ラブリーボーン

テーマ:
$怒れる小さな茶色い犬-100130a

相方チョイス。
ベストセラー同名小説を映画化した…とか、
ロード・オブ・ザ・リングのピーター・ジャクソン監督、
スティーヴン・スピルバーグまで絡んでいたり、、
という予備知識は全くなく見てきました。
後から言われると、特にCGとかは
「あぁそうか」てな感じですかね。。
あたしは大して期待してなかったせいか
逆になかなか楽しめました♪

14歳で殺害された少女とその家族。
こちらとあちら(黄泉)を絡めながら物語は進みます。
殺人(強姦)や死生観。テーマは重たい…のだろうけど、
あまりそういったものを感じさせない作りになってますかね。
加えて死者が現世と旨い具合に行き来して…
といったよくありがちなご都合的展開はなく
(あっちとこっちの交流も至極控えめだし)
わかり易いメッセージもないので、
そうゆうのが苦手な人はだめ…かも。?
でもあたしは結構好きな感じでしたね。
1970年代という時代設定もファッションや雑貨とか
(キッチンでパイレックスが使われてたり)
まだ良きアメリカの面影があるし、
あちら側で展開される奇妙な光景(風景)や
”仕掛け”、そうゆうのが好きな人には…ですしね♪
あとは思春期の切ない想いもちらほらあったり、
ホラーちっくな場面にもドキドキしたり(笑)
いずれも2つの世界の境界の持たせ方は妙でした。

$怒れる小さな茶色い犬-100131g

あとはやっぱり主人公スージーを演じる
シアーシャ・ローナンでしょう!
あぁゆう透明感?濃すぎずスッキリした
感じのルックスというか、、
日本人受けしそうだなぁとか思いましたね。。

THE LOVELY BORNS ラブリーボーン


AD

銀座でふくを食す

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-100130f

2006年2月に初めて伺ってから、
毎年この時期は銀座のふく司さんで
ふく(ふぐ)を食すのが恒例になってます。
なんだかんだでもう6回目の訪問ですね。
今回も相方両親と一緒に伺いました。

突き出し(日替り)/刺身/唐揚げ/ふぐちり
/雑炊/香の物…+鰭酒(ひれ酒)

”料理は大名 値段は足軽”(笑)
毎年同じ事を書いているのだけど、
料理は勿論、やはりここの店主、
大将と女将さんの人柄に惹かれて来たくなる。
というのも、正直なところです。
原則年に1度の訪問なのに、ちゃんと顔を
覚えていてくれるのも嬉しいですよね。
やはり良い店。というのはそうゆうところも
含めてだと思うんですよねぃ。

怒れる小さな茶色い犬-100130h 怒れる小さな茶色い犬-100130g 怒れる小さな茶色い犬-100130e
怒れる小さな茶色い犬-100130d 怒れる小さな茶色い犬-100130b 怒れる小さな茶色い犬-100130c

あたし的にはかなりお勧めなお店なので
気になる方は是非(まずは親しい人と少人数で)
伺ってみては?

銀座 ふく司
AD

嫁のいたずら

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-100129b 怒れる小さな茶色い犬-100129a

あたしのモンステラ(左)がいつの間にか
マイコー(右)に変わってました…。
相方の仕業です。
こうして↑並べると一目瞭然だけど、
普段生活してると案外気付かないものですョ(笑)
まぁだから男?って環境変化に鈍感なのよねぃ。
…と、多くの男性が経験するであろう
”髪型が変わった?”
というなかなか面倒くさい事件への
言い訳にもなるのかと。。?

因みにこのモンステラのポスター、
いつしか超定番になりましたよねぃ。
色違いも幾つか?出てた気がします。
でも冬場はやっぱこのオレンジがいいですネ♪
コレは独身時代に飾っていて、、
(懐かしい画↓)

怒れる小さな茶色い犬-petitrm

結婚してからの新居には飾る場所がなくお蔵入り。
んで今回の引越しでまた復活しました。
春になったら本物のモンステラ欲しいなぁ…。
コチラ↓のリンクを辿って購入できます☆

モンステラ・マニア
AD

あんみつは みはし

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-100126a 怒れる小さな茶色い犬-100126b

EastSideのイメージはこうした和もの。
逆に城南地区は洋風って感じですよねぃ、、
根拠はまったくないのだけど…(苦笑)
今回は上野本店でお土産をご購入。
こっち育ちの相方はコレ、定番のようだけど、
あたしははじめて食べました。
オサレな洋風スイーツも美味しいけど、
やっぱこうした和のスイーツ(甘味)もいいですね♪
夫婦揃って特に寒天が好物なのです(笑)

昔はよく缶詰のを食べてて、、
もう終わったかな?とか思いつつ、
蜜で隠れた透明な寒天が見つかると
妙に嬉しかったのを思い出しますねぃ。。

あんみつは みはし

I wanna be...

テーマ:
I wanna be...
just like a melody,
Just like a simple sound,
like in harmony♪

Salyuのグライド♪これ大好きです。
きっかけは勿論岩井俊二監督作品の
リリイ・シュシュのすべて
行き場のない気持ちを抱えた…
いずれも少し参っちゃってるときとか、
コレ、なんとも染み入りますな…。

To be away from all,
to be one,
of everything♪




Lily Chou-Chou - Glide リリイ・シュシュ- グライド

↑映画のエンドロール。
Lily演じるSalyuの歌は勿論、
いじめられ役の市原君も、
援助交際で金を得る蒼井優ちゃんも、
やっぱ岩井俊二様々だなぁとか思います。



p.s.
久々blogデザイン変えてみました。
季節と近況?に伴い、、
最近はこんな気持ちなんだよなぁ。
だからといって…
決して後ろ向きではないのです…?(笑)

苺と練乳

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-100123d

イチゴを頂いたので普段は買わない
練乳など買ったりしてみます。
あぁそういや昔はこの練乳、缶でしたよねぃ。
空気穴も開けてかけてた記憶があります。
親の目を盗んでチュウチュウしてみたり…(笑)

いずれも大人ってスバラシイ☆
練乳はかけ放題だし…こうゆうの、
幼い頃の抑圧がはじけますよね。
マーガリンとかTVCMのごとき塗りたくったり、
フルーチェをボールのまま食べたりとかね♪

怒れる小さな茶色い犬-100123c 怒れる小さな茶色い犬-100123b 怒れる小さな茶色い犬-100123a

でもって食べ終わったお皿は、、
やっぱり舐めてしまいますな…(苦笑)

森永ミルク 練乳・コンデンスミルク

フラニーとゾーイー/サリンジャー


あだ名ならフラニーってのどうかな?
醜い世界にきみは謳う~♪

読むきっかけはGRAPEVINEの”フラニーと同意”
田中君はサリンジャーも好きなのかな??
内容がリンクしてるないはどうでもよいけど…(笑)
因みにサリンジャーと言えば「ライ麦~」が有名だけど、
あたしは読んだ事ないんですよねぃ、、
まぁそれはどうでもよくて、コレ。
7人兄弟の神童?を持つグラース一家の物語の一部で、
フラニー(末っ子♀)とゾーイー(1つ上の兄)の連作2編。

いやぁこれは文学に慣れてないあたしには少々堪える(苦笑)
しかしそれでも若人の見せる独特で極端、それでいて
繊細な感情表現に惹かれる部分はありました。
特に「フラニー」は入り易かったですね。
週末を共に楽しく過ごすはずの恋人との再会。
しかし情緒不安定な年頃の齎す結末。
そこまでの過程、会話、スタンス。
男は自身の言葉&思想に酔い、
女はそんな男の振る舞いに異を感じつつ…。
それでもよい週末を迎えようとするのだが、、。
中でも以前ダサイ男がくれたという
見た目もへんちくりんなマドラ。
しかし彼女はそれを墓まで持って行くのだという。
そのあたりのくだりはあたし好みです。

次の「ゾーイー」はシャワールームでの
母との彼との会話(攻防)から。
その後、先のフラニーも交えて物語は始まる。
時系列もその週末から数日後の設定で
いずれも週末を境に壊れそうなフラニーを
ゾーイーが手練手管?で説こうとするのだが…。




Sing/GRAPEVINE


今なら救い出せる
俺なら救い出せるよ
誰も皆そう言って手を挙げては 引揚げたよ
わがままに創造して
わがままに崩壊していく
誰もが見守って 倒れる頃見放されたよ…

ポパイカメラ公募展 *追記*

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-100117a

本日行ってきました。…しかも徹夜明けで(苦笑)
はじめは誰も居なくて寂しかったけど、
その内来訪者も適度に増えたりそれなりに。
この展示会のテーマは特になく、
プロもアマモ問わないし、カメラも様々なので、
色んな人の色んな価値観がそこにあって、
それはそれで見ていて面白いです。
しかしこうして展示されると、
なかなかそれっぽく?見えるものですね(笑)
因みにあたしの展示作品はコチラ()



年明けから今日まで働き詰めで
休めたのが1日だけ。…その間貫徹2回。
そろそろ身体(精神)がヤヴァイ…感じ。
しかし職場のse皆がそうゆう状況でもない。
社会も会社も極端に格差は広がるばかりで、、
いやはや、、なんとも。。

ポパイカメラ公募展

テーマ:
$怒れる小さな茶色い犬-100110b

自由が丘のポパイカメラさん主催の公募展、
「ポパイと写真展しよう!」に年末応募してたのです。
たまにはこうゆう機会もいいかなぁ…と。
プロアマ問わず先着100名だし選考とかもないので、
逆に色んな写真が見れて面白いかもしれませんネ。
あたしは今週末に伺う予定です。

因みに上のDMにも公募展のサイトにも
LOMOで撮ったあたしの写真が映ってます。
そうゆうのはちと嬉しかったり(笑)

フォトエントランス日比谷
2010年1月14日(木)~1月19日(火) 11時~19時
怒れる小さな茶色い犬-100111b 怒れる小さな茶色い犬-100111a

ランチで伺ってきました。
長崎料理のお店、吉宗(よっそう)。
左はあたしで普通盛りの皿うどん。
右は相方、皿うどん(小盛り)と茶碗蒸しのセットなり。
あと皿うどんの麺はパリパリ細麺ともっちり太麺が選べます。
こちらのお店定番の茶碗蒸しも
一般的なのよりちとゆるい感じはしたけど、
ダシがしっかり効いていて美味しかったです♪
因みに皿うどんにはソースとお酢をかける派です。。

長崎料理「銀座吉宗(よっそう)元祖茶碗蒸し」

p.s.1
因みに今日は日テレでやってる、
アリス(映画)の展覧会の最終日で、
(年末のリベンジ)
開場の10分前には行ったのだけど既に200分待ち、、
あり得ん…と諦めたのです。。

p.s.2
銀座に最近?オープンしたアバクロ。
通りかかった時に並んでなかったので覗いてみました。
なんか買い物する雰囲気じゃないな(苦笑)
店内のBGMに合わせてノリノリの店員に
何故か露出度多めの…店員?
どうなんだ??(笑)