$☆USA☆ My Days in New Jersey

去年の12月のこと。

オーストラリアのパースで、
ブラッドリージョンズという
34歳のオーストラリア人男性が




2人の幼い子供の目の前で、
妻である日本人女性さおりさん31歳を殴り殺し、

遺体を自宅に2週間も放置するという事件が起きました。

この男性、
たった3~5年程の服役で刑務所から出てこれちゃうそうです。

この判決に対しては
「刑が軽過ぎる」という避難の声が
オーストラリア国内でも上がっているのですが.....

何なんでしょうね、一体。

オーストラリアでは
イスラム圏と同じように
女性には人権が無いんでしょうか?

それとも
妻がアジア人女性だったから
こんなに男性の刑が軽くて済んだのでしょうか?



いろんな意味で不愉快な事件です。

ニュース掲載元:Perth Now  Wife killer Bradley Wayne Jones gets five years in Jail


しかし、
犯人が逮捕されているだけまだマシとしかいいようのない事件が
アメリカでも起きましたね。


2007年にサンディエゴ近郊の砂漠で発見された白骨遺体が
行方不明になっていた日本人女性、小川文子さんであると判明
したそうですが、

$☆USA☆ My Days in New Jersey
夫のアメリカ人男性
アンソニーシモノーがどうも怪しい

地元のサンディエゴ警察が捜査しているそうです。

ニュース掲載元:10News.com 
Detectives Investigate Man's Possible Role In Wife's Death




間違いなくこの男が小川文子さんを殺害した犯人でしょうね。

この男、おんなじ種類の匂いがします、私の元夫と。


私も運が悪ければ、
遺体さえも発見されずに
人知れず山中の雑木林の中に埋もれていたかもしれなかったということは
以前にブログにも書きましたが、

15) 死へのハイキング?◆夫の不可解な言動と寝袋の謎◆

小川文子さんが遺体となって発見されるに至ったのは
不運に不運が重なった結果といえるでしょう。

誰だって自分が殺されると思って男性とつき合ったり、結婚したりなんかしません。


「まさか自分が」と思っているから殺されるんです。

そういうもんです。

女性の殺害事件で一番多いのは、
夫や恋人などの身近な男性による犯行
なんですよね。

アジア人女性は文化的な背景の影響で
男性に従順であることを美徳と考えるため、
虐待されても黙って我慢してしまう傾向が強いのだそうです。

国際結婚をしてはるばる海を渡って夫の母国へ嫁いできた女性というものは
特に始めの数年は何かと夫に頼らざるを得ない事も多いため
力関係がどうしても形成されてしまいがちです。

そんな中でアドバンテージをとる男性に苦しめられる女性が
後を絶ちません。

このオーストラリアの妻殺しのブラッドリージョンズや私の元夫、
そしてこの小川文子さん殺人の疑いが濃厚なアンソニーシモノーのような男性には
多くの共通点がみられます。

その共通点とは何か?

以下に10の危険な兆候であるといえる彼らの共通点をあげたリスト作成しました。

これらのチェックリストの回答として、YESといえる数が多ければ多い程、
あなたの夫は要注意人物、
つまりあなたを計画的に殺害するかもしれない凶悪な人物かもしれません。

まともな男性と結婚している女性なら
YESと回答する必要のある項目はひとつも無いはずです。

1)万引きをする

$☆USA☆ My Days in New Jersey
私の元夫は一度、
平然と私の目の前でライターを万引きしました。

私が万引き行為を非難すると、
二度と私の目の前ですることはありませんでしたが、
私のいないところではどうだったかは分かりません。




興味深いことに小川文子さん殺人容疑のかかっているシモノーという男性は
ハワイのスーパーで300ドル相当の商品を万引きして捕まったことから足がついて
事件が発覚したそうですね。

万引きをする心理は、「見つからなければよい」です。
つまり万引きをする人間というのは、
犯罪行為に対して罪の意識が薄いので、
基本的に「見つからなければ悪いことをしてもよい」と考えています。



2)金の使い方が利己的である

もしあなたの旦那さんがロトを当て、100万円を入手したら
妻であるあなたの所へ持って来てシェアしようとするでしょうか?
それともあなたには告げず、自分の欲しいものを買うでしょうか。

私の元夫は、私と結婚して間もない頃に
彼の親族から200万ほどの遺産を相続したのですが
そのことは私には告げず、
自分の為に新しいスポーツカーを買いました。

小川文子さん殺人容疑のかかっているシモノーという男性は
小川文子さんと離婚協議中だった2002年に、
小川さんが遺産相続をしたことを知って、急に離婚協議を取り下げ、
その後、
ランドローバー4台、ハマー1台、その他の車2台、つまり合計7台の車
ボート4隻、バイク1台を購入したそうです。


3)アルコールの問題を抱えている

$☆USA☆ My Days in New Jersey

私の元夫はアルコールを毎晩飲む人で、
お酒が入ると抑制が利かなくなり、
怒りを爆発させては
暴言を吐いたり、家の中の物を壊したりしていました。





さおりさんを殺害したブラッドリージョンズは
アルコール依存症で
さおりさんを殴り殺した日も、酒を飲んでいたそうです。

4)動物を殺した事がある

私の元夫は私の目の前で動物を殺害したことがありますが、
動物を殺す人は、人も殺します。

凶悪殺人を犯す人間は殆どの場合、
人を殺す前に、動物を殺した経験を持っています。

5)犯罪歴がある

殺人を計画するような人間は
「バレなければ悪いことをしても良い」と考えていますので、
犯罪を犯すことについて、罪の意識が希薄です。

ですから大抵の場合は
暴行、落書き、万引き、飲酒運転、などの軽犯罪の前科を持っていたり
誰かからリストレーニングオーダー(接近禁止命令)をとられた経験があります。

6)人を殺したことがあるか?と聞いた時の反応が奇妙である

$☆USA☆ My Days in New Jersey

私の元夫がアーミーにいた経験があったので
一度何の気無しに
「人を殺したことがあるのか?」
と聞いてみたことがあります。

その時の反応は今でも忘れられません。





長い沈黙の後、ぎろっと私を睨み、「あると言ったらどうする?」と言ったのです。
明らかに普通の会話で出てくることはない異常な反応の仕方でした。

小川さん殺害容疑のシモノーは
文子さん失踪後も、捜索願を出さず、
妻は生きているけど別居中だとか周囲に嘘をつき続け、
出会い系サイトを利用して女性達と交際し、
ある女性には「人を殺したことがある」等と話していたそうです。

7)ドラッグを常用している

ドラッグをやると社会人としての能力が落ちるため、収入が減りますが
ドラッグを買う為に支出が増えるので
往々にして金に困るようになります。

ドラッグを常用すると、意思や知性、感情が弱くなり、
常識や善悪の判断力が欠如するので、犯罪を犯しやすくなります。

つまりドラッグをやる人間は
金を手に入れる為に犯罪を犯しやすくなる傾向があります。

8)DV(ドメスティックバイオレンス)を受けている

$☆USA☆ My Days in New Jersey

私も元夫からDVを受けていましたが、
さおりジョーンズさんも、
小川文子さんも同様に
夫からDVを受けていたそうです。





結果的として
さおりジョーンズさんは夫から殴り殺され、
文子さんは失踪、
夫からは
「俺から逃げようとしたら殺すからな」と言われていたことが
シモノーの知人の証言から分かっています。

9)あなたに多額の生命保険をかけている

私の元夫は自分が死亡した場合、私に保険金が入るような生命保険には加入していませんでしたが、
私が死亡した場合には彼に高額の保険金が入るような保険には加入していました。

小川さん殺害容疑のシモノーは
小川さんに高額の生命保険金をかけていたそうです。

10)過去につき合った女性達からひどく恨まれている

私の元夫と過去につき合ったことのある女性2名と面識がありますが、
2人ともひどく元夫の事を恨んでいる様子で、私に対して
「あの男とは絶対に別れた方が身のためだ」と言われました。

小川さん殺害容疑のシモノーは
出会い系サイトで、自分の職業を医者だと偽り、
日本人女性を食い荒らしては、金をだまし取る常習犯だったそうですね。
沢山の被害者女性達がネットに彼の悪行の数々を書き込んでいるのですが、
「女性をゴミのように扱う」そうで、とのかくひどく恨まれているようです。


私は自分のDV体験をブログに書いていますので、
沢山のDV被害者や、元経験者の方からメールを頂きますが、
今、これを見ていらっしゃる現役のDV被害者の方で、

もしもYESの数が半分以上あるのならば
できるだけ早くシェルターに逃げることをお勧めします。


繰り返しますが、
誰も殺されると思って殺される人などいないのです。

「まさか自分が」と思っているからこそ、まんまと殺されてしまうのです。


$☆USA☆ My Days in New Jersey

小川文子さんの遺骨が発見された
サンディエゴ近郊の
アンザブレゴ砂漠。

こんな所に一人きりで...
ご遺体が発見されるまで
どんなに無念で寂しかった
ことでしょう。

◆ I hope Fumiko & Saori RIP ◆