うずまきわちゃわちゃうずまきわちゃわちゃうずまき

岩ちゃんが…
芽衣の小さな背中を見送って数日が過ぎる…





🍀🍀🍀🍀ロケバス🚎移動中🍀🍀🍀🍀🍀



俺達はいつも通りだ…



隆二「岩ちゃん爆笑ファンレターすげぇキラキラ


臣「おっひらめき電球まじニヤリ半端ねぇ」


健「どれどれバイバイ見せてみぃ真顔キメ」


NAOTO「(゚Д゚ )フムフム…岩ちゃんのキラキラキラキラキラキラが眩しいですハート  いいじゃんゲラゲララブラブビックリマーク


岩「\(∗ ¨̮ ∗)/キラキラキラキラ全力で出してまぁす笑」


   うずまきわちゃわちゃうずまきわちゃわちゃうずまき


     岩ちゃんもノリ良くふざけている…




直己「コッチも岩ちゃんだな( ¯﹀¯ )…岩ちゃんのたまにボォ〜ってなって何考えてるか分かんない時の顔がたまりませんハート……だとよ笑」



岩「何なんっすかぁ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ」



臣「こっちはニヤリ……靴ひも結んであげたいラブラブ…だとよニヤリ良かったな岩ちゃん(笑)」



隆二「おう爆笑結んで貰えビックリマーク結んで貰えビックリマークこっちは気になってしょうがねぇから(笑)」



岩「結んでもらっちゃおうかなぁ«٩(*´ ꒳ `*)۶»


エリー「あっひらめき電球ひらめき電球こっちも岩ちゃんだよウシシ……岩ちゃん恋してますか?……だって(笑)」



岩「…………」



                        シーン



岩ちゃんの顔つきが明らかに変わった…
やっぱり…
辛そうじゃん…


健「エ、エ、エリーゲローアカンやん滝汗アセアセ空気読まんかいアセアセ


エリー「(๑˙―˙๑)?」


岩「全然バイバイあせる全然バイバイあせるオレ大丈夫ッスよ(´∀`*)ヶラヶラ


岩ちゃんが平気なフリをするけれど…
そんな簡単に吹っ切れる訳ねぇじゃん…

俺なんか…
もう何年も経ってんのにまだ…




🚎キラキラ




あっΣ(´□`;)あせる
何考えてんだか…
危ねあせる
岩ちゃんと一緒に落ち込むとこだった…


ロケバス🚎がとまってる?




マネージャー
「ココで撮影なっ📝近くで飯食ってきて2時間後集合ビックリマーク解散ビックリマーク



あっ……そゆこと汗



ゾロゾロスニーカー…………



隆二「飯爆笑音符爆笑音符爆笑音符


健「はいはいニヤニヤ隆二うるさいねん(笑)」



岩「あっ……」



岩ちゃんがバスを降りて声を出した…



臣「岩ちゃんどしたニヤリはてなマーク


岩「ここ……芽衣が通ってた大学っス…」


                    シーン


🌳🌳🏫🌳🌳


健「よしよしバイバイあせる岩ちゃん昼飯は健二郎さんがおごったるからなあせる早く行こかあせる


岩「健ちゃんあせる気を使わないでいいッスよあせる(´∀`)ヶラヶラ



気を使ってんのは岩ちゃん…
岩ちゃんが無理して笑う…



隆二「じゃぁ俺が奢ってもらう爆笑


臣「じゃぁ俺もえー


エリー「じゃぁオレもいいですかウシシ


健「お前らに奢ってやる気持ちは1ミリもナッシングやムキー心に刻んどけビックリマーク


NAOTO「じゃぁオレもなゲラゲラ健二郎」


健「NAOTOさん…ないですわ笑い泣き


直己「じゃぁ俺も健二郎よろしく( ¯﹀¯ )v」


健「直己さんまでゲロー




  うずまきわちゃわちゃうずまきわちゃわちゃうずまき




わちゃわちゃしながら何気に…
皆で岩ちゃんを大学の前から移動させた…




スニーカースニーカースニーカースニーカースニーカースニーカースニーカー……あせる






「岩田さぁん(∩˃o˂∩)アセアセ



後ろから誰かが岩ちゃんを呼んでる…
fanの子か?



クルリくるくる
岩ちゃんが振り返った…



岩「あ……柚ちゃん」


タッ👡タッ👡タッ👡


柚「(;//́Д/̀/)'`ァ'`ァ岩田さんあせる芽衣の見送り行かないんですかはてなマーク今日ですよ(;//́Д/̀/)'`ァ'`ァ私は今から行きますけど…」


岩「……話して決めた事だから…」


柚「芽衣と2人で…はてなマーク


岩「そう…」


柚「そうなんですね……わかりました」


岩「芽衣に会ってもオレの事は何も話さないでくれる?」


柚「どうしてですかはてなマーク





   「芽衣…あいつ…泣き虫だから…」





柚「(´⌒`。)グスン…わかりました……あっひらめき電球




芽衣の友達の柚って子が岩ちゃんに言った…




柚「岩田さんDASH!大学の中央エントランスに芽衣の作品が飾ってありますDASH!岩田さん見に行ってあげてくださいビックリマークお願いします(∩˃o˂∩)じゃぁあせる失礼しますDASH!



柚って子は急ぎ足でその場を立ち去った…



岩「………」



その場に立ち尽くす岩ちゃん…



NAOTO「それでは…行きますかゲラゲラ!?


直己健隆臣エリー
「もちろんグラサンウインク爆笑ニヤリウシシ


岩「えっΣ(゚д゚;)あせる



クルリくるくる
オレ達は方向を変え岩ちゃんを支える様に
大学に向かって歩き出した…



 🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🏫🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳
              ~中央エントランス~


エントランスには大きな絵が飾られていた…
見た瞬間に俺達は息を飲んだ…



ポツリ
直己「いい絵だな…」


健「心がどんどんキレイになってく気がするニヤニヤ



岩ちゃん…
岩ちゃんは…
岩ちゃんに視線を伸ばすと…


岩ちゃんなんて顔してんだよ…
見てるコッチが苦しくなる…





大きなキャンバスに芽衣が描いた絵は…



       題    キラキラの場所…
                                       作 mei
                                      

幼い女の子が美味しそうに大きく口を開けて
メロンのケーキを食べていて…
それを優しく見つめている幼い男の子…
2人だけを包む優しい明るい色…
ホワッとした中に…
キラキラと周りが煌めいている絵だった



きっと…
岩ちゃんと芽衣にしか分からない世界…



岩ちゃんは暫く絵を見つめて…
そして…ゆっくり小さく…
絵に向かって5回うなづいた…



俺はたまらず岩ちゃんに声をかけた…



臣「岩ちゃん」



俺達の方に顔を向けた岩ちゃんは
俺らに向かって笑った…

いつもの通りのキレイな
キラキラの笑顔で…






 飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機


   くるくるガラガラガラくるくるガラガラガラくるくる




                       タカノリ…



                    バイバイ…



            寂しくなんかないよ…



                      きっと…



       海を越えてキラキラが届くから…










 リボンぽってり苺ふんわり風船星香水乙女のトキメキポーチカバンぽってり苺ふんわり風船星香水乙女のトキメキポーチカバン
                       ~現在~


臣「なぁ〜美羽(*´-`)切ないだろあせる岩ちゃんの恋バナ…お前さぁ岩ちゃんに言うなよあせる美羽はお喋りだからな汗…わかったなはてなマーク


(‥ )ン?…はぁ!?…っておいっヾ( ̄o ̄;)オイオイ



         美羽  Zz◟(๑ᵕ⌓ᵕ̤)◞。o○



美羽汗寝てんじゃん汗汗汗
美羽が聞きたいって言ったんだろうが…
そういえば…
隆二の時もコレだったよなハァ━(-д-;)━ァ...




なぁ…美羽…
岩ちゃんも俺達みたいにまた会えるといいな



スヤスヤ気持ち良さげに眠りやがって
          (*´∀`)σ)д`*)ツンツン





                なぁ…美羽…




岩ちゃんが全身でキラキラキラキラしてんのは…




                もしかしたら…







            海を越えて芽衣の所に
  キラキラキラキラキラキラが届くようにかもしれねぇな…














おわり