NO.519 節約の基準

テーマ:

NO.519 節約の基準

 

 

人によって基準が違うものがあります。

 

例えば、上京すると、

東京駅で不思議に思うのですが、

売店が並んで、

同じメーカーのペットボトルのお茶を売っているのですが、

共に消費税込みで、

129円と161円と販売価格が違います。

 

32円の差です。

 

お値打ちに購入したい方は129円

弁当などほかの買い物も一緒にする方は161円

でも、お茶だけは129円の方で買う。

 

そもその129円で売っているのを知らない方がいる?

 

駅の傍らの喧噪(けんそう)を眺めて

 

真相はわからないまま、

いつも、

わたくしの名古屋に帰る列車の発車時刻になるのです。

Photo by photo ac