いすみ市岬町井沢に大型中古住宅 仕入れ | 千葉の外房で田舎暮らし!明正不動産BLOG
新型コロナウイルスに関する情報について

千葉の外房で田舎暮らし!明正不動産BLOG

千葉県いすみ市で田舎暮らし物件を扱っている明正不動産のブログ。物件情報、不動産・建築・リフォームお役立ち情報、業界裏話、地域の情報など書いています。
海・山・川・湖など自然に満ちた千葉外房の田舎暮らしを応援しています。


最近は新型コロナの影響で、都心部から田舎へ移住する

人が増えていて忙しく、ブログの更新を怠っていましたが、

久しぶりに更新します。

 

さて先月の話ですが、いすみ市岬町井沢 大型中古住宅を

仕入れました。

 

 

今年に入って初の仕入れとなりますが、色々と問題点もあり
前所有者とは半年以上前から、売主とやり取りしていました。

まず、踏切の近くに根本が腐食した大きな杉の木があり、
JRの高圧線近くに枝が越境していました。そのため、いつ
杉の木が高圧線側に倒れてもおかしく無い状況でした。

 

 

そこをクリアするためにJRとやり取りをしたり、危険木を
専門に扱っている業者に杉の木を伐採してもらいました。

 

 

他にも前所有者には大変失礼ながら、仮差押が付いていたり、
抵当権設定仮登記が付いていたり、去年の台風15号・19号の

影響で屋根や天井に被害を受けて雨漏りしていたり、室内も

ゴミ屋敷状態でした。

 

 

 

 

 

このような状態では、一般の買主向けに売買仲介で売りに

出したとしても、まず売れません。


しかしながら、新築時はお金のかかった立派な建物なので、
磨けば光ると思い、当社で買い取りました。

 

危険木が高圧線に倒れて損害賠償をされるリスクまでは

負えないため、危険木伐採費用は売主さんに負担してもらい

ましたが、それ以外は、現状のまま買い取りました。

 

抵当権や仮差押えが付いたまま仕入れるのは初めての

経験です。もちろん、弁護士等に抹消可能な事の確認は

していますが・・。

 

現在は、仮差押登記の抹消が終わり、抵当権設定仮登記

の抹消手続き中です。

 

販売開始まで先が長くなりますが、リフォーム完了までの

進捗状況はブログでお知らせしていきます。

 

記事後記

※当社では、空き家・中古住宅の買い取りを行っています。
手直しが必要な住宅・ゴミ屋敷など、そのままでは住めない
物件も積極的に買い取りしていますので、相続した空家の
管理でお困りの方は、ぜひご相談下さい。