はーい、めろだよん♪

 

 

最近は

純度100%めろ

をモットーに生きてる。

 


 

どういうことかと言うと、

自分の心にウソをつかず、

素直に日々過ごしているよ。

 

 


でも1ヵ月半前のめろは

 

実は

自分の心にふたをして過ごしていたの。

 


 

1年くらい前から

自分らしく生きることを決めて、

ガマンすることを手放しためろに、

 

こういうガマンを強いられるシチュエーションが

与えられるということが、

ちょっとおもしろかった。

 

自分を俯瞰して客観視できていたから、

その渦に飲み込まれず、

むしろその期間を楽しんでいたかもw

(だからすぐ離れず、2か月続けたから)

 



 とは言え、

5月、6月の2か月間

自分の身を置いていた環境は

めろにとってちょっと辛かった。

 

自分の心にふたをして過ごさないと、

毎回感情に揺さぶられていたら

自分が苦しくて。

 

いい意味で割り切るというか、

あまり心の揺れを感じないように、

心を無にしていたの。

=我慢していた

 


そうすることで、

余計な負の感情を

感じなくて済むからね。

 

バリアを張って、自分を守る術。

大事なこと。

 

昔携帯ショップの窓口で働いていた時

毎日来るクレーマーに当たったときは

同様に心を無にしていたな。

 

 

でもね、これ、リスクもあって、

自分のことがわからなくなるの

 

 

“本当の自分”

“本来の自分”

でいることとは正反対の行為。

 


だって、心にふたをするってことは、

 

辛い、嫌だ、怖い、キライ、

罪悪感、無価値感、自己嫌悪、

 

そういうマイナスの感情を

感じにくくする反面、

 

 

嬉しい、楽しい、好き、ワクワク、

満足感、幸福感、自己肯定感

 

こういったプラスの感情も

感じにくくなるってこと。

 

 

だから、めろは7月になって、

解放されたのに、

 

2か月間、

心を無にしていたことが定着していたから、

自分の心がわからなくなってしまっていた。

 

前みたいな

は~幸せ~♡という

満たされた気持ちにならなくなったし、

なにがしたいのか、わからなかった。

 

そういう自分に気付いた時に

危機を感じたの!

 

やばいぞ!って。

 

この後、自分を取り戻す

あることを始めるんだけど、

 

 

長くなったので続きは明日。