グロインペイン症候群

テーマ:
◎1日3組限定 マッサージ・骨盤調整半額(60分3400円) 
 詳細はこちら

◎美容メニュー コラーゲン復活 リフトアップなど
 動画はこちら

◎働く仲間募集中です!!
 詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんにちは鈴木です

最近グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)
の疑いのある学生が多く来院しています
痛みによりサッカーを続けるのが困難になる疾患です

プロサッカー選手でも多くの選手が悩まされているようです


【痛みの部位】
下腹部~恥骨付近  鼠径部  内転筋上部 など




【傾向】
サッカー選手に多い
1度なると完治までに時間を要する



【考えられる原因】
過度の切り返し
上半身・下半身の協調性不足
急に来たボールをクリアするなどの体勢不十分でのキック
キックのし過ぎ



関与されると考えられている周囲の筋肉

腸腰筋
腰椎から大腿骨の小転子に付着
股関節の屈曲 (外旋)

キック、ダッシュ

大腰筋・腸骨筋の2つから成り
大腿骨に巻き付くような形で付着
深部に位置する筋肉なので、長鍼によりアプローチ



長・短内転筋・大内転筋・恥骨筋

恥骨から大腿骨に付着
股関節の内転 (屈曲)(内旋)

インサイドキック、インフロントキック(ロングキック)、切り返し



これらの筋肉の中にはは表面の筋肉を何枚か削いだ奥にあるものがあるので、やんわりとしたマッサージや針ではアプローチしにくいです。



腹直筋>

中位肋軟骨~恥骨に付着
体幹屈曲  (骨盤引き上げ) (腹腔内圧上昇)

体幹まで使った勢いのあるキック、強めのヘディング、競り合い



<>外腹斜筋

中位・下位肋骨~鼠経靱帯・腹直筋鞘
体幹回旋 (屈曲) (側屈)

身体をひねったキック、競り合い、横からのボールを前にヘディング







身体全体でみていくと原因となる筋肉や動作は他にもあります。

完治までは数カ月以上を要することがあり,
痛みのためにキック・ダッシュができないので、
選手はストレスが溜まります



復帰後に再発のない状態にすべく
当院では原因を特定し、状態に合わせた治療・リハビリをおこないます。

特に当院の治療では鍼治療が大きな効果をあげられています
早期の症状であれば
週2回の鍼治療でサッカーをやりながら経過がよくなっている
選手がおります。





グロインペインの疑いで
痛みの改善がない
痛みがなく復帰したがまた痛くなった

等があれば一度ご相談ください(^^)/




【下記3店舗で地域へのサポートを行なっております】
お近くの整骨院へどうぞお越しください

(順天堂病院前)
新浦安しんもり整骨院 今川院

(東西線浦安駅0分)
クローバー鍼灸整骨院

(リハビリケアセンター)
新浦安しんもり整骨院 入船院

皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております
浦安・葛西・行徳・船橋・市川・東京都内からお越し頂いております。

■スポーツのケガ■肩こり■腰痛■頭痛■しびれ■交通事故治療■むちうち■美容鍼など
◎マッサージ◎鍼治療◎骨盤調整◎PNFストレッチ◎むち打ち などで根本改善を目指します!

AD