広瀬学「不思議ジャーナリストのつぶやき」(奇妙な物語)

波動ジャーナリスト:広瀬学がお伝えする、とても怪しい真実を語ります。


テーマ:
宇宙人に連れ去られたような気分になった・・。

その実験が終ったとき。「脳みそが蕩けそうになった事」を今でもはっきり覚えている。

テネモスは、塩酸を吸引サイクルにしたのだ!!

塩酸とはとても危険な化学薬品だ。

塩酸の事件と言えば

美空ひばり塩酸事件 転載

【19歳と19歳】

 1957年1月13日午後9時半頃、国際劇場で「花吹雪おしどり絵巻」に出演していた美空ひばり(本名加藤和枝 当時19歳)は八景「春はジャズに乗って」を終え、ドレスの上にハンテンを着て舞台上手のカーテンのかげで十景のフィナーレの出番を待っていた。
 この公演もこの夜が千秋楽で、超満員の入り。この後ひばりは夜行に乗って大坂に向かい、15日から梅田の北野劇場で実演に出演する予定だった。

 客席には茶色の上着を着たA子(当時19歳)がいた。
 ひばりが歌い出そうと足を踏み出した時、A子は突然花道にはい上がり、
「ひばりちゃん!」
 とひばりに近づいて、上着のポケットに入れていたビンを手に取り、「エイッ!・・・エエイッ!」と中に入った塩酸を浴びせかけた。ひばりは顔や胸などに火傷を負い、近くにいた俳優ら3人も塩酸を浴びた。

「その女を捕まえてくれ!」
 誰かがそう叫び、ひばりは顔をおさえてよろめいていた。A子は舞台裏の方へ逃げて行こうとしたが、幕の外で舞台を見ていたブロマイド出版業者の男性に捕まり、劇場職員に引き渡された。この時、A子はたいした抵抗もしなかったという。

 ひばりは付き添いの母親らに抱えられ、近くの浅草寺病院で手当を受けた。顔左半分、首、胸の両乳の間、背中の左半分に火傷を負い、全治三週間。当時着ていたハンテンは襟の部分がほとんど焦げ、ドレスも胸が焼けていた。火傷を負った他の3人は、付き添いの佐藤一夫さん(当時31歳)が右目下に全治一週間、俳優の世話人西村真一さん(当時20歳)は顔面に全治二週間で失明の恐れもある火傷、日活俳優南博之さん(当時39歳)は顔面に軽傷を負った。

 事件の直後、「ひばり急病のため、最後まで出演できなくなりました」と劇場でアナウンスがあり、事件を知った熱心なひばりファンは「もうあの顔も見られない」と泣き崩れた。




本当に危ない化学薬品である。


塩酸実験 経緯・・・・


私がテネモスに、マナウォーター(大)を買いに行ったとき、その実験は行われた。

突如 テネモスの釘本さんが、塩酸を机の上に置いた。

「広瀬さん、10円玉持っていますか」

「え、塩酸で10円をきれいにします」

「はぁ~、」私はよく分からなかったので、財布から10円を出した。

すると、釘本さんはビンの中に手を入れて、指に塩酸をつけた。

実はその時私は、釘本さんが手に塩酸をつけている事を確認していなかった。
$科学とオカルト「波動ジャーナリストのつぶやき」(オプティマルライフ)

$科学とオカルト「波動ジャーナリストのつぶやき」(オプティマルライフ)

$科学とオカルト「波動ジャーナリストのつぶやき」(オプティマルライフ)

そして、10円玉を擦ると、10円は綺麗になった。

それはある意味当たり前だった。

まさか、私が100%純粋の塩酸に指を触れる事になるとまだ思っていなかったのだ。



実験が終わって、ふと我に返った。


えええええええええええ・・・・・・・・・・

頭の中で、やっと理解できた。

「指溶けてないよ、痛くもないよ、ヤケドもしてないよ。」

釘本さんは言った。

「塩酸も吸引サイクルにすると、人に害を与えなくなる。でも、10円玉はちゃんときれいになったでしょ。」

自分の手をじっと見つめた。


下の写真が、今現在の私の指である・・・・。

$科学とオカルト「波動ジャーナリストのつぶやき」(オプティマルライフ)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。