廊下を駆け足で、「ヤバイ、ヤバイ。」 | THMIS mama “お洒落の小部屋”

THMIS mama “お洒落の小部屋”

素敵なストーリーを多くの皆様へ!


テーマ:

ドキドキ 廊下を駆け足で、
「ヤバイ、ヤバイ。」
階段を上って、
「先生、おはようございます。」

階段の中段くらいの甫と栞奈、
「おぉ~っと。」
「えっ…???…あっ、ははは。おはよう。遅刻かな~~。」

階段を上り切って振り返って佐智子、
「す、すいません。ちょっと…バタバタしてて…。」

「すぐ、朝礼、始まるぞ~。」
甫。

「あっ、はい。すみません。」

教室のドアを開けて、
「ふぅ~~。間に合った~~。ヤバイ、ヤバイ。」

席に着いた佐智子に可羊子、
「おはよ。」

「どしたの~~。珍しいサッチン、遅刻ギリギリなんて~。」
鈴鹿。

「かかかか。いやいや。何とも、何とも、二度寝だよ。かあさんと、とうさん、昨日から葬儀で東北なんだ。…で、弟と二人っきりなんだ。」

可羊子、
「ふ~~ん。」

「準備は全部やってったんだけど…。なんだかんだでね。」

「起立~~。」

佐智子、
「おっと。」


泉川学院高等学校、朝の始まりである。



「でぇ~~矢島~~。んふ~ん。あの先生~~。」
可南子の頭に園加。

「へぇ~~。綺麗な先生~~。」
少しだけ後ろに頭を傾けて可南子。

「…っでしょう~~。」
「あの先生も…ここの美人教師四天王のひとり。芝波田夏妃先生。」

「ふ~~ん。うんうんうん。」
「で~~、もひとつ。」

「もひとつ…???」
「あの先生…、我がバドの顧問だよ~~。」

「へっ、そうなんだ…???…へぇ~~。英語の先生で、バドなんだ~~。な~んか…カッコいい~~。ふんふんふん。…凄いよね。英語の発音綺麗~~。」
可南子。

「そりゃ、そうさ、夏妃先生、海外留学の経験者だもん。」
「わお。」

「はい、それじゃ~~。今日は誰から行くかな~~。」
夏妃。

教室内、
「シ~~ン。」

可南子、頭の中で、
「…えっ、何々…???」

「はい。では…、矢口君。」

「うそ――――――――っ!!!」
名前を指名されての矢口定活(やぐちさだかつ)。

その瞬間、教室内、一気に、
「ヨシ。矢口~~~。」
男子生徒たち。

「矢口君、頑張れ~~。キャハハハハ。」
女子生徒たち。

可南子、
「えっえっ…???」

「生徒と教師の英語での問答よ。」
園加。
「確かに、教科書は教科書なんだけど…。その教科書中から、また別のエクササイズ。とにかく何でも良いの。自分で気付いた事を英語で話す。それがまずは先生から。そして、それを今度は生徒が応える。夏妃先生、これ好きだからね~~。」

「だから、みんな、いっつもドキドキしてんの。」
園加の隣席の柚木梨花(ゆずきりか)。

「でも…、間違ってもOKなんだよ。しっかりと先生、フォローしてくれる。ユニークに…。」

定活、おろおろとしながら、しどろもどろに夏妃の言葉に応える。
そして定活の傍で、まるで世間話でもするようにリラックスした感じの夏妃。

夏妃、
「OK~。Good job.な~に、なに、定活~~。リラックス~~。」

「いや…、そんな事言ったって…。」
定活。

夏妃、
「まっ。そりゃ、そっか~~。緊張するよね~~。はははは。」

教室内、ドドッと爆笑。

「さて、次は~~。」













※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

Vネックワンピース 無地 ブラウジング Aライン エレガント フェミニン レトロ ヴィンテージ...
¥2,938
楽天

ニットワンピース ミディアム ニット vネック ワンピース ロングワンピース ボーダー
¥2,700
楽天

THMIS mamaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ