まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【日記】

ゲームの話ですが、

「テイルズ オブ デスティニー」や「ワイルドアームズ」の最新作が今月発売されるようだ。

SFC・PS時代から続くシリーズで、息の長いソフトだ。

個人的には、テイルズはシンフォニア、ワイルドは3rdまでで止まっている。

『デスティニー』はさすがに興味ないが、『ワイルド』の方は評判待ち。

評判が良ければ、新品で買っても良い。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マンガ感想】

 

『○本の住人 1巻 (kashmir)』

kashmir
○本の住人 1 (1)

 

ネットで有名らしい絵師の方が書いたマンガです。

私はこの先生のことを詳しく知りませんので、説明を省きますが、

『ネコにテルミン』という言葉で検索を掛けるとこの作者のHPにいけると思います。

 

 

【あらすじ】

のりこは家事万能の小学四年生。兄は発禁寸前の奇本ばかりを著す絵本作家。そんな困った兄や、変わったクラスメイト、マイペースな大人たちに囲まれて、のりこの毎日はまるで4コマ漫画そのもの!?待望の第1巻発売。
 

 

この本を取り上げてくれるサイトがほとんどないので、興味があまりありませんでしたが、

ふと立ち寄った大型本屋さんで見掛けたので、ついつい買ってしまいました。

 

アマゾンレビューを見て、

「評価が高いけど『初版部数が少ない』ということでネットで話題にならなかったのかな~」

と思っていました。

 

これはよくあることですね。

「あんなに面白いのに、何故ヒットしないんだ?」なんて思う作品。

単純に発行部数の関係だけでなく、企業戦略も関わってくると思いますが、

やはり面白い作品を作る先生方には、ぜひとも儲けて欲しいわけです。 

 

 

あ~、ちょっと話は変わるけど、

このブログで辛口で紹介してしまった『ゴーゴー♪こちら私立華咲探偵事務所。 』。

あまりに1巻が売れなかったせいか、12月9日発売の2巻なんて、

普通の書店では手に入らないくらい発行部数が少ないそうです(汗)。

雑誌で人気があっても、単行本が売れなくて打ち切りというケースもあるので、

この展開はかなりピンチです。 個人的に、この作者の作品は好きなので、

売れて欲しいのだけど、『華探1巻』はそこまで面白くないのでお薦めできない(泣)。

この負の連鎖をなんとか2巻で止めて欲しいところ・・・。

作者のサイトを見ていると、彼の発言の一言一言が痛すぎる(作者のHP )。

お金に余裕があるなら買ってあげてください。 12月9日に2巻が発売予定です。

 

 

ここから話を戻して、

「発行部数の関係でネットの人々に気付かれていない作品なのかな」と思ってました。

とはいえ、ネットでも有名らしい絵師さんの作品で、マニアに受けそうな表紙だし、

もっと騒がれてもよさそうなものだけど、私のお気に入りのサイトでは記事はなかった。

とまあ、不思議に思いながらも、買って読んでみるとその理由が判りました。

 

(;´Д`)ノ あんまり面白く無いわ、この作品!

 

後半は作品として落ち着いてきてこの作品の味が出てきますが、

前半の迷走ぶりは連載レベルに全然達していない感じ。

よくこんな内容で打ち切られず4コマ誌で1巻分の連載が続いたものだ。

しかも、こんな内容で、単行本になるなんて、ホント信じられない。

 

一応説明しておくと、4コマ誌で連載している作品はほとんど単行本化しません。

4コママンガを買ってくれる読者が少ないので、人気作品のみ単行本化されます。

少年漫画系のように量産すると不良在庫が増えてしまい会社経営がやばくなるからです。

 

キャラクター設定の時点で失敗している作品も珍しい。

兄貴や友人がボケまくるのを主人公が突っ込むというギャグマンガのタイプですが、

主人公のタイプがおっとり受け身系キャラのため、突っ込みに向いていない。

(しかも、突っ込む言葉が普段の主人公の言葉とは違いすぎて違和感を感じてしまう)

兄貴もオタクという設定だが、その設定を全然生かしきれていないし、

構成が下手すぎて、トラブルメーカーの『ちーちゃん』の面白さが伝わってこない。

 

また、最近はオチをわざと作らないタイプの作品が多いが、この作品もいくつか導入している。

これは作者のセンスに頼るシステムで、あずまきよひこ先生が有名だろう。

(このシステムをセンスが無い人がすると、こちら の作品(上から2つ目)のようになる)

残念ながら、この作者もあまりセンスが無い人のようで、このシステムの作品よりも、

オチがある作品の方が面白くなっているが、それでもネットレベルくらいだと思う。

 

後半になれば、構成もそれなりのレベルになってくるが、

それでも、私が知っている4コマ作品のレベルまでは達しなかったことが残念だ。

 

最後に、絵のセンスはあると思うが、1枚絵のように丁寧に書いた方が人気が出ると思う。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

オチをわざと作らないタイプの作品をやりたいならば、キャラクターをもっと魅力的に描く必要がある。

どちらにしても、まずはキャラクター設定を丁寧に作るようにしないと人気が出ない思う。

 

点数的には、

45点

くらいだろうか。

 

キャラクターの作り方、4コママンガの構成の仕方、絵のレベルなど、

全ての面で素人が作った4コママンガという感じが否めない。

残念ながら、面白い作品ではない。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。