No.518 株価と家計収支を比べる

 

株式に投資をするなら、

長期間運用しなくてはならない!

 

よく耳にする言葉です。

 

確かに株価の推移を見てみると、

直近では株価が上下しても

 

何十年間のスパンで見れば、

右上がりになることが求められています。

 

もちろん例外もあります。

その企業の経営は、

そのままでは苦しくなるでしょう。

 

では家計収支の推移はいかがでしょう?

 

短い2,3年の周期で見れば、

年間収支が黒字の時もあれば

赤字の時代もある。

 

しかし、10年とかいった長い収支で見れば、

右肩上がりになっている!!!

 

年間収支が赤字なく

 

老後の生活資金を蓄えることができ

また、家計が維持できるくらいの黒字が維持できれば、

生活費を切り詰めるなど無理をしてまで、

わざわざ標高の高い右肩上がりにする必要もないでしょう。

 

企業も同じこといるのかもしれません。

 

Photo by photo ac