はーい、めろだよん♪

 

 

このシリーズもついに佳境。

 

前回は

ブランディングとは?と言う内容でしたが、

高値で売れるコンテンツの作り方♡ブランディング編①

 

では、今回は

いざ自分のサービスやコンテンツ、自分自身を

ブランディングする上で大切なこと♡

 

 

これは今までめろが

自分自身でいろんなコンテンツを作り、

ブランディングしてきた中で

気づいたことも含めてるよ。

参考にしてくれたら嬉しい。

 

 

▶︎ブランディングで大切なこと

①ペルソナに刺さるかどうか

※ペルソナとは

ペルソナとは、企業や商品の典型的なターゲットとなる顧客像のことです。ペルソナで定められる顧客像には、氏名や年齢、居住地、職業、年齢、価値観やライフスタイル、身体的特徴までのかなり細かい情報が盛り込まれます。

ferretより引用

 

来て欲しいお客さんが

自分のこのサービスやこの世界観で

興味を持ってくれるかが大事。

 

 

極端な例で言うと、

マッサージサロンを経営するとして、

 

来て欲しいペルソナ像が

・32代女性

・地方出身。上京して5年

・頑張ることに疲れている。

・リラックスしたい。

・観葉植物と猫が癒し

・都会疲れ。落ち着いたところに行きたい。

・洋楽R&Bが好き...

 

だとして、

 

実際のブランディングが

・イメージカラーがショッキングピンク

・フォントがギャル文字系

・SNSでは毎日5分のきついエクササイズ発信

・サロンもギラギラした大理石の空間

 

 

とかだと、

全くペルソナには刺さらないよね。笑

 

このペルソナ設定はビジネスをする上で

かなり大事な項目なので、

また改めて記事にまとめます。

 

 

②自分がしっくりきているかどうか

トキメク、楽しい!かどうか

 

実はこれものすごく大事!!!

 

ビジネスと割り切って、

自分の好きでない世界観で構築した場合、

 

はっきり言って続きません。

続いたとしても楽しくない!!

 

 

これに関しては、

男性や、男性性が強い女性だと、

需要があるならと、割り切って、

好きでもないものを追求できる。

 

 

でもめろの経験上、

 

女性性の強い人だったり、

稼ぐことより自己実現や

自分の好きなことをやりたい!

好きなことを仕事にしたい!

ってタイプの人は

 

絶対にここはマスト!

 

 

好きやトキメキが原動力になるし、

 

もっと現実的なことで言うと、

 

自分の”好き・トキメク”の気持ちの熱量が

売る時の熱量に比例する。

 

自分の”好き!”のエネルギーが大きいほど、

相手にも伝わりやすい。

 

 

これはめろが昔、

通信業界で営業していた時に

気づいたこと。

 

自分が「この商品最高!」って思っているものは

割と簡単に売れるんだけど、

 

「これって贅沢品だよな〜

別にそんないらないよな〜」

って思っちゃってるものの場合、

 

自分ではちゃんと営業しているつもりでも、

売れ行きが悪い。

 

これって無意識のうちに

自分の商品に自信があるかないかが

相手に伝わってしまっているんだよね。

 

男性だと

自分の感情抜きに

上手に営業できる人も多いんだけど、

 

自分でビジネスをする女性の場合は

お金稼ぎと割り切るより、

まずは自分が好きな世界観を知ることが大事。

 

 

めろも自分のインスタ見て

かわいーって思うし

 

本当はもっとジャンル絞ったが

フォロワー増えるのはわかっていながらも、

自分のときめきは捨てられない🥺

 

 

ブログ書く時も

このYOKOちゃん作成の

HPのデザインが可愛すぎて、

書くモチベーションになる。

超絶うぬぼれ女子です。

 

でもまずは自分のサービス、自分自身を

最高って思える

うぬぼれマインドは重要だよ♡

 

 

じゃあ自分の好きな世界観がわからないって人に、

具体的にイメージしやすくなる方法を

お伝えします➡︎

 

 

公式LINE再始動♡

友だち追加

 

Instagram

Instagram