秋田放射能測定室『べぐれでねが』の測定環境とこだわり | べぐれでねが ~ほのぼのファミリーが贈る、気が向いたらセシウムを検査するブログ~

べぐれでねが ~ほのぼのファミリーが贈る、気が向いたらセシウムを検査するブログ~

秋田放射能測定室「べぐれでねが」より。普段スーパーで購入した物や我が家の食卓に上がった物などの食品放射能検査を行います。そのほかには秋田の空間線量なども時間があれば公開します。仕事の片手間に、マイペースにやっていきます。秋田県潟上市。


テーマ:
明けましておめでとうございます。昨年はとにかく測定に明け暮れた毎日ですが、皆さんにとってはどんな年でしたか?


検出される検体も減少傾向であり、皆さんには沢山の安心を届けることが出来たかと思います。皆さんのコメントがうれしくここまで頑張ることが出来ました。そして沢山のカンパも頂くことが出来ました。ありがとうございます<(_ _)>




さて、皆様が無料で見ている当測定室の環境ですが。無料で公開しているから適当にやっているわけではないです。当測定室ではかなり厳密な温度管理を実施しています。本日はそれを公開してみますね(ノ´∀`*)


一般に放射能測定器は、一定の温度をキープできれば出来るほど理想環境なのです。もちろん当測定室のCSK-3i-Xには温度補償ユニットがつていますが、それでも温度管理は基本中の基本です。


以前(移転前)は測定室の温度を一定にするために、比較的小さな部屋でルームエアコンや爬虫類サーモなどを用い温度管理していました。もちろん断熱シートや風が吹き込む部分の目張りなども施した上です。


これでだいたい一日(24時間)の温度最大振れ幅が0.5-1.5℃程度となりました。しかしこれには欠点もあります。狭い部屋で断熱を行うと人が出入りする際にさらに温度変化が起きてしまいます。それはもちろん隣接する部屋との温度差はもちろん、作業する人間から発せられる熱です。狭い空間ではこれも馬鹿に出来ず保温効果が徒となり却って体温による温度変化が起きやすくなるのです。断熱と人間からの発熱の影響は背反します。



実はエアコンメーカー各社の技術者とも直接電話でおはなししたのですが、さらなる温度制御はルームエアコンを工夫してもこれ以上は無理だと言うことが判明しました(インバーター制御のため、詳細は割愛)。業務用が必要となり、昨年の引っ越しするときに当たりこれは大きな問題となります・・・




ところが転機が訪れます。引っ越し先のご近所さんに高断熱の高気密住宅があるとのこと。しかも全室の空調を集中管理しているそう。元からよく知る中なので温度ロガーを持参したところ一日の温度変化がほとんどありません。一日を通しての最大振れ幅が0.1-0.2℃程度!!一日の温度の最大振れ幅は測定に当たりとても重要です。


あまりに恵まれた温度環境であるため、測定器の設置をお願いしたところ、快諾!!までとは言わずも何とかおいてくれる様子。思い切ってお願いすることにしました。ここでも人に助けられるのです。


ということで設置させて頂くに当たって、測定器設置の部屋を貸して頂くことのお願いと、空調の温度を変えるときは出来れば教えて欲しいと伝えました。


やはり使ってみたところほぼ理想環境で、夏や冬場に急激な温度変化が起こる以外は基本的に一日(を通した最小値・最大値が)0.2℃変化すると変化したな-、という感覚。測定に当たっての温度基準で測定中やバックグラウンドの計測中の温度変化が0.2℃超の場合は測定を中止してやり直すことにしています。




文章ばかりではわかりにくいので、それでは写真にてご覧ください。

測定室の測定器です。機種はCSK-3i-X



屋上の空調設備で温度を制御しています。



各部屋の吹き出しと併せ、全室を一定の温度で保ちます。全室を空気が循環しています。




8畳以上の広さがあり、天井も高い空間のために人が作業してもほとんど温度変化がありません。以前の高断熱一室管理だと、人が中に入るだけですぐに温度が1℃以上変化してしまいました。



一室での温度管理と異なり、ドアは常に開放状態です。建物全体が定温のためにこれで問題ありません。





実はこの時点でかなりの温度環境なのですが、妥協せずにさらに上を目指します。

PC自体が発熱体となるために、非電化工房付属の物から変更しています。付属のPCは廉価な物であり、廉価CPUで発熱が大きめ、HDDモデルで発熱が大きめなのです。狭い部屋で断熱している環境だとそれが徒となり、これが意外に馬鹿に出来ませんでした。信号ケーブルの長さの制約上測定器の近傍にPCを置く必要があります。



当時職場用PCとして購入したコチラのPC(当時約20万円)を1年弱使用後、測定用に転用します。超低電圧型のCPU、当時まだ高価であったSSDを搭載しています。要は高価だけど、低発熱です。ACアダプタも超小型でコチラの発熱も減っています。




ただでさえ人が入っても温度変化が起きにくい環境なのですが、測定用パソコンのディスプレイを通常は消して遠隔操作にて使用しています。近くで作業する時間をさらに減らすため。これでさらに温度変化が起きにくくなります。

コチラは自宅の写真ですが、向かって右側のディスプレイに遠隔している様子が映っているかと思います。部屋が汚いのは(*´∀人)ゴメンヨ ゴメンヨ



いつも無料でお送りしている測定室のこだわりですが、ご覧になって頂けたでしょうか?しかし、温度環境はとても恵まれているのですがこれには欠点もあります。さて、なんだかわかりますか?



実はこれ、とてもお金がかかります。その金額は・・・



















(;゚д゚)ゴクリ…




















3-5万円/月(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)ジェトストリームアチャー



測定器の使用の有無に関わらず、生ずる金額です。・゚・(ノД`)・゚・。


大きな全世帯を空調管理する上で必要な金額。うちの場合これが一番かかっている経費になります。通常は人が居る間だけ空調をつけていたのですが、うちが無理を言って24時間365日空調をつけておくようにお願いしています。さらに1部屋まるまる占領してしまっている関係上お金を払わないわけにはいきませんネ。家主さんありがとうございます。



余談ですが設置環境としては理想的なので、建築費用を聞いたところ・・・




















(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ ;)



















3000-4000万超(建物のみ・土地を除く)(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)ジェトストリームアチャー



これは無理な金額ですな(;・∀・)



しかし恵まれた環境に設置することが出来ました。あとはバックグラウンドの低減ですがコチラも少しずつ始めて行きたいと思います。結構疲れる作業なので是非ともお手伝いさんがいらっしゃるときに一気にやりたいです。手を上げて頂ける方は是非志願ください(*´・ω・)(・ω・`*)ネー




ここまで厳密な温度管理を施し、開発者とお話しした結果の測定時間ですが、ベストバランスは2時間。そこからだんだん精度が落ち始めて良いところ3時間が責任を持って出せる測定結果となりました。それ以上は非電化工房のNaI自体の限界とのこと。下限値は確かに下げたい・・・。でもしっかりとした計測結果を送りたい。そのバランスがこのあたりです。やはりそれ以上はゲルマでの計測が必要です。



(ノ´∀`*)




さらに今年は沢山の方からカンパを頂きました。おかげで検体処理のマシーンに関してはかなり充実させることができました。基本夫婦での作業ですが、作業効率がかなり良くなりました。

パワーでほとんどの検体を粉にすることが出来ます。中央手前は処理済み検体の保存用に購入した真空パックの装置です。棚も新規に購入。




クイジナート(通称:楓)のアタッチメントも多数あります。スライサーの厚さ別、大根おろし、その他色々です。




食品乾燥機と、清掃用コンプレッサー、食品乾燥はにおいがきついことで有名なのですがその空気清浄機。



もちろんこれらを活用し、しっかりと検体処理を行うことで下限値を下げることが出来ます。測定時間を3時間におさめた上で、できる限り下限値を下げていくのが当測定所のこだわりです(ノ´∀`*)



実はこのマシーンの大半はチダイズムの読者さんからのご寄付での購入です。もちろんその他の方のご寄付もあります。この機器のおかげでお手伝いさんがいらっしゃった際に1週間分などの検体処理をまとめて行うことが可能になりました。ここでもちだいさんに感謝せねばいけませんね(∩´∀`)∩ワーイ




真空パックは液ものも可能なので、さらに長いスパンで事前検体処理を行うことが出るように。





そして番外編なのですが・・・


めたぼのお小遣いのアホな散財日記です。当初子供を撮影するために買ったカメラですが、現状時間がなくてもっぱらブログ専用となっています。というわけで、定番なのですが少しでも綺麗な写真を皆さんにご覧になって頂きたく・・・。せっかくいらっしゃるならそっちの方が退屈しにくいかと思って(ノ∀`)アホ



レンズなどのカメラ周辺機器に昨年は沢山お金を使ってしまいました。

大型防湿庫




猫ブログ作成に当たり、ルル&ロロが走っているところを撮影したいがためだけに購入したレンズ。



f2.8通しのレンズ群。このほかにフルサイズのキットレンズとカメラが・・・。



本当にブログ専用なので、これもめたぼの読者さんへの愛のあらわれです。その総額はナイショ( ´∀`)



あと、撮影テクニックに関して突っ込むのは御法度ですヽ(´A`)ノイッチャダメヨー






最後に測定所の近くで見られる夜景です。

全国の美人奥様に喜んで頂けるかと思い、寒い中一人で行ってきました。



綺麗でしょー( *‘∀‘ )ノ



手袋を忘れすっかり手がかじかんでしまいましたヽ(;´Д`)ノ



キラキラ~(´ー`~)







.+  ゚  ・ + .
  ゚∧_∧∧  ゚
  (*´(=  )  ちゅ
   l っと  ヽ
   と__(__(^)





 

今年もよろしくお願いします。



☆。.:*:・'゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪




・CSK-3i(CSK-3i-X)での3時間以上計測は非電化工房の測定器の限界であり、それ以上の測定はゲルマでの計測が必要です。コチラ



・測定室の運営維持のためにカンパをお願いいたします<(_ _)>

カンパ専用口座 




ペット(猫) ブログランキングへ
クリックして頂けるとランキングの順位が上がる仕組みです(*´∀`*)一日一回のお約束だよ~

めたぼさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス