NO.551 健康も資産

 

術後に痛み止めの薬を飲んだ時に、

以前入院した病院での出来事を思い出しました。

 

それは、緊急入院をしたご老人が、

看護師さんから

「○○さん、いつも薬飲んでいる?」

「飲んでいる}

「どんな薬?」

「朝昼晩婆さん(奥さん)がくれるのでわからん」

「奥さんは?」

「いま、うちに入院のための荷物をとりいっている」

 

しばらくして、奥さんがみえて看護師さんが、

「奥さん、○○さんいつもどんな薬飲んでいるの、

今持って見える?」

これだけ飲んでいると奥さんが

看護師さん薬を見せているよう。

 

「どの薬をいつ飲んでいるの?」

 

ここからが大変でした。

 

複数の開業医に通院して、

複数の種類の薬を

処方してもらっているようですが、

 

食前に飲む薬を食後に飲んでいたり、

処方をしてもらっても飲んでいない薬もあったり……

 

笑い話ではありません。

 

食前、食後

毎食後、一日一回朝食後や就寝前のみの服用など、

様々な薬の飲み方があり、

 

この奥さんは、

ご自身も薬を定期的に飲んでいるようで、

ご主人の薬の服用の管理までされている。

 

私自身、

年老いてたくさんの薬を飲まなくてならなくなった時、

私自身のみで、

その薬の管理ができるのか?

家内にしてもらえるのか?

 

あらためて、健康も自身の資産で

構築していくものだと感じた次第です。

 

Photo by photo ac