IACC国際カラーコンサルタント養成講座について | エコール・ド・メチエ&(株)プラネットワークのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

エコール・ド・メチエ&(株)プラネットワークのブログ

カラーセラピー、パーソナルカラー、リュッシャーカラーテスト、オーラビデオステーション etc...
世界のカラービジネスを日本に紹介するエコール・ド・メチエ(カラーシステムズ)と株式会社プラネットワークのブログです。

オーストリア、ザルツブルク大学で1957年よりハインリッヒ・フレイリング博士によって確立されたカラーコンサルタント養成プログラム。

日本でIACC JAPANとして講座がスタートして今年で20周年になりました。日本ではカラーでビジネスをされる方々はヨーロッパやアメリカとは異なり、多少ガラパゴス的ではあります。

 

IACCでは欧米並みのカラーコンサルタントを養成することを目標としています。それはパーソナルからパブリックまで、また人間のためのカラーを目標に究極のカラーセラピーは環境のカラーを整えること、人間中心主義でカラーを扱えるプロのことです。

 

IACCセミナーは二つのコースで構成されています。内容については下記を参照ください。ご質問などございましたらお気軽にメールにてお問い合わせください。

 

IACCセミナーはカラーの見え方や微妙なニュアンスのこともあり、対面での受講が望ましいのですが、コロナのこともありZOOMでのご受講も可能としています。

 

受講の日程などは直接受講ご希望の方とご相談させていただきます。まずはメールにてご連絡ください。

 

 

 

 【IACCカリキュラムについて】 

 

現在、IACCのカリキュラムは全4コース(セミナー1~4)から、コースAとBへ改編となりました。

 

コースはAコース、主にインテリアカラー、環境のカラーデザイン、環境心理学、色彩の心理学的効果と生理学的効果、学校、病院、高齢者施設、事務所、工場などのパブリック空間の色彩計画、住宅などのプライベート空間の色彩計画、アメリカ及びヨーロッパのIACCカラーコンサルタントによる各空間の色彩計画の実例写真資料の分析など。

 

コースBは、主にカラーセラピーの歴史、色彩と精神分析学、カラーを用いた心理分析、現代のカラーセラピーの手法と実際、カラーの生理学的効果を利用した科学的カラーセラピーの手法、光療法、カラーライトセラピー、健康と人工光源、カラーテストはドクターフレイリングの手法を学びます。フレイリングはIACCの創始者でザルツブルク大学教授です。

 

それぞれのコースはAコースで4日間、Bコースで4日間と短縮しています。費用は各コース15万円です。

 

どちらのコースを修了されましても、IACC国際カラーコンサルタントの称号がザルツブルク本部とIACC JAPANより与えられ、サーティフィケートが発行されます。その後はIACC国際カラーコンサルタントの名称を用いてご活躍いただくことができます。

 

 

IACC国際カラーコンサルタント日本協会

代表 橋本俊哉