まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『あいこら 2巻 (井上和郎)』

井上 和郎
あいこら 2 (2)

 

過去記事はこちら

 

『変態漫画家』の名を欲しいままにする井上先生の最新刊。

内容もその変態ぶりをいかんなく発揮するその能力にホントに驚きます。

いや、マジで面白いんですけどね(^^ゞ。

 

 

【あらすじ】

愛はハートよりパーツ!? 憧れの東京にやってきたとたん、瞳・胸・脚・声と好みのパーツを持つ女の子4人と一挙に出会ってしまった前田ハチベエの学園生活をめぐる、新感覚ピンポイントラブコメ!!  

 

 

作者曰く、『2巻はギャグを多くした』とのことで、

非常に笑わせて読ませていただきました(^^ゞ。

特に、

 

「罪を憎んで、フェチを憎まず」

 

は爆笑しました。 

無駄にカッコよく感じたのはこの作品に毒された証拠か(^^;。

 

 

さてここから詳しくレビュー。

今巻は全体的に、前巻と違いヒロインの4人を上手く回している。

特に『理想の胸』を持つ月野弓雁がいい感じに片思いキャラしてます。

表紙絵でも真ん中に来ているくらいだから、

もしかしてこの作品の一番人気キャラなのかも。

 

『青い瞳』の天幕桜子も良い感じにツンデレしてますし、

『サニーちゃんの脚』を持つ雨柳つばめ先生も1巻よりも登場が多かった。

(『声』の鳳桐乃はどうでもいいや)

ホント、このめちゃくちゃな設定で話を回せる作者の才能には驚きますね。

 

そして、ただでさえ4人のヒロインが多すぎるのに、

さらに『くびれ』を持つ八ツ橋あやめがヒロインの一人に加わりました。

ホント、彼女なんか一発キャラの匂いがプンプンしていただけに、

いったい彼女をどう回していくのか、非常に気になるところ。

(まあ、この作者のことだから適当に回せると思うけど)

 

---------------------------------------------

 

ということで、かなり面白い完成度の高い巻でした。

いや~、ホントに面白かったですよ(^^ゞ。

買うか買わないか迷ったけど、買って正解でした。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。