セミナー開催

テーマ:

南福島整体院の大内です。


昨年に引き続き7月16日に大川グループ様にて仙台やすらぎの杜整体院の上川名おさむ先生が主宰されている多次元操体法の世界をお伝えさせていただきました。

 

昨年は初めて操体法に触れる先生方が多かったので、創始者の橋本敬三先生のお話や操体法の哲学という基礎の部分からお話をさせていただきました。

今回は2回目ということで実技中心に行う予定でしたが、多次元操体法の考え方をお話しているうちに1時間が経過してしまいました。

多次元操体法は手技も大事ですが、施術者の体の見方、考え方というのも非常に大切にしている部分なので力が入ってしまいました。




実際の手技に入る前に多次元操体法のデモを参加の先生のお体をお借りして行いました。

まずはじめにただ触れているだけで、体がどのように変化するのかをやってみました。

股関節に痛みのある先生にデモをお願いしました。

ただ足に触れているだけです。

多次元タッチと言われますが、多次元操体法はソフトにやさしく触れます。

約2分ぐらい触れていただけですが、その先生からオーバーとも言えるリアクションをいただきました。

「あぁー軽い、痛くない」と言っていただいて、そのリアクションが3分ぐらい続きます。

次に進めようと思っても、そのオーバーリアクションが続きますので次に進むことができません。

結果的にこの先生のオーバーリアクションがあったために最後まで和やかな雰囲気でセミナーを行うことができました。(笑)





4時間の予定でしたが、30分オーバーでした。

復習用に事務局のK先生がビデオを撮っていましたが、最後にオフレコのビデオに残らない手技も披露させていただきました。

このオフレコの手技を実は忘れていて、最後に締めくくりの挨拶をしようとしていたところ、参加の先生から「あの~オフレコは?」と声を掛けていただいて思い出す始末でした。(笑)



あっという間の4時間半でしたが、多次元操体法の入口はお伝え出来たのではないかと思います。

参加の先生から「来年も来るんでしょう?来るんでしょ?絶対来てね!」と言われましたが、来年はどうなるんでしょうか?(笑)





お陰様で有難うございます。(^^♪