はーい、めろだよん

 

 

コンテンツやサービス、商品を

安売りしている人がいたら

今すぐストップ!!

 

 

ということで、

昨日は高値で売るために

何が大切か記事にしました。

▶︎むやみに安売りするのは今すぐストップ!高値で売れるコンテンツの作り方♡

 

ここで言う高値とは

決してぼったくりとか、

利益だけの追求ではなく、

安売りせず

一般的な価格+α(自分の付加価値)で販売する

って意味だよん♡

 

 

 

今日は

①基礎編

 

基本なんだけど、

めちゃくちゃ重要なポイント!

ここが押さえられていないと

もったいないので改めておさらい❤︎

 

 

例えば今回のハンドメイド作品の場合、

 

出来上がった作品を

パッと写真で撮って

メルカリやミンネで

売ることもできる。

 

 

でもその場合

そんなに高値は期待できないの。

 

似たような商品を

破格で出している人もいる。

 

 

本当はすごく良いものだったとしても、

消費者側は

少しでも安く、お得に買いたいという

心理が働くから

このまま高値で売るのはむずかしい。

 

 

じゃあ

少しでも高く売るためには・・・

 

・No素人感=プロっぽさ

・ブランディング

 

 

"ちょっと高くてもこれを買いたい!"

"ここのブランドだから買いたい!"

という気持ちにさせることが必要。

 

 

 

まずは誰でも今すぐにできる

印象アップの基本♪

 

写真のクオリティを上げること

 

物撮りは特に重要。

 

メルカリ出品の達人なども言っているけど

同じ商品でも写真の撮り方で売れ方がかわる。

 

 

だってさ、

これと

 

 

▶︎テーブルの上で光加工せずに撮影

目視で見るよりショボイ

 

 

 

▶︎大理石シート小物+光加工して撮影

※明るさ修正のみ、大幅なフィルター加工なし

 

 

もうこれだけで全然見え方違うよね?

 

買いたいのどっち??

 

 

このほんの一手間。

上のままだとどうしても素人感が出ちゃう。

 

 

 

 

 

自撮り・他撮りももちろん同じだよ。

 

 

文字や文章も大事だけど、

写真ってパッと目に入ってくるから

そこから受ける印象って後々残るし、

 

女性は特に

イメージ(図や写真)から情報をキャッチしやすい

と言われているから、

 

女性向けにビジネスをするなら

写真は特にこだわること❤︎

 

 
写真から、
お客様自身そのアクセサリーを
つけているところを
想起させることが大事だから。
 
そのアクセサリーをつけて
デートしたり、パーティーに行ったり、
その姿までイメージさせることができたら
購買に繋がるよ👠
 

アクセサリーなら

実際に装着した写真を撮るのも

よりイメージさせやすい✨

 
 

 

別に一眼レフとかじゃなくても

iphoneのカメラで十分。

 

特に明るさ(ライティング)は重要だよ。

 

 

長くなったので

次回こそブランディング(=世界観作り)に

大切なことを。➡︎