※スマートフォン端末からご登録頂く際には、必ずブラウザ(Safari等)にてご登録をお願いします。
    ↓↓
おかねが貯まるモッピー

 働き方改革関連法は8本の改正法が束ねられ、労働時間規制の緩和策や強化策などの幅広い内容が盛り込まれています。

 先月の参院本会議で、自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数で可決されました。

 残業時間は現在、労使協定を結べば事実上、青天井となっています。

 規制強化となる残業時間の上限規制は、労使協定を結んだ場合でも残業は「月45時間」を原則とし、特に忙しい月でも「月100時間未満」といった上限を設定しています。

 これを超えて働かせた企業には罰則を科すとしています。

 また、終業から始業までに一定の休息時間を確保させる「勤務間インターバル制度」を設けるよう、企業に努力義務を課す計画です。

 一方、規制緩和にあたる「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」は、高年収の一部専門職を労働時間に関する保護から完全に外す制度であります。

 会社側は、高プロが適用された働き手の労働時間を把握する義務がなくなり、深夜・休日労働の割増賃金も払う必要がなくなります。

 「4週間で4日以上の休日確保」といった健康確保措置はあるものの、際限なく働かされる懸念が残っています。

 また、高プロがもとでの様々な労働災害等の懸念の声が多方面からあがっています。

 政府は高プロの対象として、年収が1075万円以上の、金融商品開発やコンサルタントなどの業務を想定していますが、具体的には厚生労働省の省令で定めるとしています。

 厚労省は今月から省令などを議論する労働政策審議会(厚労省の諮問機関)を開き、高プロ制度の具体化などを進めていく方針です。

 次回、「働き方改革関連法について③」に続きます。

  ☆★☆★☆★☆★☆★

※スマートフォン端末からご登録頂く際には、必ずブラウザ(Safari等)にてご登録をお願いします。
    ↓↓
無料ゲーム満載☆
ケータイポイントモッピー


 私は在宅ワークに取り組んでいます。

 携帯かスマホかパソコンを使った、簡単な入力業務です。

 ノルマといったものは、一切ございません。

 お小遣い稼ぎとして、また副業在宅ワークとして、ライフスタイルに合わせて、安心して取り組んで頂けます(高収入を得ることも可能です)。

 詳細につきましては、URLよりご覧頂き、ぜひ、無料の登録をご検討下さい。

※スマートフォン端末からご登録頂く際には、必ずブラウザ(Safari等)にてご登録をお願いします。
      ↓↓
http://moppy.jp/top.php?vcQBe184


☆相互リンクサイト

カリスマ★モバイル
携帯カリスマ集結



★imodeBEST100★

キラキラ優良HP検索キラキラ
AWALEKRあし

携帯サイト検索ランキング☆HoosenRanking
検索ちゃん
Mobile Master
優良mobile検索
TOP1☆RANKING

優良HP検索-[HP CLUB]-
★TOP Ranker☆
モバイルキング-最強携帯サイト検索