不動産業界用語(当て物) | 千葉の外房で田舎暮らし!明正不動産BLOG

千葉の外房で田舎暮らし!明正不動産BLOG

千葉県いすみ市で田舎暮らし物件を扱っている明正不動産のブログ。物件情報以外にも不動産お役立ち情報や業界裏話、地域の情報など書いています。海・山・湖など自然に満ちた千葉外房の田舎暮らしを応援しています。


テーマ:

不動産業界用語で「当て物」という言葉があります。

 

「当て物」とは、本命の決めたい物件を見せる前に
見せるランクの劣る物件の事の事を言います。

 

すぐに本命の物件を見せるよりも、その前にランクが
劣る物件を見せてから本命の物件を見せた方が本命の
物件が良く見えるため成約に繋がりやすいのです。

 

では、どういう物件が「当て物」になりやすいのか
と言うと、築年数が古い物件とか相場とかけ離れた
高い価格で売り出されている物件です。

 

裏話になりますが、相場より明らかに高い中古住宅の
場合、不動産会社の営業マンはこのような物件を当て
物として利用します。

 

相場とかけ離れた金額で売り出しても問合せが入る
事は入るのは、こういった背景があるからです。

 

しかし案内があっても「当て物」として案内されている

だけなので購入申込みには至りません。

 

なぜかと言うと、仲介は仲人役である以上、営業マンは
どの物件を紹介しても良いわけです。当然、良い物件
から優先的に紹介しようとします。

 

問合せがあり、物件を案内する時、買主さんの要望を
聞いた後、本命の物件以外にも2物件くらい「まず比較
対象として他の物件も見て見ましょう・・」
と言って、相場よりも明らかに高い物件も見せます。

 

そういう物件を見せた後で、本命の物件を見せると
本命の物件が輝いて見えます。営業マンは契約件数や

金額が給料に影響するため、契約にならなければ

話になりません。

 

ただ、私は嘘を付くのが嫌いなので、嘘や誇大表現で
買主を煽って契約させるような事はしません。
当然、騙して契約を取ろうとする事はありません。

 

そんな事をしたって、申込み後にキャンセルになったり、
引渡し後にトラブルになったり、信用を失ったりする
だけで良い事なんかありません。

 

ネット検索すれば、大抵の事を調べられる現在において

そんな方法は通用しませんしね。

 

ただし、比較対象として悪い物件と普通くらいの物件、
そして本当に良いと思える物件を見せるのは悪い事
ではないと考えています。

 

比較する対象が無いと買主さんは迷いますから。

 

結婚相手を探すのも、不動産を探すのも、商品を購入
するのも、比較して判断される以上、相場より明らかに
高い金額で売出しても、営業マンに当て物として利用
されるだけでメリットはほとんどありません。

 

不動産を売りたいと思ったら、ネットの出会い系サイトに

自分が登録するとしたら・・と考えて行動しましょう。

買主の心理も分かるかも知れませんよ。

 

 

明正不動産さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。