国民民主党が発足②

テーマ:
※スマートフォン端末からご登録頂く際には、必ずブラウザ(Safari等)にてご登録をお願いします。
    ↓↓
おかねが貯まるモッピー

 国民民主党の共同代表に就任した玉木雄一郎氏は「安倍政権に代わる政権の中軸を担う。新しいビジョンや政策を提案していく。」と決意表明しました。

 人口知能(AI)の活用や政府が最低限の生活を保障するベーシックインカムなどを政策の柱に位置づけるとも説明し、新味を打ち出そうとしました。

 しかし、安全保障法制については「違憲と指摘される部分を白紙撤回する」とするなど、基本政策を玉虫色にして、新党の結党を急いだ側面は否めません。

 民進参院会長だった小川敏夫氏は、立憲民主党に入党届を出しました。
 「新党は安保政策であいまいなところがある。(安保法制撤廃を訴え)政策がはっきりとしている立憲民主党の方に共鳴した。」と小川氏は述べておられます。

 元民主党幹事長で、希望の党の結党メンバーの細野豪志元環境相も新党に合流せず、無所属になることを表明しました。
 「国家の基本である外交や安全保障、憲法が結局まとまらなかったことが民主党の失敗だった。同じ轍を踏むんじゃないかとの懸念を持った。」と細野氏は述べておられます。

 来年は春に統一地方選、夏に参院選が予定されています。

 国民民主党の共同代表に就任した大塚耕平氏は、選挙協力について「共産党にも協力していただきたい」と述べておられます。

 これに対して、日本共産党の小池晃書記局長は、「共闘で戦おうと考えるなら、共通政策と相互支援を求める我々の提起を踏まえ、国民民主党が共闘にどう臨むかだ。」と注文を付けました。

 さらに大塚、玉木両氏が、参院選比例区で立憲と統一名簿を作る方式に期待を寄せる発言を繰り返していることについては、立憲民主党の枝野幸男代表は「選挙目当てそのものと言われ、有権者の理解を得るのは難しい。」と不快感を示しました。

 新党 国民民主党の船出は大変厳しいものとなり、先行きやかじ取りの方向性も不透明な状況であると言えます。

 今後、国民民主党はどのようにして国民の支持を獲得し、政策展開していくのか、私はそのあたりを注視していこうと思います。

  ☆★☆★☆★☆★☆★

※スマートフォン端末からご登録頂く際には、必ずブラウザ(Safari等)にてご登録をお願いします。
    ↓↓
無料ゲーム満載☆
ケータイポイントモッピー


 私は在宅ワークに取り組んでいます。

 携帯かスマホかパソコンを使った、簡単な入力業務です。

 ノルマといったものは、一切ございません。

 お小遣い稼ぎとして、また副業在宅ワークとして、ライフスタイルに合わせて、安心して取り組んで頂けます(高収入を得ることも可能です)。

 詳細につきましては、URLよりご覧頂き、ぜひ、無料の登録をご検討下さい。

※スマートフォン端末からご登録頂く際には、必ずブラウザ(Safari等)にてご登録をお願いします。
      ↓↓
http://moppy.jp/top.php?vcQBe184


☆相互リンクサイト

カリスマ★モバイル
携帯カリスマ集結


PVランキング
PVランキング


★imodeBEST100★

キラキラ優良HP検索キラキラ
AWALEKRあし

携帯サイト検索ランキング☆HoosenRanking
検索ちゃん
Mobile Master
優良mobile検索
TOP1☆RANKING

優良HP検索-[HP CLUB]-
★TOP Ranker☆
AD