南福島整体院の大内です。

 

 

新型コロナウィルスのワクチン接種時期はまだ決定していませんが、県では3月中旬から医療従事者、下旬からは65歳以上の方へ接種を始めるとしています。

 

このワクチンはインフルエンザなどのワクチンとは違い「核酸ワクチン」といい、ヒトの体のなかでウイルスの成分のタンパク質を作らせて免疫系を刺激するものだそうです。世界各地で接種が始まり、つい先日はターミネーターで有名な米国俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさんも自身のSNSで車の助手席からワクチンを接種しているところを動画投稿をしていました。

 

このワクチンは人間が経験する初めてのタイプのワクチンなので副反応(ワクチンは副作用ではなく副反応というらしい)などがどう出るのか、長期的な安全性はどうなのかなど不安要素があるわけです。SNSでは専門家たちが世界に先駆けて大規模に接種がはじまったイスラエルの状況を注視しています。

 

まだ安全性はどうなのかという不安はありますので接種する、しないは個人がしっかりと判断してテレビなどマスコミなどに左右されないでしっかりと判断したいものです。厚生労働省のホームページにも以下のように強制ではありません。受ける方の同意なく接種されることはありませんとあります。

 

 

新型コロナワクチンの接種についてのお知らせ|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

 

で、知識を得るためにこちらの本を購入してみました。

新型コロナウイルスのいままでにわかってきたこと、ワクチンの基礎について、今回のワクチンについて、免疫について、PCR検査について(Ct値については触れられていない)、情報の捉え方について。編集者との会話形式なので、専門的でわかりにくい部分は編集者が繰り返し解説を返してくれるので、わかりやすくまとめられています。