添付ファイルへのパスワード設定の必要性について | 35歳未経験から! WebデザイナーになるBlog。

35歳未経験から! WebデザイナーになるBlog。

未経験からWebデザイナーを目指し、奮闘する日々。

メールの危険性についてのコラムを書くことになり、調べたことを備忘録としてまとめておきたいと思います。

添付ファイルへのパスワード設定の必要性

メールは文字通りネット上の「郵便」です。
特定の相手にメッセージやファイルを送信するのに非常に便利なのでビジネスやプライベートなど幅広い用途に利用されています。
重要なファイルをメール添付で送ることは多いと思いますが、そこには情報漏洩のリスクが潜んでいます。

メールは、メールサーバーと呼ばれる専用のサーバーを介して人から人へ届けられる仕組みになっているのですが、この過程で情報の盗み見をすることが技術的に可能です。これをタッピング(盗聴)と言います。
また、送信先のメールアドレスを間違えて入力してしまうと意図しない相手に届いてしまう可能性もあるため、重要なファイルや社外秘のファイルをメール添付で送る際には何らかのセキュリティ対策が必要です。メールは盗み見される可能性があるもの、間違って届くものという認識を持って、そ>の場合でも情報が漏洩しないように対策を考えるのが基本であることを念頭に置く必要があります。

添付ファイルにパスワードを設定する

そこで考えられるのが、メール添付で送る重要ファイルにパスワードでロックを掛ける方法です。これなら盗聴されたり、間違って意図しない相手に送ってしまったとしても添付ファイルを開かれるリスクが低くなるので、セキュリティ対策として有効です。
添付ファイルにパスワードを掛ける方法は、いくつかあります。
WordやExcelのファイルであればそれぞれのソフトにパスワードを掛ける機能があるのでそれを利用する方法、もしくはパスワード機能がないソフトのファイルなどは圧縮する際にパスワードを掛けるという方法が考えられます。

パスワードの送り方

ファイルが添付されているメールにパスワードを書き込むのは、キャッシュカードと暗証番号を一緒に送付するようなもので 意味がありません。
だからと言って別便のメールで送るというのも、誤操作防止の意識を高める上では役立つものの、やはり同様に漏洩のリスクがあるのでおすすめではないようです。
通目のメールが盗聴できたということは、通目を盗聴することも、容易にできてしまうからです。
メール添付でパスワードロックされたファイルを送信して、パスワードを伝える際は電話を利用する、事前に相手と決めておく。メッセンジャーソフトや LINE など別の方法で送る、もしくは受け手の携帯電話の最後の桁など相手しか知らない情報にするのが安全です。
これにより、メールとパスワードが、同じルートをたどることを防ぐことができるため、誤送信と盗聴というリスクに対して、対策ができます。
メール添付で重要なファイルを送る際のセキュリティとしてファイルにパスワードを掛けるのが最も手軽で確実な方法ではありますが、この方法は決して万能ではないことも留意する必要があります。
ファイルに掛けられたパスワードは解除する方法が存在し、場合によっては第三者にパスワードが解除されて盗み見されてしまうことがあります。メール添付で送信するファイルにパスワードを掛けることは有効ではありますが、絶対に安全であることとイコールではないという意識を持つことは重要です。



にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ