いすみ市岬町椎木 和風平屋住宅 間もなく公開 | 千葉の外房で田舎暮らし!明正不動産BLOG

千葉の外房で田舎暮らし!明正不動産BLOG

千葉県いすみ市で田舎暮らし物件を扱っている明正不動産のブログ。物件情報以外にも不動産お役立ち情報や業界裏話、地域の情報など書いています。海・山・湖など自然に満ちた千葉外房の田舎暮らしを応援しています。


テーマ:

近々掲載予定の専任媒介物件をご紹介いたします。

 

岬町椎木 和風平屋住宅 1980万円
土地:2046.22㎡(618.98坪)

建物:119.24㎡ (36.07坪) 他、蔵あり

 

 

この物件は、土地売却査定依頼を頂いた所からスタート
したのですが、14年間放置状態だったようで最初に見た時は、
敷地全体に竹や雑木が生い茂っていて中に入っていくのが

やっとの状態でした。

 

 

 

敷地の外側から瓦屋根が見えましたが、14年間も使われて
いなかったという事は、今は廃屋になっているだろうな・・
もし、建物を解体しなければならないほど劣化していたら
売るのに苦戦するだろうな・・と思いました。

 

でも、せっかく査定依頼を受けたわけだし、先入観を持たず

とりあえず見てから返事をしよう。という事で敷地内に入って

みると、築年数は古くても立派な建物と蔵が見えます。

 

これは、もしかしたら手入れをすれば化けるかも知れない
と思い、後日、売主さんにご来店頂き、建物内を確認すると、
確かにリフォームは必要ですが、解体をするほどの傷みは
ありません。家は新築時にはお金のかかった立派な建物
だと思いました。

 

10年以上も空家だったため、経年劣化による不具合が

見受けられる事と、現況を見ただけでは良く見えないかも

知れませんが、リフォームをすれば化けそうです。

 

 

 

そこで、いすみ市の土地事情を説明し、このままでは
売りずらいし、かと言って建物を解体をして更地にしても
かえって売りにくくなるため、長年放置されていた竹や
雑木は伐採するが、建物は残して中古住宅として売り

出す事を提案しました。

 

ちなみに、いすみ市の場合、土地だけでは売りずらく、
使わないなら市に寄付しようとしても、通常タダでも引き
取ってもらえません。いすみ市も公益性の無いものに
無駄な税金をかけたくないのでしょう。

 

不動産会社も、売れるか分からない土地の売却依頼を

受けるのを嫌がります。仕事が増えるばかりで収益性が

無いからです。

 

それを知らず、安易に建物を解体して更地にしてしまい、
売れない負の財産にしてしまう方を何人も見て来ました。

 

本来はリフォームをして売り出した方が良いのですが、
土地に古家が建っている場合など、家のリフォームに多額の
お金をかけても、その分高く売れるとは限らないし、


一般の売主さんにそこまで要求するのも酷なので、最低限の
見た目を綺麗にして、建物は自分で補修出来るDIY目的の
顧客をターゲットに売却する方法を提案する事が多いです。

 

 

 

 

現在、敷地内の竹と雑木を伐採中となりますが、

早ければ2月26日(日)、遅くても28日(火)までには

ホームページに物件掲載をする予定です。

 

明正不動産さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス