコメディや王道ラブコメが好きな方ならば楽しめるかと思います。

(ただし、ハーレム要素は一切無いので、ハーレム展開好きな方はスルーの方向で・・・)

 

点数的には

85点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。