運命は偶然ではなく理由がある
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

LOVEBITES

大げさだけどLIVEで熱くなり盛り上がる気持ちを蘇らせてくれたバンド、DESTROSEが活動休止になり、ライヴは洋楽メタルしか行かなくなった。

そんな中、2016年、mihoが新しいバンドを立ち上げた。

正直、そのアー写のフェミニンな感じにややネガティヴな印象が先行していた。

11月の初ライヴを観るまでは。

mihoがガッツリMetalしたいと宣言していた通り、所謂「ジャパメタ」寄りだったDESTROSEとは違い、曲の構成やフレーズが洋楽のHMに近く歌詞がほぼ英詞という点もいい意味で期待を裏切られた。

DESTROSEの盟友である、はるぴーことHaruna、テクニカルなギターを奏でたmidori、アレンジ力が光ったmi-ya、そして数々のメジャーアーティストのバックコーラスをこなしてきたasami。

この時はもう1人サポートG.がいて現在のメイデンを再現した6人編成だった。

Halestormのカヴァー、“Lovebites(So Do I)” とDESTROSEでも披露していた “Bravehearted” 以外は初耳だったが今後飛躍する可能性を秘めた良いライヴだった。

その1stライヴから数ヶ月、年を跨ぎ今年5月4曲入りEPを発売、そのEPを聴き込んで先日タワレコのストアイベントでの2ndライヴに参加した。

NWOBHMの名曲が会場に流れている中、暗転し、HM然としたSEがかかりメンバー登場。自分の立ち位置ではやや音が悪く聴こえたがEPの4曲に1stライヴでも披露していた曲を2曲プラスして計6曲を演奏。インストアライヴにしては大盤振る舞いだったと思った。

後方で観ていたためノリは控えめにしていたが、いつの間にかしたたかにヘドバンしていた。

年内にアルバム発売予定とのアナウンスもあり試聴会で希望した一つが実現しそうである。

またメジャーレーベルの洋楽部門所属ということで伊藤政則氏の番組でも取り上げられているのでこれからの活躍が大いに期待できる。

そして苦労してきたであろうmihoのメタル愛が実を結ぶよう順風満帆に進む事を願う。

今月始めた事

Twitterと艦これ

Starman

David Bowie


坂本龍一のラジオで名前を初めて聞いた。

戦場のメリークリスマスも観た。

その後、小林克也のベストヒットUSAで「lET'S DANCE」の楽曲を観て聴いた。

フレディ・マーキュリーの追悼ライヴで
アニー・レノックスと共演した“Under Pressure”も印象的だった。

BON JOVIがカヴァーして知った“Heroes”

後追いだったけど一番好きになったアルバムは
「THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS」

久々のアルバムだった前作「THE NEXT DAY」も良かったので
期待した新作「BLACKSTAR」が発表されたばかりでの訃報。

安らかに。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>