高次元からのメッセージ!未来を知ることができるチャネリング | 広瀬学「不思議ジャーナリストのつぶやき」(奇妙な物語)

広瀬学「不思議ジャーナリストのつぶやき」(奇妙な物語)

不思議ジャーナリスト:広瀬学がお伝えする、とても怪しい真実を語ります。


テーマ:

 

人間よりも高次元の領域にいると言われる、より高度な知識を持つ

生命体とコミュニケーションをとってメッセージを得ることを、

「チャネリング」と呼びます。チャネリングは訓練をすれば、

誰もができるようになるものです。

 

 

チャネリングの方法には、大きく分けて「コンシャスチャネリング」と

「アンコンシャスチャネリング」の2種類があります。

 

コンシャスチャネリングとは、チャネラー自身がはっきりと

意識のある状態で行うチャネリングのことです。

 

チャネリングの最中にどんなことがあったかをチャネラー

自身が知ることができますが、行うのは難しいとされています。

 

アンコンシャスチャネリングは、チャネラーがトランス状態に

なっているときに行われるチャネリングです。

 

別名トランスチャネリングとも呼ばれます。チャネラー自身が

チャネリング中に起こったことを思い出すことはできません。

 

日本には死んだ方の霊と交流して、霊の意思を伝えるイタコという

霊媒師もいますが、これもアンコンシャスチャネリングに含まれます。

 

チャネリングで交流できるのは、ハイヤーセルフ・ガイド(指導霊)

・守護霊・神様・天使・妖精・精霊・死者の霊・宇宙意識といったものです。

 

ハイヤーセルフとは高次の自分のことで、何度生まれ変わっても変わることがない

魂の本質だとされています。生まれ変わる中で得た膨大な知識を持っています。

 

チャネリングをすることで、さまざまな知識や未来の出来事を知ることができるとされています。

なぜ未来のことを知れるのかというと、高次元の存在は空間や次元を超越しているからです。

 

重要な選択をする際、未来のことが分からないと不安になるかもしれません。

そんなときは、チャネリングで高次元の存在からメッセージをもらえば、

選択の助けになるかもしれません。

 

何かに迷うことがあったら、チャネリングに挑戦してみてください。

 

ただし、チャネリングは不安定な精神状態のときに行うと危険なこともあるため、

ご注意ください。ネガティブな精神状態でチャネリングすると、悪霊や負のエネルギーに

通じてしまう可能性があります。

 

そんなときはチャネリングではなく、まず精神を安定させることに努めましょう。

 

まとめ

チャネリングとは、ハイヤーセルフや守護霊といった高次元の存在からメッセージを得ることです。

チャネラーが目覚めた状態で行うコンシャスチャネリングと、トランス状態で行うアンコンシャスチャネリングがあります。

人生に迷ったときは、チャネリングを通してなにかヒントを得られるかもしれません。

 


 


 

 

GIG・INSPIR・チャネリング(ジグ・インスパイアーチェネリング)

 

広瀬学 ニュース
登録(無料)


・ HPやブログでは話せない情裏報も配信します!
 ・フルソマK-22、超微細ミネラル水など月に1度しか販売しないセールス情報のメールを配信します!
 ・特売セールやプレゼント情報を配信します!

有料レベルの情報を無料で配信していますのでよろしければ登録して下さい。
 

 

 

不思議ジャーナリスト 広瀬 学さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス