レクサスのレンタカーを初めて借りることができた・・・というところから、テンポが速いです。

トヨタレンタカーは、ここ数年、車種の拡充が続いていて、GRシリーズだけでなくて、レクサス車も全国の店舗で借りられるようになってきています。

 

正直、新車販売のいい宣伝ツールになっていると思うですよね。レンタカー。

なにしろ、「すごい金額を払うことになる新車購入の前に”本当にこの車を選んでいいのか?”を体感できる」わけですから。店舗で販売員さんに気を遣いながら、試乗する車両と違って。

 

このNXは、レクサスのオールラインアップの中で、最大の販売台数を誇る車両なのではないかと。

なにしろ小さいです。しかも「流行の」”SUVルック"なので、見晴らしもいい。

荷物室の大きさは、こんな感じ。

走り出す前に「ああ、トヨタハイブリッド車ね。」と思わされる天地方向です。

床面をめくると・・・非常停止版は置くことができる深さです。この下にバッテリーユニットが収容されているんでしょうね。たぶん。

後席はこんな感じ。できるだけシート座面を広く取ろうとするデザインになっています。

本革のシートには、ISOFIXアンカーが装備されています。

この車両、「高級車なんだな。」と思わされる装備がたくさん施されていて・・・

後席は、大形の空調吹き出し口だけでなく、USBソケットも装備。

テールゲートは、電動で開閉となります。

 

すごく楽です。電動テールゲート。正直、世の中は「バックドア付き」以外の車両を見かけることが非常に稀になってしまいましたが、あの手の車両を動かす(特に女性)皆さんが、よくこのバックゲートの開閉時の重さを気にしないな。と思っています。すごく不便ですよね。セダンに比べると。

みんないつもいつも天地方向いっぱいに買い物をするのだろうか・・・

運転席のシートポジションは、3つ記憶できるようになっています。

エアコンは、nanoe機能標準装備。

日産の「アラウンドビューモニター」と同等の機能も装備されています。

駐車場がすごく楽です。

少し笑ってしまったのがこの装備。

 

シガーライターソケットをわざわざ可動型の蓋で隠してあるんです。まあ・・・無駄装備なのですが、この辺りが「高級車」の定義なのかな。と。

シートヒーターだけでなく、ステアリングホイールにもヒーターが組み込まれていました。

「レクサスの一番小さなSUV」なのですが、内装の作りが非常に丁寧です。

ただ、「迷ってるなあ・・・と今回も思わされるのが・・・

スイッチ類のインターフェースの考え方。

ドイツ車を追っているんだと思います。今回は、タッチパネルの他にシフトレバー後方には、ジョグダイヤル・・・

謎のダイヤルは、ここだけじゃなくて・・・

パドルスイッチが装備されたステアリングホイールの先には、ワイパースイッチ・・・の先に何か・・・

ECUのセッティング変更用ジョグダイヤルが・・・運転席に座っている状態で、ステアリングホイールの向こうに手を延ばせと・・・

配置デザインのアイデアとしてはありだと思いますよ。まあ。

ボンネットも両端が持ち上がっていて、見切りがしやすいデザインですし。

右側ジョグダイヤルのサイドは、「オートハイビーム有効化スイッチ」・・・

恐らく・・・なのですが、どこかの自動車メーカが「車両の大きさに関わらず、車のスイッチとはこういうものだ。」という標準デザイン化をしてくれると願っています。

 

現在は、車両ごとに個別のスイッチをデザインしていて・・・大変でしょう。生産管理だけでなく、その車両が生産終了になったのちの保守部品管理も。

車のスイッチって、すごく特殊で、「走行中(スイッチに触るという作業以外のことをしている)に触らないといけない」スイッチなんです。

「人が作業をする内容」そのものは車の大小に関わらず同じなんです。

恐らく「この車メーカのスイッチの感触。大きさ」というものが、ある種、大袈裟な話かもしれないけど、「顧客の囲い込み」の一つのツールになるような予感がしています。

スイッチがいっぱいついているけど、できる限りまあるくデザインされたステアリングホールと

すごく動かしやすい大きなペダルを動かして走り始める。

比較的大きなセンタートンネルが気になっていたけど・・・たぶん・・・この車両「なんちゃってSUV」だ。

そうだった。

「FF車の動きだ。」と思っていたけど、案の定、リヤドライブシャフトは装備されていなかった。

 

レクサスという車両の定義は?

 

ISの時は、「丁寧さ。滑らかさ。」だと思ったけど・・・

このUXは、ISのようなハイブリッド機構のセッティングとはなっていなくて・・・「普通のトヨタハイブリッドカー」の動きだった。

まあ、「車両価格設定の差なんだよ。」ってことだろうけど・・・あのISのセッティングは、やはり相当詰められたものだったんだなあ・・・

 

このUXは、その車両の大きさのゆえに気楽に動かすことができるレクサス車。

な訳だけど、運転している間中、「自分は、今、すごく高級なものを動かしている。」という感覚にはされました。

室内の作りの部分でね。

人が触れる部分にすごく手間が掛かっている車だと思います。レクサス車。

まあ・・・日本人らしい・・・分かりにくい美学です。カタログやWebでは伝えることはできない・・・

 

多分、これから常に意識しなければいけないのは・・・ドイツ車よりもフランス車なのではないかと・・

車両の大きさとしてね。

ここ数年、日本での輸入車販売において、フランス勢の勢力が拡大しているのは、無視できない事実だと思いますよ。

レクサスのこの大きさの車両群や、あるいはマツダ車はね。特に「DS」や「アルピーヌ」がやっていることに注意を払う必要があります。

日本人はやはり「動かしやすい大きさの車」を好みますから。