南福島整体院の大内です。

 

来院されたクライアント様に湿布ではなくホッカイロというお話をさせていただいています。

 

痛み=湿布と考えがちですが、最近の考え方は慢性的な痛みには湿布よりも温めた方が治癒が早まるという臨床結果が出ています。また急性の捻挫などの痛みははじめは冷やしますが、その後ある程度動かせるようになったら温めた方が早く良くなるようです。

 

明日10日、19:30からNHKで、東洋医学ホントのチカラ「健康の大問題 解決SP」という番組のなかでこの冷やすのではなく温めるということをやるようです。慢性的な痛みをかかえていらっしゃる方のヒントになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お陰様で有り難うございます。