9月の確信犯

テーマ:
通り雨行ったり来たりでどっちつかずの午後に
置いてきぼりをくらった僕は新しい作戦に
こんがらがっているんです
規則的に波打つ1秒があまりに味気なくて
僕は時間を小さく折りたたみ
靴下に挟み込んで散歩に出かけます
街角では弱虫どもが奇妙なお喋りの真っ最中
生まれつき大人だった様な顔つきで
9月には金木犀が回想に乗ってやってくるから
少しだけ僕は浮ついて未知の記憶を待ってるんです

通り雨行ったり来たりでどっちつかずの午後に
力任せに嘘をついた僕は檻に閉じ込められて
こんがらがっているんです
びくともしない引き出しを無理矢理開けようとしたら
うずくまる猫の目が急に光って
忘却の安息日に連れて行かれたんです
食卓に並ぶ架空のご馳走が不思議そうにこっちを見てる
まるで全てに境界線を引くように
9月には金木犀が回想に乗ってやってくるから
少しだけ僕は浮ついて未知の空虚を待ってるんです

待ってるんです…



$怒れる小さな茶色い犬-090911a

p.s.
HEAVEN 3rd.Album「快晴予報」より。
もう随分前(1994年)の曲だけど
その魅力は色褪せないばかりか…
年老いてくればくる程身に染みますねぃ。
ほんと素敵な世界観です。
もうこれは塚本晃のセンスそのものですね。。

AD
怒れる小さな茶色い犬-110926e

クラムのもちもち加減とクルミとの
相性が絶妙なパン・オ・ノア↑
見た目の期待を裏切りません!!(笑)

てことでちょっと前から気になっていた
世田谷公園そばのシニフィアン・シニフィエさん
先週末ですが、はじめて行ってきました。
電車だと最寄りは三軒茶屋になるけど、
今回は家(都立大)からチャリでポタリング♪
片道3kmとポタには程よい距離感ですね。。

お店の詳細その他のパンは食べログなど
参照してもらえばよいのだけど、
とにかくお店が所謂パン屋らくしくなく、、
もういやらしい位オサレで…(笑)
でも店員さんとか全く嫌みな感じはなく
頗る庶民なあたしでもセレブ気分を味わえるお店ですね。

怒れる小さな茶色い犬-110926d

今回は最初のとイチジクの入った
フィグ・エ・フィグ↑の2種だけ買ったのだけど、
他にも色々美味しそうなの沢山あったので
またリピとか、イートインも試してみたいかなぁ。。

Signifiant_Signifie § top

シニフィアン・シニフィエ パン / 三軒茶屋駅池尻大橋駅
昼総合点★★★★ 4.0


AD

北欧風ミートボール

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110926a

週末ですが、、
相方北海道旅行でもらってきたジャガイモと
食彩の王国でひき肉やってたので…と(笑)

北欧風…とは
マッシュポテトにブラウンソースにベリージャムなところ。
ちょっと画像はわかり難いのですが…(苦笑)
んでジャムは去年北欧旅行した際に買ってきてたのが
まだ余っていたのでまんま添えてみました。
うんうん、
やっぱりジャムと一緒に頂くとまいうーです♪

因みに昨年現地で食べたミートボールはこちら↓
あぅ…また北欧、行きたくなりますね。

怒れる小さな茶色い犬-110926b 怒れる小さな茶色い犬-110926c
左:@ヘルシンキ(フィンランド)
右:@ストックホルム(スウェーデン)

p.s.
レシピはこちら↓を参考にさせて頂きました。

Cpicon 北欧フィンランドの定番料理★ミートボール by fincafe

AD

BRUNO ROAD MIXTE

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110925d

そろそろポタリングも楽しめる気候ですね♪
特にこの辺りはチャリで丁度好いような
少し足を伸ばせば…な距離に美味しいパン屋さんやら
パン屋さんとかパン屋さんパン屋
ちょっと考えただけでニヤニヤしてしまいます(笑)

んで写真は昨年春に購入のMyBike.
あ、因みにBruno(ブルーノ)はスイスの自転車メーカです。
…んでまだ知名度は高くないのか、
あまり街中では見かけないのだけど、
だから見かけたときは余計テンション上がるのです!!
先日目黒通りでやっぱりこのROAD MIXTE
にまたがってるイケ女?(笑)を発見♪
しかもあたしが知らない色、パープル。
さっそくウェブサイト見てみたら…
あ、今年のデザイン(色)もオサレだなぁ。
タイヤの色も変わったし、
Smoky Blueのミントぽさもpurpleも素敵☆
てことで誰か買いなよっ!
きっときぃっとオサレさん間違いなしですョ(笑)

BRUNO Web Site
怒れる小さな茶色い犬-110925c

ランチしてきました。
もうココでは何度も登場してるので
書くべきことはもうないのだけど、
やっぱりパスタが美味しいです♪
今日はパスタに前菜とドリンクが付く1200円コース。
あとはデザートが付いたり…もあります。
んで写真↑はあたしチョイスの秋刀魚とナスと
チェリートマトの~な季節感あふれる逸品。
もちろん美味しい!!

↓は相方チョイスのきのこと…クリームソース。
あと前菜の鯛のカルパッチョと…パン。

怒れる小さな茶色い犬-110925b 怒れる小さな茶色い犬-110925a

ここのパスタ食べちゃうともう他のお店では食べれない…
てのは大袈裟ですが、、でもそれ位やっぱり好きで
何度も通ってしまうのですネ。

prthivi:プリティヴィ -イタリア料理とワインの店-

【前記事 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8

今日の私はキゲンがいい〜♪

テーマ:


それはあんたとは関係ない~♪

最近何故か妙に印象に残る。つか、、
「あんたとは関係ない」
てとこがキュンとなるのかな?Mやから…?(笑)
上野樹里が登場するE hyphen world galleryのCMソング。
最初聞いたときはPUFFY?とか思っちゃった。
調べたらHALCALIでした。なるほど。
そう言われるともうそうとしか聞こえないですね。
あの空気感?ぽやんとした感じ?がなかなか好きです♪

ハルカリ、それこそ出始めの頃はレンタルしたり、
TOKYO-FMのBUZZ ROOMでやってた
「世界の雀荘から」コーナーもなんだか懐かしい。
そうそう目黒区出身てのも親近感を抱いてみたりしてました(笑)
今もiPodのシャッフルでたまに聞いたりするけど、
変わらずいい感じ?で頑張ってるのですネ。

HALCAL Official Web Site


ブログ開設7周年♪

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110921a

台風のおかげでギリ、セーフ。
でもオサレなケーキが買えなかったよ…。
なのでコンビニスウィーツで失礼っ。
ってことでブログ開設7周年なり~♪
でも前記事がなかったらすっかり忘れてたかも?
ん?もしや、自己犠牲で気付かせてくれた??(笑)

でも正直ね、最近モチベダウンな感じ。
やっぱりツイッターの普及のせいかなぁ?
人は結局楽な楽な方へ行っちゃうというか、、
140文字のツイッターはやっぱ排泄なんだよな。
21世紀の肥溜め…というか、、
あ、だから有効活用もできるわけで…(笑)
でもブログはまだ生産とか表現の世界に近いというか…
勿論記事の内容にもよるけどね、
まぁあたしの中でブログは生産に近いんだ。
そりゃ排泄の方が楽だし気持ちいいに決まってる。
だからって産みの苦しみの果ての達成感とか
自己満足でもいいけど、それはそれで心地良いもので。

あとモチベダウンももう一つの要素があるとすれば
時間に追われてる…追わされてる?
やっぱりスマフォとかTwitterとかいう仕組みは
人が物事を熟考させる能力や気力をなくす働きがあるのかな?
ある事に集中したくても次から次に排泄される
情報にどうしても反応せざるを得ないというか…
ほんと、個の力が試される時代なんだなぁ…。

あらやだわ…記念日なのにネガティブさん?(苦笑)
てことで改めて今後ともヨロシコ♪…なのです。

BGM:anniversary♪/My Little Lover

イームズのこと。

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110917a

2003年秋、
茅場町から都立大学に引越したのを契機に買ったEames。
今は生産されていないFRPオリジナルで…
多分1960年代のサイドシェルチェア。
色はシーフォームグリーン。所謂ミント。
でも座面の塗装状態が悪くB級価格で買ったんですよね。
だからって結構な価格でしたが、、(苦笑)

インテリアとしてあるだけで充分な存在感なのだけど、
最近うちでは割と椅子として活躍。
他に座るとこといえばメインでソファがあって、
でも革張りなので夏場はなんか暑いんですよね…な時、
あと風呂上がりとかその冷たさが気持ちいいので
ついちょこんと座ったりなのです♪

しかしつい先日座ろうとしたら…
とうとう壊れてしまいました。わかり難いかなぁ?↓

怒れる小さな茶色い犬-110917b

シェルの底にあるゴムがパカっとね、、
ベースと繋ぐポイントが前後2つで計4個あるのだけど、
後方の2つがこの有様…いつも浅く、
重心前目に座ってたから余計負荷がかかったのかなぁ?
以前買ったその日に割った一輪挿しを修復した
超強力?接着剤があったのでそれで当面様子見ですネ。

まぁ仮に人が座れる程の強度が戻らなくても、
雑誌を無造作に置いてみたりとか、インテリアとしても
全然使えるので生涯添い遂げるつもりですけどね(笑)
そうゆう愛着を持てるモノがあるのは幸せなことです。

p.s.
2004年9月。記念すべき当ブログ初記事の1枚。


怒れる小さな茶色い犬-110913a

ちょっと前からハマり中。
セブンイレブンのバーベキュースナック。
そういやパッケージデザインも最近変わったね。
これで余計元祖…に似てきたというか(笑)
そう、所謂カルビーのサッポロポテトBBQ味、、風。
いやいや、風…というか、まんまですね。。
でも元祖より1つ1つが軽い仕上がりになっていて、
これがなかなかイケるのです☆
止められない止まらない~♪
単なる二番煎じではないところが…なんというか。
しかしカルビーにとっては迷惑な話なのか??

7プレミアム100円 バーベキュースナック
カルビー サッポロポテトバーベQあじ

昭和16年夏の敗戦 猪瀬直樹

テーマ:

昭和16年夏の敗戦 /猪瀬 直樹


毎年この季節は…と書きたいところが、
なかなか読み進められず、気付いたら秋になってしまってた(苦笑)
てことで毎年夏にこの手のものを読むのが習慣になってます。
特に脈絡は何もないのだけど今年はコレ。
冬の真珠湾への奇襲で幕を開けた太平洋戦争。
奇しくも同じ年の春に設立された総力戦研究所。
官民問わず集められた角界の若手エリート達から
構成された模擬内閣がシミュレーションの結果
導きだされた夏の答えは敗戦必死だった…といった内容。
その総力戦研修所を軸に何故負け戦を始めなければならなかったか?
米国との開戦回避を昭和天皇より勅命を受けた
東條英機の苦悩の日々等を交えながら描く。

主軸の総力戦研究所での模擬内閣の話はなかなか新鮮でしたね。
きっと今の時代にも通じるものがあるのでは?とか思う。
30代という若い世代が今の日本をどう評価し、
どういった未来を想定するのか?
いつの時代も権力を持つ一歩手前の世代が
その時代を担っているのかなぁ…とかとか。
あとは東條英機…というのが一般的?にはA級戦犯とか、
あまり良いイメージがないのだけど、
総理になった過程やその後の苦悩等、
ちょっと考えさせられる部分がありましたね。
なかなかこの辺りは難しい。

いずれもタラレバはなく、
確かにその時点ではもう戦争しか答えがなかったのも
これを読んで少しわかる気がしました。
いつしか出来レースのシナリオは決まっていて。
結局はそこに至る長い歴史の1つ1つの過ちの結末…だったのかな?
ここから何かを学ぶというのは到底おこがましくて、、
ただ歴史認識を少し深められたのかな…と。