パーソナルカラーって、システム&理論 | クリエーターのおしゃれGallery

クリエーターのおしゃれGallery

アパレルのデザイナー出身、ブライダルで、フラワーコーディネーター、ドレスデザイナー、カラーの講師をしているクリエーターです。ワンピース、ドレス、ブーケなどお創りします。似合う色とデザインで、ワンランクアップ


テーマ:

こんにちは。

 

雨ですね。

 

 

パーソナルカラーの講座でした。

 

 

不定期の特別講座ではなく、

定期的に月に一度開催している

講座です。

 

 

午前に、初級、

午後に「アナリスト養成クラス」を

行っています。

 

 

今日の初級クラスでは、

カラーコーディネートの基礎。

 

 

「色の組み合わせには法則があって、

それに従ってコーディネートすると、

イメージが出しやすい。」

と伝えると、

 

 

「センスだけではないんだ。

びっくり!」と、

帰ってきました。

 

 

そうなんです、

カラーコーディネートは、

ステマティックなんです。

 

 

もちろんセンスもありますが、

理論って、大事。

 

 

 

そして、午後のアナリスト養成クラスは、

基本となる

4×5=20通りのメイクのパターンを、

前々回から作成中。

大がかりです。

 

 

私の作成した、

色の説明とお顔が入ったペーパーに、

色を付けています。

(私も、仕上げていますよ)

 

 

塗りながら、

パーソナルカラーの話をしています。

 

 

今日は、

「パーソナルカラーは、

色素だけではなく、

行動や様子まで知れる。

その人を表していますよね。」

 

 

と、生徒さん。

そうそう、

パーソナルカラーは感覚ではなく、

理論なんですよね。

 

 

それを、ファッションやメイクや生活

に活用ですね。

みんな、乗ってきていますねウインク

 

 

ファッションにおいては、

色だけではなく質感も含めての

パーソナルカラー。

まだまだ、奥が深いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中。ポチッとお願いします
 
 
 
 
 

クリエイター Hatsue さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス